メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2015年7月17日(金曜日)

BMW 325(E30) ウォーターポンプ交換

カテゴリー:  | 08時36分13秒

 

この車輛のウォーターポンプ交換は一度タイミングベルトを
外さなくてはならないため、タイミングベルト交換と同時に行いました。

 

タイミングベルト交換ブログはこちらから

 

タイベルを外した後、ウォーターポンプを外します。

 

新品のポンプには、プーリー、ファンカップリングが付いていないため
それらの移植が必要になるのですがカップリングを外すのに
特殊な工具が必要なため写真の用なものを作り、外すことが出来ました。

 

ウォーターポンプを外した後の、シリンダーブロック側に残っているパッキンや
汚れを綺麗に取り除き新品パーツを取り付けます。

 

今回、交換したウォーターポンプは、水漏れやベアリングの損傷は無かったのですが
取り外してみると、ポンプ部分の羽が錆や汚れが多く付着していました。
この様な状態になってしまうと、十分にクーラントを流しにくくなり
オーバーヒートになってしまうことがあります。

 

本来ならウォーターポンプは先に書いた水漏れやベアリング損傷による
ガタつきがなければ交換はしないのですが
今回のように外部から確認が出来ない羽の部分に問題があった場合
そのまま使用してしまうかもしれません。

一般的に、クーラントの使用年数が長いと汚れてきたり
成分の変化(防錆成分の劣化、凍結温度の低下など)になってきます。

冷却水系統内部は確認しずらいので、定期的な交換をお薦めします。

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.022 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔