メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年2月6日(土曜日)

ゴルフ2のセルモーター引きずり

カテゴリー:  | 17時21分51秒

ゴルフ2のセルモーターの引きずりが発生している状態。

エンジン始動時に、鍵から手を離しエンジンが始動しているにもかかわらず

セルモーターが回り続けてしまう現象。


原因はおそらくキーシリンダーかセルモーター本体

サーキットテスターで点検すると、キーシリンダーの電源はしっかりと遮断されるので

セルモーターが原因と断定。 セルモーターを交換します。

ゴルフ2はドライブシャフトの真上にセルモーターが取り付けられているため

ドライブシャフトのインナー側を取り外す必要があります。

セルモーター交換後は引きずりも無くなり快調です。

取り外したセルモーターを単体テストすると、ピニオンシャフトの戻りが悪い。

シャフトの飛び出しはしっかりとしているが、何度テストしてもシャフトの戻りがもたつく。

分解してみます。 マグネットスイッチ部のピストンに固着した油汚れが付着しており

キズも入っています。 清掃すると動きがスムーズになったが、まだ少し重たい感じがします。

マグネットスイッチを取り外し、手動でピニオンシャフトを動作させるとこちらも重たい。

ケースを分解すると内部にはカーボンや固着オイル汚れが大量に付着。

清掃とピニオンシャフトの可動部分に注油し組み込みますが、シャフトとケースブッシュ部分に

キズが入っているので動きが渋いです。

簡易オーバーホールを完了し動作テストすると、見た目はかなりスムーズにピニオンが

戻るようになりましたが、あまり長持ちしないと思われます。




コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.035 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔