メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

部品辞典

クルマを「長く、安く、安全、快適」に乗り続けるために!

クルマの構造に詳しくない方や整備は工場に全てお任せしている方が、「賢く、長く、安く、安全、快適」な車の維持を実現していただくための情報です


エアコンコンプレッサー

カテゴリ > 電装機能部品

エアコンコンプレッサー エアコンのガスを圧縮させる装置

ウィンドウレギュレーター

カテゴリ > 電装機能部品

ウィンドウレギュレーター ドアガラスを開閉させる装置

ワイパーブレード

カテゴリ > 電装機能部品

ワイパーブレード 雨、雪、汚れをふき取るブレード

オイルシール

カテゴリ > エンジン・動力

オイルシール エンジンオイルがエンジン外部に漏れださないようにするためのシール オイルシールのついている場所によっては、他の定期交換部品を交換しておくことで、不必要な工賃が発生させない。例えばクランクシールを交換する場合はタイミングベルト関係の交換を同時に行うなどである。 オイル漏れを放置しておくと、オイルの量の減少でエンジンの焼き付きに繋がったり、漏れ出したオイルが、ファンベルト、タイミングベルト、オルタネーターなどに掛かるとその部品に異常がきたすことがあり得る。 シール交換だけではなく、オイルの付着によ…

ストラットマウント

カテゴリ > サスペンション

ストラットマウント ショックアブソーバーを車体側に取り付けるための部品で、ハンドリングで回転する機能などがある ショックアブソーバーに接続されているアームやリンクやステアリングエンドなどのボールジョイント部などに衝撃が伝わり、各部品の劣化を早める

エンジンマウント

カテゴリ > エンジン・動力

エンジンマウント エンジンから発生する振動を受け、車体に反響させない役割と、エンジンの回転が上がったり下がったりする時に発生するエンジンの振動を固定ではなく揺れを受ける役割で滑らかなエンジンの吹け上がりが望める。 オイル注入タイプはオイルの漏れにより、ゴム式の場合はゴム部分の劣化やヒビ、などでマウントの高さが新品に比べ低くなっていたり、振動を制御する機能が無くなった状態 マウントの機能が悪くなった状態で走行していると、エンジンの回転の変化が滑らかでなくなり、燃費の悪化につながる。 またマウントが上下で離れて…

タイロットエンド

カテゴリ > ステアリング

タイロットエンド 左右に曲がるための動きをタイヤが付くナックルアームに伝える機能 インナーシャフト、ギヤボックス本体まで故障すると、部品代だけで10万円を超える修理となってしまう。

リブベルト

カテゴリ > エンジン・動力

リブベルト エンジンの回転を利用して、オルタネーター、A/Cコンプレッサー、ウォーターポンプ、P/Sポンプなどを駆動させるベルト ベルトがやせ細ることで、付加抵抗が大きいときに滑ることが発生し、駆動される部品機能しなくなる。 また切れてしまった場合は、ステアリングが重くなり、ウォーターポンプを駆動している場合はオーバーヒートの原因ともなるため、直ぐにエンジンを止める必要がある。

ショックアブソーバー

カテゴリ > サスペンション

ショックアブソーバー 路面の凹凸などによる衝撃を和らげ、上下の揺れを抑える機能 ショックアブソーバーに接続されているアームやリンクやステアリングエンドなどのボールジョイント部などに衝撃が伝わり、各部品の劣化を早める

Vベルト

カテゴリ > エンジン・動力

Vベルト エンジンの回転を利用して、オルタネーター、A/Cコンプレッサー、ウォーターポンプ、P/Sポンプなどを駆動させるベルト ベルトがやせ細ることで、付加抵抗が大きいときに滑ることが発生し、駆動される部品機能しなくなる。 また切れてしまった場合は、ステアリングが重くなり、ウォーターポンプを駆動している場合はオーバーヒートの原因ともなるため、直ぐにエンジンを止める必要がある。

サスペンションスプリング

カテゴリ > サスペンション

サスペンションスプリング 路面のくぼみなどに入った時にタイヤの接地面をくぼみに合わせて反発で動かし、車体への衝撃を減らす役割 強い反発力がある部品で、取付時には圧力をかけて縮めて取り付けるため、部品とクルマの構造にあったスプリングコンプレッサーを利用して交換する。

ブレーキパッド

カテゴリ > ブレーキ

ブレーキパッド 走行を止めるためにブレーキローターを挟む機能

アームボールジョイント

カテゴリ > サスペンション

アームボールジョイント ナックルアームの動きを点で抑える役割 劣化しガタが出始めると急速にガタが大きくなり、振動が激しくなり、他の部品との連結部分の劣化を早める。 マウント、ブッシュ、タイロッドエンド、など。 更に劣化が進むとボールジョイントが抜けて事故の危険性が出る。

プロペラシャフトサポートベアリング

カテゴリ > ミッション・駆動

プロペラシャフトサポートベアリング 2分割式のプロペラシャフトの中間で車体側に固定し、尚且つ回転振動を抑える機能

シリンダーヘッドシール

カテゴリ > エンジン・動力

シリンダーヘッドシール エンジンオイルを漏れないようにするガスケット オイルが漏れてくると、流れ出た部分の電気部品、電子部品、ゴムやプラスチック部品を劣化させてしまう。

クーラント

カテゴリ > エンジン・動力

クーラント エンジンを冷却するための液で、温度がマイナスになっても凍らない性質を持っている。 エンジン内部が錆びない様に、また循環する時に膨張したり泡立ったりしないような成分が含まれている。 クーラントの初期異常は発見しずらい。 クーラントが劣化してくると、エンジン内部や循環するあらゆる部分にクーラントの固型した物質やエンジン内部から出た金属物質などが固まりはじめ、冷却機能が悪化する。

ハブベアリング

カテゴリ > ミッション・駆動

ハブベアリング タイヤの回転を滑らかにする機能

CVブーツ

カテゴリ > ミッション・駆動

CVブーツ ドライブシャフトのジョイント部に塗ってあるグリスが飛び散らない様に、ジョイント部の潤滑を保護するためのブーツ もとのグリスをしっかり落し、新しいグリスを注入する。ブーツバンドの締め付けもしっかり確認しなければハンドルを切った時に抜けてしまう恐れがある。ブーツが切れていた場合は、ジョイントの摩耗をしっかり確認し、ジョイントに問題が無ければジョイント部をしっかり洗浄してからグリスを注入しブーツをつける。ジョイント部に摩耗がある場合は、ジョイントだけが部品として出ている場合はジョイントも交換する。ジョ…

フレックスディスク

カテゴリ > ミッション・駆動

フレックスディスク ミッションからの駆動のショックを和らげる機能

スタビライザーマウントブッシュ

カテゴリ > サスペンション

スタビライザーマウントブッシュ スタビライザーに伝わる左右の動きを車体ではなく、左右にしっかり伝えるために車体に固定するブッシュ メンテナンス方法は無いが、安価な部品で交換も比較的簡単な部品なので、早めに交換することが良い

[PR]

copyright(c)2006 株式会社北翔