メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2019年3月25日(月曜日)

タイヤの空気圧

カテゴリー:  | 17時21分18秒

寒さ厳しき冬も終わりを迎えます。
北海道は夏タイヤへ交換する時期が近づいてきました。

夏タイヤの空気圧が冬季期間で減っている可能性があります。
夏タイヤへ履き替えるタイミングで必ず空気圧のチェックをしましょう。
そして月1ペースで空気圧チェックが望ましいです。

タイヤの空気圧はどれくらいが適正なのでしょうか?
適性を維持することによって、タイヤの性能を発揮できます。
タイヤの負担できる荷重は空気圧で決まります。

適性の空気圧が載っているシールが貼ってあります。貼ってある車がほとんどです。
車種によってシールが貼ってある場所は異なりますが、
運転席側のドア付近や給油口のふたに貼ってある車種もあります。
シールが見当たらなかったときは、車種の取扱説明書に記載されています。

純正サイズのタイヤでの空気圧が表示してあります。ホイールのインチアップや扁平タイヤだと
記載されていません。その場合は個人で調べていただく必要があります。
このように、前輪と後輪で空気圧が違う場合もあります。
空気圧は走行距離や気温などで変化しますので、定期的な点検をお勧めします。

空気圧が減っていると何が起こるのか、
・タイヤのたわみが大きくなり転がり抵抗が増え、燃費が悪くなります。
タイヤと地面の接地面が増えて、摩擦が増えます。
・偏摩耗(片べり摩耗、両肩べり摩耗、センター摩耗)になりやすく、タイヤの消耗が早くなる。
・乗り心地が悪くなる

などの症状が現れます。

タイヤ交換した後には必ず空気圧をチェック、また定期的に点検しましょう。


ロアアームブッシュのヘタリ(弾力が弱まる現象)

カテゴリー:  | 10時51分35秒


自動車の足回り部品で車体とタイヤを繋いでいるロアアーム。

そのロアアームを車体側で固定している部品を

「ブッシュ」と言うゴム製品で作られてます。


下の写真はロアアームから取り外したブッシュと新品のブッシュです。

走行距離が多くなってくると、ゴムに亀裂や変形の損傷

又はゴムがヘタリ(弾力が弱まる現象)により柔らかくなり減ってくるとガタが発生し

走行時に異音や走行不安定、タイヤの段べりなどの不具合等が

出てくるかもしれません。



走行中に異音や走行が不安定さを感じた場合、

早めに点検、交換する事をオススメします。

高橋


2019年3月15日(金曜日)

外気導入?内気循環?使い分け??

カテゴリー:  | 21時48分21秒

車輌のA/Cスイッチパネルには内外気切り替えスイッチが存在します。

近頃の車輌はオートエアコンが多く、普段から内外気の切り替えなどは意識して
いない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな空調に関するネタです。

内気循環、外気導入

内気循環:
車の内部で空調の空気を循環させる状態。
外気を取り入れる口を塞ぐという方法ですが、完全に密閉できるわけではありません。

外気導入:
その名の通り、外気が車内に入ってくる状態を言います。


ちなみに車輌のA/Cスイッチパネルにはこのようなマークで示されています。

車の内部を回るような矢印のマークが内気循環。
車の外部から内部へ矢印が描かれているマークが外気導入です。

使い分けは?

車輌のマニュアルなどを確認すると、通常は
「外気導入」
を使用することが推奨されています。

では「内気循環」はいつ使用するのか?

まずは外気導入の利点を挙げてみると
・窓の曇りが取れやすい
・換気ができる
・酸素濃度が下がらない

続いて内気循環のメリットを考えてみましょう。
・冷暖房が早く効く
・排気ガスや花粉、車外の汚れやニオイが車内に入りにくくなる
・エアコンの効きがよくなり、コンプレッサーの負荷が減るため若干の燃費の向上

ということで、暑い夏、寒い冬の車内の温度のコントロールを容易にする為に
「内気循環」を利用するのが主になると思います。
またトンネル内を走行する際に排気ガスの侵入を防ぐ為や花粉などをシャットアウトする際にも有効です。

内気循環と外気導入、どちらが良いとは一概には言えませんが、
窓が曇りづらくなる、長時間内気循環にすると車内の空気が汚れ、酸素も不足し眠気を誘発する
という点から自動車メーカーは、外気導入を推奨しています。
ただし、双方ともそれぞれに利用するシチュエーションがあるので、それに合わせてこまめに切り替えるのがベターではないでしょうか?

気持ちよく、安全に運転する為に車内の空気環境を適切に整えるというのは大切なことだと思います。今回触れた内気循環、外気導入の役割を理解して上手に使い分けをしていきたいですね。

大西


2019年3月2日(土曜日)

廃車の準備はお早めに!

カテゴリー:  | 18時07分46秒

北海道もやっと暖かい日が続くようになり、もうすぐ春ですね!
この時期にやってくるのが自動車税の期限!

自動車税は毎年4月1日の段階で所有しているお車に課税されるものです。
ですので3月と言えばお車の買い替え・廃車ラッシュに入ります!

普通車の場合はまあ4月に入っても経過した月数分だけ次年度の自動車税を納めるだけで済みますが
軽自動車税の場合は過ぎてしまうと最悪です!
軽自動車税には月割納付というものがありませんので1年分丸ごと納付しなければなりません。

ここで気を付けて頂きたいのが車検証の名義人!

車検証には所有者・使用者の欄がありますが廃車には所有者の書類が必要です!
よくあるパターンが現金で購入してるから自分に決まってる!という思い込みです。
ディーラーなどで購入した場合はほぼそのディーラーの名義になっていることが多いです。

なぜなら、廃車には書類が必要なので確実にユーザーから連絡が来るわけで・・・。
自社からの車購入を勧めるチャンスだからです!

ですので、確実に車検証に目を通し確認する必要があります。
もし所有権が他に付いていた場合、所有権解除書類を発行してもらう必要があるからです。
この書類を頼んでから手元に届くまで1週間ほどかかるパターンが多いようです!

ですので今月の廃車を考えている方は、すぐにでも確認をお願い致します。
また何度もお伝え致しますが、今月は買い替え・廃車が普段の何倍にもなる月です!

月末くらいになるともう予定がいっぱいでどこの業者もお断りするかもしれません!
もし廃車が決まっているなら早めにご依頼ください!
 


2019年2月28日(木曜日)

ボールジョイントのトラブル

カテゴリー:  | 16時23分22秒

車のサスペンションやステアリング系に使われている、ボールジョイントは
人間で例えると、関節部分になります。

この部分のトラブル故障として、主にボール部のガタつき(グラつき)です。
ボール部分はあらゆる方向に動き、又大きな衝撃も受ける場所なので
走行距離が増えてくると、内部が減ってきます。

内部には、摩耗を防ぐのにグリスが注入されており、耐久性を保とうとしますが
走行してるうちに、グリスが出てしまったりボールジョイント部分のゴムでできた
ブーツ(キャップ)の劣化により破れたりすると、水が浸入し錆てしまいます。

内部が錆ることによって、摩耗はもちろん、時には異音の発生の原因にもなります。
つい先日も、ハンドルを切ると「ギーギー」と異音がする車両を修理しました。
ブーツを外してみると、錆びて茶色くなっていました。

本来ならば、交換しかない故障修理。車種によりボールジョイント部分のみ
交換できたり、ロアアーム一体式であったりと様々です。
 

今回、異音の出る車両はロアアーム一体式でした。交換することにより
ハンドル操作をしても静かになりました。

ボールジョイント部分は予防とする整備は無いのですが、行うとすれば
ブーツを一度外し潤滑剤やグリスを封入してみることで異音がしなくなる"かも"です。
当然、ガタのあるものは、交換しかありません。
 


2019年2月14日(木曜日)

マフラーの騒音

カテゴリー:  | 18時28分37秒

車を運転していると、突然マフラーから大きな音が出ることがあるかもしれません。

運転していても気づくほどマフラーから大きい音が鳴る場合、マフラーが損傷していることが考えられます。

原因としては錆による腐食や取り付けの不具合、走行中突起物にぶつけたことによる穴あきなどがあります。

マフラーの音が大きくても走行することは可能ですが、そのまま放置しておくと様々なリスクがあります。

整備不良による道路交通法違反になる可能性や、騒音によるご近所トラブルに繋がる恐れがあります。

マフラーに穴が開くと排気効率が落ち、本来の性能を発揮できない場合もありますのでマフラー音の異常は放置せずにできるだけ早く修理することが大切です。

今西
 


2019年1月25日(金曜日)

バッテリー交換

カテゴリー:  | 20時20分08秒

除雪が嫌で天気予報とにらめっこの毎日。すっかり冬本番ですね。

冬は車輌のバッテリーが上がりやすくなると言われています。
これはバッテリーが気温が低くなるほど性能も低下するという特性を持っている為です。
また、ロードサービスのJAFの年間出動理由のトップは
「バッテリートラブル」によるものだそうです。

私も本格的に寒くなる少し前に
愛車のバッテリー交換を行ったので、
その際の作業を振り返ってみようと思います。
*作業は全て自己責任となりますのであらかじめご理解ください。

まず、注意点
バッテリー交換時、そのままバッテリーを外すと時計やオーディオ、ナビ、
セキュリティ装置の電源供給が絶たれ、設定内容がリセットされる場合があります。
また、車載コンピュータ(ECU等)によって学習情報が蓄積されている場合もあり、
車輌によってはそれらもリセットされる可能性があります。
これらのリセットを防ぐ為、一時的に情報を保護する
「メモリーバックアップ」というアイテムがあります。
私は全て再設定をするつもりでいた為、今回は使用していませんが、
ご自身の車輌のバッテリー交換を実施する際は事前に取扱説明書や
正規ディーラーなどに確認することをおすすめします。

自分でバッテリー交換する方法
手順 С阿垢里魯泪ぅ淵甲嫉劼ら

まずバッテリー端子からケーブルを取り外します。
最初は「マイナス端子」です。
多くの場合、六角ナットで固定されているので、ナットを緩め外します。

つづいて「プラス端子」です。
「マイナス端子」と同じ要領で外します。

手順◆Д丱奪謄蝓爾鮗茲螻阿

バッテリーの中央がステーにて固定されているので、
六角ナットを緩め、ステーを取り外し、
古いバッテリーを取り外します。

手順:新しいバッテリーに載せ替える
新しいバッテリーの端子の向きに注意し、載せ替えます。

私は先に固定ステーも取り付けました。

手順ぁ端子の接続
ケーブルを新しいバッテリーの端子に接続します。
今度は先に「プラス端子」から行います。
取り外し時と逆の手順で端子に取り付け、六角ナットを締めて固定します。
次に「マイナス端子」も同じ要領で取り付けます。

最後にバッテリーの端子にケーブルがしっかり固定されているか、
バッテリー自体も固定されているか確認し、
交換作業は終了となります。

端子の取り外しと取り付け順序を間違えないよう気を付ければ
決して難しい作業ではありません。
機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

大西

 


2019年1月19日(土曜日)

リビルト 新規商品のお知らせ

カテゴリー:  | 18時20分50秒

  
☆アウディ フロント ドライブシャフト 左右共通☆

A4/8EALT
オリジナルリビルト品 8E0407271AG
適合車種(参考程度の情報です)
アウディ

A4 8E
8EALT
>>8E-5-120254

対象純正品番
(8E0407271AG)
(8E0407451DX)

  
☆アウディ/VW リア コントロールアーム 左右 8本SET☆

A3/8P   TT/8J
イオス   ゴルフ5   ゴルフ6  ジェッタ3 パサート/3C   シロッコ
オリジナルリビルト品

対象純正品番
タイロッド
(1K0501529F)
(1K0501530C)

トレーリングアーム
(1K0505223K)
(1K0505224K)

トラックコントロールアームアッパー
(1K0505323N)

トラックコントロールアームロア
(1K0505311AB)

ご購入の際は適合確認をご依頼下さい。
高橋


2019年1月7日(月曜日)

タイヤのパンク

カテゴリー:  | 08時26分36秒

この時期に下の画像のようにタイヤの空気が抜けるのは大変だと思います。

タイヤの空気が抜けたままですと熱でタイヤとホイールが変形する可能性が高いです。
下の画像のように右側の真ん中から下にかけて変形しているのが見受けられます。
下の画像は上の画像のタイヤを外しました。

タイヤのパンクや空気抜けはいつでもありえるとおもいます。
タイヤの一般的な寿命は5年前後かと思います。がしかし定期的な点検、予防次第で変わってくるかと思います。

小山


2018年12月19日(水曜日)

エンジンに欠かせない部品です

カテゴリー:  | 18時45分08秒

自動車の動力源となるエンジンに必要な、エンジンオイルは回転部分や擦れ合う部分を
潤滑させるために、人間の血液を循環させる心臓のように
「オイルポンプ」と言う大事な部品が付いています。

通常外見からはこの部品を目にすることはなく、エンジン内部に組み込まれています。
オイルポンプの種類には上の写真のようなクランクシャフトからチェーンで駆動するタイプと
クランクシャフトに同軸上に付くタイプ、ギアタイプ、その他いろいろあります。

どちらもオイルパンに溜まっているオイルを
ストレーナー(吸い込み口)→オイルポンプ→オイルフィルターを通り
各潤滑部に送ります。

オイルポンプの壊れる原因として、長期間エンジンオイルやオイルフィルターを交換せずに
乗り続けると、不純物(小さな金属粉)が精密に作られているオイルポンプを
摩耗させてしまい油圧の低下を招き、最悪エンジンの焼き付きをしてしまう
トラブルを引き起こす可能性があります。

ポンプトラブルの初期症状として、エンジンオイルは規定量入っているのに
アイドリング時や回転数が低い時にオイルランプが点灯する時は
油圧の低下が考えられますのでオイルポンプ交換をして下さい。

エンジンオイルとフィルターを定期的に交換さえすれば
すぐには壊れる部品ではないですが、過走行車は金属摩耗により
上記の症状があるかもしれません。


2018年12月11日(火曜日)

日常点検を忘れずに

カテゴリー:  | 08時52分37秒

日常的に点検するのは、大きく「エンジンルームの確認」「車のまわりをまわって点検」
「運転席に座って点検」の3か所に分けられます。

1.エンジンルームの確認

運転前のエンジンが冷えているうちに、ボンネットを開けて以下のところを点検します。

・ウィンドウォッシャー液の量の確認
・ブレーキオイルの量や色の確認
・バッテリー液の量の確認
・冷却水の量の確認
・エンジンオイルの量や色の確認

2.車のまわりをまわって点検

・タイヤの空気圧の確認
・タイヤに亀裂や裂傷および不自然な摩耗などないか確認
・タイヤの溝の深さの確認
・ランプ類の点灯や点滅、汚れや損傷の確認

3.運転席に座って点検

・エンジンのかかり具合と異音の確認
・アクセルペダルを踏んで、エンジンの加速や低速の確認
・ブレーキペダルの踏みしろの確認
・ブレーキペダルのききの確認
・パーキングブレーキレバーの確認
・ウィンドウォッシャー液の噴射状態の確認
・ワイパーの動きや拭き取りの確認

以上の点検項目を確認し、安全に運転しましょう!

今西


2018年11月23日(金曜日)

けん引フックの取付位置

カテゴリー:  | 23時46分27秒

雪がチラつきはじめ、とうとう冬が到来です。
北海道にお住まいの皆さまは
スタッドレスタイヤ、スノーブレードへの交換など車の冬支度は万全でしょうか?
しかし時折、大雪が降った場合などは先に挙げた冬支度をしていたとしても、
車輌がスタックしてしまうことなどもあることでしょう。

そこで、本題です。
車のフロントバンパーやリアバンパーに「丸」や「四角」のふたが付いているのを注視したことはありますか?
あたかも車のデザインや飾りにも見えなくもないこれ。

これはけん引フックを付ける場所で、カバーを外して使用します。

カバーを外した状態と車載のフックです。

けん引するときには、車のどこかにロープやワイヤーを引っ掛けることになりますが、正しい場所に引っ掛けないと変形や破損の可能性があります。
また、適切な場所でけん引しなければ、さらに車が傾いてしまったり、うまく引き上げられないということが発生する可能性があるので、車を引き上げやすいバンパーに、フックの取付位置が装備されているのです。


普段はあまり使用することがないけん引フックですが、万が一の時に備えてご自身のお車のどこに取付位置があるのか確認しておきましょう。
また、取り外しにはドライバーなどが必要な車輌もありますので、フタを取り外す際に傷がつかないよう十二分に注意し、作業を行いましょう。

大西


2018年11月17日(土曜日)

ヒーターバルブの故障原因

カテゴリー:  | 10時16分15秒

 

このパーツが動作不良になると室内の温度調節が上手く出来なくなります。

例えば、運転席側は温風なのに助手席側は冷風になってしまうなどです。

このような症状の時、エアコンスイッチパネル、配線などに問題が無ければ

ヒーターバルブが故障原因の一つに挙げられるでしょう。

とくに、冷却水の熱やクーラントの劣化が原因と思われる損傷が内部の

ゴムパーツに多く見られます。

この損傷具合によって、バルブの動きを鈍くさせたり、

 
 

画像の様に詰まらせたり、場合によってはゴムパッキンから冷却水が

漏れ出し、コイルがショートしてしまいます。

この様な症状になるとヒーターの温度調整が正常に出来なくなってしまいます。

冬本番を迎える前に一度、点検されてみてはいかがでしょうか?

高橋


2018年11月12日(月曜日)

雪に埋もれる前にご依頼ください!

カテゴリー:  | 17時56分54秒

とうとう北海道にもまた雪の季節がやってきます!
二十数年ぶりに初雪が遅いようですが、今週くらいには初雪が降るのではないでしょうか?

そこで家の前や月極駐車場などに車を置いたままにしている方はいませんか?
雪に埋もれてしまうと億劫になるばかりか廃車引取時の作業が長引いて寒い中
立ち合いなんてことも・・・。

車検残ってるけどもう乗らないかな〜でも切れるまで置いておこうかな〜と思っている方は
勿体ないですよ!
車検が1か月以上残っている場合は自動車重量税と自賠責保険、自動車税が戻ってきます!
全部を合わせると意外にいい金額になることも・・・
ただ放置しておいておくには勿体なさすぎますね!

また、車検が切れていても月極駐車場などは無駄な料金が発生しますし、家だと除雪の邪魔に
なったり家族の車が停められなくなったりとこの時期はほんと厄介物になったしまいます。

当店ではリサイクル料が預託されていれば、どんなお車も買取しております!
是非当店へご依頼ください!

お待ちしております!
 


2018年11月7日(水曜日)

ボルトや鉄を温めるインダクター

カテゴリー:  | 18時32分04秒

錆などや固く締め付けられ固着したボルトやナットを緩めるのには
衝撃を加えたり、熱を掛けて緩めることが多いでしょう。

ですが、熱を加えるのにバーナーなど、火炎を使いたくても使えない場所もあります。
燃料タンクの側だったり、熱を加える側にゴム製品があったりなど・・・

最初の写真はハブナックルにボールジョイントがねじ込みで取り付けられていて 
非常に硬くしまっていました。


そのまま、緩めようにも緩まずインダクターで熱を加えると緩めることが出来ました。

次の写真は、錆びによる固着で、そのまま緩めようとしたら確実に
ボルトが折れてしまうぐらいです。


しかし、すぐ上にはボールジョイントのブーツがあるためバーナーを使えず
様子を見ながらインダクターで熱を加えて
少しずつボルトを回して抜くことができました。


2018年11月5日(月曜日)

ブレーキランプの交換

カテゴリー:  | 08時23分54秒

会社の人からカプチーノのブレーキランプが片方切れてない?と助言が・・・
今年LEDのブレーキランプに変えたから違うだろうと思ってたら・・・


左側が切れていました。

テールランプ自体、ビス2本外して上にずらせばすぐ外れます。
上の画像は右側のテールランプを外して電球を交換した画像です。
当然左側も交換しました。


直りました。
ブレーキランプは意外と気付かなかったりします。

しかし、ブレーキランプの電球切れの場合は反則行為「整備不良 尾灯」にあたり、「整備不良 制動灯」は交通違反点数1点に加え、車種によって反則金が科されます。

交換自体は車種によっては簡単ですので自分で交換できると思います。

小山


2018年10月30日(火曜日)

SDGsセミナー開催のお知らせ

カテゴリー:  | 13時06分14秒

SDGsセミナー開催のお知らせです。

近頃「SDGs(エスディージーズ)」というワードを聞く機会が増えています。

ただ「SDGsとは何なのか」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本セミナーはそういった基本的なところから、実際わたしたちの暮らしにSGDsがどのように

関わっているのか、また、わたしたちには何ができるのかを考える機会にしたいと考えています。

今回も地域の皆さんとのよりよい学びの場とすべく、一般の皆様もご参加いただける形にしています。

受講料無料となっておりますので、お誘い合わせの上是非ご来場ください。

講師紹介
有坂 美紀 氏
RCE 北海道道央圏協議会 事務局長
Co.DESIGN 代表

日時
2018年11月20日(火) 18:30 〜 20:00

場所
江別市緑町西1丁目103
江別市勤労者研修センター1F 研修室1

参加無料

定員
30名
座席に限りがございますので、定員に達した場合はご了承下さい。

お問合せ先
担当:株式会社 北翔 車友会 大西
mail:ohnishi@s-hokusyo.com

 

※本セミナー終了後、講師及び受講者を交えての懇親会を予定しております。
 参加を希望される方はお手数ですが、本セミナーお申し込み時に
 参加希望の旨を添えてお申し込み下さい。

 日時
 2018年11月20日(火) 20:30〜

 会場
 江別市3条6丁目4-1
 bistro EDONA

 会費
 4,000円

 


冬タイヤについて

カテゴリー:  | 09時46分27秒

北海道はもう冬に近づいてきています。

もうすぐスタッドレスタイヤに交換する時期になります。
今まで使っているスタッドレスタイヤは今年も使うことができるか、
スタッドレスタイヤの状態を確認し、スタッドレスとしての性能があるか
見極めることが重要となります。

スタッドレスタイヤはプラットホームというものがあります。
冬タイヤとしての使用限度を示すサインです。

   
スタッドレスタイヤは、溝が新品時から50%以下になると冬タイヤとして使用できません。
氷上でのブレーキ性能の悪化、走行でスリップの可能性が高まります。

スリップサインだけを見ていても、プラットホームサインが出てしまっては
冬タイヤとしての性能がなくなっているというわけです。

 
溝が無くなっている(プラットホームが出ている)タイヤの使用はスリップ事故の原因となり、非常に危険ですので早めの交換をお勧めします。
冬季期間でもプラットホームの確認やタイヤ空気圧の確認は定期的に行うようにしましょう。

俵谷
 


2018年10月12日(金曜日)

早めの準備を

カテゴリー:  | 18時14分41秒

10月に入り今年も残すところあと2ヵ月になりましたが

車の冬準備は大丈夫でしょうか?

保管していたタイヤが昔に買ったものだと

このタイヤはいつ製造されて、まだ使えるのかわからないと思います。

黄色い枠の中に「X3916」と書いてありますね。

これは2016年の39週目に製造されたことを表しています。

このようにタイヤの表面に表示されているので気になる方は是非確認してみてください。

今西


2018年9月12日(水曜日)

パーキングブレーキ

カテゴリー:  | 11時28分26秒

2018年9月6日に発生した、北海道胆振東部地震において、
被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い日常生活が戻りますことを心よりお祈り申し上げます。

駐車の際や緊急時のブレーキとして用いられるパーキングブレーキ。
運転席シートの横にあるレバーを引き上げるものが主流だった為、
『サイドブレーキ』という方が馴染み深いかもしれませんね。
しかし、現在は運転席足元のペダルを踏み込むものも登場しているので、
『パーキングブレーキ』や『駐車ブレーキ』という呼称に統一されています。

構造としては、レバーを引く、あるいはペダルを踏むことでワイヤーを引っ張り、
後輪にブレーキをかけるものが主流です。
このワイヤーは使っているうちに伸びてきてしまうので、定期的に点検や巻き直す必要があります。

一方、最近ではボタン1つで作動する
『電動パーキングブレーキ』の採用が増えています。
こちらの構造はブレーキキャリパーにモーターが搭載され、
そのモーターの作動によりブレーキがかかるものです。

電動パーキングブレーキが増えている理由としては、
全車速追従機能付きのクルーズコントロールなどの、
運転支援システムとの連動が挙げられます。
また信号待ちの際などに有効な停止保持機能なども便利な機能です。
しかし、あくまで「電動」の為、バッテリー上がり時は作動しないなどの可能性が高いです。
その為お乗りの車が電動パーキングブレーキが採用されている方は
バッテリー上がり時の対処方法などを事前に把握しておくことをおすすめします。

大西
 


41 queries. 0.091 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔