メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2015年2月5日(木曜日)

ショートをさせなくても配線が焼けます

カテゴリー:  | 08時19分12秒

私が以前使用していた軽ワンボックスでのお話。

この車のエンジンルームには4つのアースポイントがあり、各々の場所には設置されている理由があります。




この車のバッテリーは車体の後方に設置されていて、ここが車体のアースの元となっているのです。

メインのアース線は8sqと非常に細い線ですが、軽自動車ではよく見る径のアース線です。

しかし、バッテリーが収納されているバッテリーケースは車体の後方にあると共に、ラゲッジルームの床下に収納されています。

走行中に巻き上げた水や泥などがケースにかかり、錆びやすくなっている。

錆でアースの元が電装品へ通電されなくなることがあります。


リアアクスル付近にあるテールランプ等の為のアースポイント。

1.25sqの配線。




エンジンルーム内ヒューズボックス横にあるヘッドライト等の為のアースポイント。

1.25sqと2sqの複合配線。




エンジンの各種センサーや電装品、セルモーターを稼動させる為のアースポイント。
3.5sqの配線。

以前使用していた車は、この部分の固定ボルトがエンジンの振動で緩んでしまい、エンジンの電装品を稼動させるアースポイントが欠如してしまった。

size=3>エンジンを掛ける時のセルモーターのアースポイントが、リアアクスル付近及びヒューズボックス横の1.25sqの細い線に集中してしまった。

セルモーターを使うには非常に多くの電流を必要とするが、その線が耐えられる電流値よりも多くの電気が流れてしまった為に、細い線が集中したアースポイントに大量の電気が流れてしまい、アースポイントを焼け焦がしてしまい、周辺の配線にまで影響を与えてしまった。

結果的にエンジンルーム内の配線が長い距離に渡って被覆が溶けてしまい、エンジンルーム内全ての配線を交換しなければならない状態になってしまいました。

以上から、アースポイントの固定不良やボディーの錆は重大な故障、若しくは車両火災になる可能性があります。

そうならない為の対策として、ライトの光量アップやエンジン性能アップに 『アーシング』 をすると良いという話があります。

錆が多くなった車体や古い車の電装部品を有効に使うことや、配線保護の手段となると言えるでしょう。

 

 藤村


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.025 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔