メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年1月14日(木曜日)

タイロッドエンドとラックエンド

走行中にコトコトと音がしたりハンドルにカタカタと振動が感じられた場合には

タイロッドエンドがラックエンドに問題があるケースが多いです。

タイロッドエンドとラックエンドはステアリングギアボックスの左右に取り付けられており

兄弟のようなパーツです。 双方のパーツにはボールジョイントという部分があり

この部分にガタが発生し異音や振動の原因になっています。

ボールジョイント部分はグリースにより潤滑されていますが、ゴムブッシュと違い

タイヤからの振動やステアリング操作による力をもろに受けるため、摩耗により

徐々にガタ付きが発生します。

ハンドルをいっぱいまで切り込んだ状態で段差を越えたり、停車状態で

ハンドルを切ることを普段から繰り返していると劣化は加速します。

この部分のガタを直さずにそのままにしていると、不快な異音や車内・ハンドルへの

振動が発生。 ハンドルの遊びが大きくなり走行時のアライメント変化量も

増えてフラつきやタイヤの偏摩耗等色々と不具合が起きます。

ハンドルを切った時に、コクン・カクンといった感覚を感じた場合には早めに点検しましょう。
 




コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.041 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔