カレンダー
2022年 6月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


最近の投稿
営業日カレンダー
2022/06
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2022/07
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

2012年12月27日(木曜日)

ラクティスのテストを行いました

カテゴリー:  | 18時18分32秒

トヨタ ラクティスのテストです

4速ATの4WD

U340Fという型のミッションです

この型のミッションですが、プロボックスやBb、イスト、カローラなどにも使われています。

 

実際のテストでは、ミッションが冷えている状態から温まった状態までのテストも

行うのですが、ATFが冷えた状態だと変速にも違いが出てきます。

 

これは冷えた状態です。 ロックアップに入っているのが一目瞭然ですね。

 

これは、かなり温まった状態のグラフです。 冷えているときと変わらない?

似たような変速具合ですね。 ただし、シフトレバーを手動で動かして4速まで変速させています。

手動で変速させると、冷えているときのような変速になってしまうのですね。

では、Dレンジでの変速ではどうなのか?

水色のグラフを見ると分かりやすいのですが

2速から3速への変速が早めに行われ、3速で少し引っ張り4速へ変速する部分までは

冷えている状態と似ていますね。

しかし、温まっていると4速へ変速すると同時にロックアップに入るという現象が起きました。

(赤丸部分なのですが、非常に分かりにくい!)

 

エンジンが冷えていると、4速に入っているのにエンジン回転がいつもより高いな~

と感じたことはありませんか?

ロックアップになかなか入らないので、エンジン回転が高めなのです。

今回のテストと同じ状況で、正常と言えます。

冷えたカレーをグルグルかき回すのと、温まったカレーをかき回すのとでは

大分違いますよね。   そんな状態がミッション内部でも起きているのです。

ですので、冷えているときにはやさしく運転してあげて下さい。

ミッションも長持ちしますよ。

 

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

28 queries. 0.005 sec.

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔