最新のエントリ
カテゴリ一覧
ブログ カレンダー
« « 2024 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 1 2
メニュー
HOME 輸入車パーツ販売整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要/経営理念 プライバシーポリシー アクセス お問い合せ  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

MEYLEブログ - OEM 社外品と純正品の品質の違い

OEM 社外品と純正品の品質の違い

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shimizu 2011/10/15 12:04

 社外品 OEM品は品質が純正品より劣るということを言われる方が多いです。

先日、カー雑誌を見ていてもその様に書かれているのを見かけますし、整備技術者のコメントなどでも社外品 OEM は純正よりも耐久性が悪い・・と言われたりしています。

果たして本当にそうなんでしょうか?

私が知る限り、アメリカでもドイツでも、整備業者が使用する部品は主体として社外品OEM品で、それが無い場合に純正品を使うのが定番です。

 アメリカやドイツの部品センターに問い合わせても、社外品を優先的に回答をくれるのが常識化しているくらいです。

 尚且つ、ドイツやアメリカでは、日本に比べるとメルセデス ベンツやBMWやアウディ、フォルクスワーゲン、ボルボなどの純正部品の価格は圧倒的に安いですから、社外品OEMと比較しても日本ほど大きな差は無いのです。

 それなのに何故使う????

 良質な社外品OEMを知っているからだと思います。

 アメリカやドイツの大手部品センターは、良質な部品しか扱いませんし仕入れません。

世界中に沢山の社外部品製造メーカーがありますが、値段の安さだけで仕入れるようなことは無く、品質を吟味して仕入れています。

 ですから部品製造メーカーも、大手部品センターに扱ってもらえるには「良品質」がもっとも大切でその次が「価格」であると知っているので、品質が純正に近いとか、純正を超えるものを開発するとか、大手製造メーカーはその取り組みをシッカリしています。

当社がメインで扱っているMEYLE(マイレ)もそうです。

品質には厳しく、トラブルがあると、回収して原因を追究して対策を行います。

その間、販売ストップになることも勿論です。

また マイレでは HD品(ヘビーデューティーバージョン)の高品質 高耐久商品をオリジナルで作り上げ、純正品を越える部品を数多く作っています。

 そんなこんなが 世界中の話で、最初に書いた 社外品OEM品の悪評は日本の話・・・

 日本のように海外と比べ圧倒的に走行距離も少なく、車暦も短い国が悪評を言うのが不思議でなりません。

 日本で悪評が多いのが何故なのか? ハッキリした原因が分かりませんが、海外の自動車先進国との評価の違いは大きいです。 

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔