メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2015年2月25日(水曜日)

ブレーキフルードの交換時期

カテゴリー:  | 12時31分47秒

ブレーキフルード

簡単に言うと、番数が上がるとフルードの沸点が上がる。

なぜ、フルードに熱が加わってしまうのか?

ディスクローターやブレーキキャリパー、内部のピストンからの熱がフルードに伝わる。

フルードが沸点に達すると気泡が発生してブレーキが利かなくなる(ベーパーロック)

一般的なブレーキフルードの種類

DOT4 中型車等の車重が多い車に用いられている。

DOT3 小型車や一部の中型車の車重が少ない車に用いられている。

番数が上がる程フルードの沸点を上げる成分が多く含まれている。
その成分は水分を吸収しやすくする為、長期間の使用でフルードが水分が吸収してしまい、水分の含んだフルードの沸点は下がってしまう。
その為、番数の高いフルードの交換時期は短くなってしまう。

※ 写真は未使用のブレーキフルード


下の写真は、新車購入時から3年経過、走行距離は4万8千キロ使用したDOT3のブレーキフルード。

ブレーキリザーブタンク内のフルードは黄褐色だった。

このフルードが黒色になっている原因は主にキャリパー内部とブレーキホース内部からの汚れからだ。

このことから、リザーブタンク内のフルードがきれいでいても、ブレーキホース内にあるフルードの汚れが激しいことがあるのだ。

ブレーキフルードの交換時期


DOT4 2年に一度(車検毎の交換)
DOT3 2〜3年に一度(これも車検毎の交換)

※ 使用条件、環境により異なります。

 

 藤村


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.031 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔