最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記


カレンダー
2017年 8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2017/08
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017/09
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年8月4日(金曜日)

DIYでカーオーディオ交換

カテゴリー:  | 12時07分17秒

カーナビやカーオーディオは車両購入時や購入したカー用品店にて
取り付けを行ってもらうという方が大半を占めていると思います。

しかし、私のように通勤用などのセカンドカーを所有している方の中には
「交換したいけど工賃かかるし…お金をかけてまではいいかな…」と
純正のカーオーディオを我慢しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は
・ナビはスマホで十分
・スマホにて定額制の音楽ストリーミングサービスを契約している
・その為スマホ内で再生した音楽を車内で聴きたい
・でも極力お金はかけたくない
そこで、自分で交換してしまえばいいんだ!という結論に達しました。

ということで前置きが長くなりましたが、
今回は「初めてのDIYカーオーディオ交換」を行ってみたいと思います。


交換するのはこのオーディオ
事前にバッテリーのマイナス端子を取り外し、電源供給を止めました。

では早速作業開始

1本500円くらいで売っている内張りはがしを利用して、
オーディオ周りの内張りをはがします。


写真が暗くてわかりにくいですが、内張りを剥がすと、
ビス4本で固定されていました。

欧州車などは
https://s-hokusyo.com/modules/wordpress1/index.php?p=1070
にて以前記載した通り、はめ込み式が多いようです。


プラスドライバーでビスを外します。


ビスを取り外し、引き抜くと。。。


背面にカプラーが刺さっていますので引き抜き、晴れて取り外し完了です。


取り外した純正オーディオはこのようにビスで側面が固定されているので、
これまた取り外し、新たに取り付ける交換用オーディオを同様に固定しました。


今回取り付けるオーディオ用のハーネスです。
サクッとオーディオ側と接続します。


私の車両はFMラジオのアンテナケーブルが短く社外オーディオに接続できない為、
延長ケーブルも使用しました。


車両側のカプラーをオーディオと接続し、
元どおりはめ込みます。


ビスで固定する前にきちんと動作するか、外していたバッテリーのマイナス端子の接続の上
ACC電源をオンにして確認しましょう。


動作が問題ないことを確認したら、ビスを止め、内張りを戻します。


早速スマホを接続してみると。。。
キタキタキタ!!
(本当はiPhoneを接続しているのですが、型が古いオーディオなのでiPod表記です…)


再生できました!!!
Googleマップなどのナビ音声も車内のスピーカーから再生されます!!

このように敷居が高そうに思えるカーオーディオの交換も
それほど難易度は高いものではありません。
内張りのはがし方などはインターネットで検索すると、
車種別に参考になる記事がたくさんあります。
かくいう私も事前に検索し調べました。

自分で車をアップグレードした達成感は格別ですし、
何より愛着が湧きます。
但し、ご自身で作業される際は自己責任にてお願いいたします。

大西


2017年7月31日(月曜日)

保証について

カテゴリー:  | 22時06分39秒

当社の販売した部品について、取り付け後は初期症状以外保証していません。

それは何故なのか?

一番の理由は、一般的に取り付け交換後の診断で問題なしと判断されて 車を引き渡される訳で、その後に同じ部分が故障するのは、多くの場合、他の箇所に問題 原因があって、そこが解決していない所為で 同じ故障を繰り返しているケースが多いからなのです。
所謂診断ミスが原因で繰り返される故障です。

その故障が純正部品では無いから、リビルトだから と、部品の原因としか思われていないことはとても残念です。

それほど整備業者の診断技術が下がっていることが原因なのです。

原因をしっかり突き詰めないで、故障している部分だけを交換する 現在の整備工場…

自動車ユーザーには 経験豊富で技術ある整備工場に行ってもらいたいものです。


2017年7月28日(金曜日)

サーモスタットの機能

カテゴリー:  | 07時48分38秒
 
サーモスタットとは、エンジン性能が十分に発揮出来る温度環境をコントロール

しています。エンジン内部には冷却水が循環し、その冷却水が一定温度に上昇したら

サーモスタットの弁が開きラジエター(冷却器)に送られます。そこで高温になった

冷却水が冷やされエンジン内部へと流れます。

エンジンの種類によって弁の開閉する温度設定が異なってきますが、80℃頃で作動する

物が多いようです。弁の開閉する仕組みはとてもシンプルです。

冷却水が一定温度になるとサーモスタット内部にあるワックスが膨張し、弁を押し上げる

仕組みになっています。内部ワックスの劣化や弁を持ち上げるバネの錆び等によって開閉

がうまくいかないとオーバーヒートや過冷却を招きます。冷却水の劣化が原因でサーモス

タットも一緒に劣化していきますので、水周りの点検、交換される場合は、

サーモスタットも一緒に見てはいかがでしょうか?

高橋

2017年7月24日(月曜日)

車検証の紛失にご注意ください!

カテゴリー:  | 18時51分27秒

北海道の夏も昔とは違い、猛暑日となる日もあり厳しい日が多くなってきましたね!
さて本題ですが、今月に入って車検証紛失の廃車依頼が立て続けにありました!

一台は普通車でこの場合、登録番号(ナンバー)と車台番号、ユーザー様のフルネームが
分かれば現在証明というものを取得でき、使用者、所有者がはっきりするのでそれほど
問題ないのですが、(一度確認するので1週間ほど伸びてしまいますが)

軽自動車の場合、なんと教えてもらえません!
しかも車検証に記載された通りの正しい住所、名前でなければ抹消出来ません。

住民票とかは、枝番などを省略できますが抹消書類は省略できません。
この間抹消に行った時は枝番1文字抜けただけではねられました!

まだ一文字だけだったのですぐにユーザー様に連絡を取り訂正出来ましたが、
正確な内容を覚えていない場合、どうすることも出来ません!

女性の場合、旧姓だったりどこに住んでいた時に車の購入、登録をしたか、
ディーラーや販売店、ローン会社などに所有権がついていなかったか?
などを覚えていなければアウトです!

万が一、紛失しても内容が分かるように車検証とは別にコピーをどこかに保管しておくと
良いですね!

あと、よくあるのが車から降ろした記憶がない場合、グローブボックスの後ろに落ちている可能性がかなり高いです。
今回も後ろから見つかりました。

車検の時以外はあまり触ることのない車検証・・・。
万が一に備えておくと安心ですね!

石垣


2017年7月18日(火曜日)

ゴルフ2のリアブレーキドラム・ライニング交換

ゴルフ2の整備を行いました。 1989年モデルで車齢も30年に到達しそうな個体です。
 
リアブレーキライニングとブレーキドラムを交換です。
 
画像だとわかりにくいですが、ドラムに段差が出来ていてブレーキライニングが

引っ掛かり外れにくい状態。 リアドラムを交換するのでハブベアリングも同時交換と

なります。


 

ブレーキライニング部はスプリングが4本も使用されており、構造を覚えておかないと
 
組付け間違いを起こしますので注意しましょう。


 

おそらく新車当時から交換されたことがないと思われるリアドラム。
 
30年近く雨風熱に耐えてきた有志です。 お疲れさまでした。
 
これからは新しいリアドラムが30年間?ゴルフ2のリアブレーキを支えてくれるはずです。


 

その他にドライブシャフトブーツ、ファンベルト、フューエルフィルター、リアショック

アブソーバーも交換。 調子が良くなったようです。


 

 

2017年7月15日(土曜日)

発炎筒について

カテゴリー:  | 08時33分02秒

発炎筒は正式名称を「自動車用緊急保安炎筒」といい、JIS (日本工業規格)により性能が厳しく決められています。

どの車にもまず、付いています。
車検に発炎筒の項目はあるのかと問われるならば、厳密に言うと『ありません』というのが答えになります。
ですが発炎筒などの非常信号灯の有無は確認します。道路運送車両法では、発炎筒は「非常信号用具」に該当するので、備えていないと車検には通りません。
発炎筒の使用方法は下の画像のようにマッチと同じで,発炎筒の外筒キャップを外し、外筒キャップに付属されている擦り板で発炎筒のマッチ部分を擦って点火させます。

しかし、非常信号用具を車に搭載していたとしても、下の画像のように使用期限が過ぎていたり整備不良の状態ですと、いざ使おうとしたときに使えない状況になる場合があり、車検に通らない事になるかしれませんので注意しましょう。

使用期限(4年)が過ぎた発炎筒はJIS規格の性能を満たしていないと判断され、車検が通らない。また、損傷、水没車に搭載されていた発炎筒も完全に水に浸かった状態と考えられており、車検に通らないことがひょっとしたらあるかもしれません。発炎筒はガソリンスタンドで交換できるところもありますし、ホームセンターやカー用品店などでも簡単に入手することができます。

最近は電池のLED型発炎筒もあります。
正式には「非常信号灯」と言います。

発炎筒とは違い、主に煙が出ない、燃えない、電池を使う、半永久的という利点があります。

どちらがいいとは一概には言えませんが、車検の際に発炎筒のチェックも行ってはどうでしょうか?

小山

 


2017年7月13日(木曜日)

ボルボV70 ラムダセンサー(O2センサー)交換

カテゴリー:  | 17時38分11秒
エンジンチェックランプ点灯のボルボV70。 オーナー自身の点検でP0036のエラー

コード。 バンク1ヒーターコントロール回路の故障。 内部のヒーターが動作して

いない状況ですね。 ヒーター故障なのでセンサーとしての動作はしているのですが、

冷間時に正常な信号を発生させることが出来ないので交換が必要です。


 

ボルボV70はラムダセンサーが2つ取り付けられており、今回の場合は下流側の

センサー不調です。 入庫後弊社でも点検を行うと同様のエラーでしたので下流側の

ラムダセンサーを交換します。


 

思ったよりもきつく締まっており、力が入りにくかったのでマフラーを少し下げて
 
脱着しました。 交換後にエラーを消去、テストを行い作業終了です。
 

2017年7月7日(金曜日)

寒冷地仕様とは

カテゴリー:  | 14時50分58秒

寒冷地での使用を考慮した装備をしている車に設定されています。
寒冷地仕様でない車との違いは,

  • バッテリーの大容量化
  • オルタネーターの大容量化
  • セルモーターの強化
  • ワイパーモーターの強化
  • リアデフォッガーの強化
  • 寒冷地用クーラントの使用
  • スノーワイパーブレードの装備
  • リアワイパーの装備
  • 暖房の強化(後席用ヒーターダクト、またはリアヒーターの追加等)

他にも「ミラーヒーター」「リアフォグランプ」「ワイパーデアイサー(ガラスに凍結したワイパーを融解するための熱線)」「LSD(リミテッド・スリップ・デフ)」「シートヒーター」が標準装備またはオプションでつけることも可能です。

車のカタログには本体価格と北海道地区の価格で分かれています。
新車で買うとき寒冷地仕様の装備のため、若干値段が上がります。

もし、中古車で車を買おうとするならば、本州からの寒冷地仕様でない車もたくさん出回っています。
もし北海道などで寒冷地仕様でない車の場合は寒冷地に備えてメンテナンスする必要があります。

 
ワイパーデアイサー

俵谷


2017年7月1日(土曜日)

ゴルフ3 1996 1HZ アライメント調整時のアクシデント

ゴルフ3のアライメント測定・調整を行いました。


 

キャスターの調整を行うためにエンジンメンバーのボルトを緩めて
 
メンバーごとずらし調整します。 

しかしここで問題が発生。
 

エンジンメンバー取付ボルトが腐食により折れてしまいました。
 
最悪の事態にならないことを祈りつつ修復作業に取り掛かります。 
 
場所が場所なのでエンジンメンバーを大きく下げて折れたボルトを
 
露出させなければなりません。 

フレーム内部の立て込みナットに注意しながら潤滑浸透剤を浸透させたあとに

熱を加えてバイスプライヤーでじわりじわりと回します。 

これで緩まなければナットを溶接して回すしかありません。
 

緩まないだろうと思っていたのですが、ラッキーなことに緩んでくれましたよ。
 
簡単に緩んでよかった。
 
折れたボルトは痩せてかなり細くなっています。 ボルトの頭部分で折れたことが
 
幸いでした。  もしボルトの先端付近で折れていたら・・ 考えたくありません(笑)


 

再度アライメントを測定し、キャンバー、トー、キャスターの調整を行い作業終了です。

2017年6月30日(金曜日)

BMW X1(E84)エアコンフィルター交換

カテゴリー:  | 17時05分57秒
車のエアコンは通年をとうして欠かせませんね。
 
ですが、風量を最大にしても以前よりも風の量が弱くなったな〜と思ったら
エアコンフィルターを確認してみてください。
 
車種によっては、ご自分で交換できることがあります。

 

今回は、BMW X1(E84)の交換方法を紹介します。

この車は、8ミリの工具(できればBOXタイプ)があれば、ユーザー自身で交換できます。
 

フィルターの場所は大きめに作られているためか、ボンネットを開けエンジンルームの
後ろ側に取り付けられています。
 

 

まず、8ミリの工具で黄色矢印のところに6本のスクリューボルトを外して下さい。
カバー全体を外すと、その中にフィルターが入っています。
 

 

フィルターはカバーにかぎ状の爪で固定されているため、爪を起こすと外れてきます。

 

新品のフィルターをはめ込む時は、フィルターの爪の反対側に角のよう突起側から
差し込みはめ込んで下さい。

 

カバーを車両に戻しスクリューボルトを取り付けて作業は終了です。
難しい作業ではないので、ご自分でトライしてみてはいかがでしょうか。

フィルターの汚れ具合です。

 
大浦

2017年6月22日(木曜日)

整備後にブレーキペダルが沈む現象が発生

カテゴリー:  | 10時59分40秒
整備前には問題なかったブレーキですが、整備後にブレーキペダルが沈み込んでしまうと

いう現象が発生しました。 整備内容はストラットアッパーブッシュ交換で、

ストラットを取り外すためにブレーキキャリパーを取り外す作業が必要な車輛でした。
 

ブレーキ廻りは基本的にキャリパーの脱着のみです。 ブレーキホースの取り外しは行っ

ておりません。
 

全ての作業後にブレーキペダルがフロア近くまで沈み込み、そこで制動力がやっと発生

する状態。 エアを噛みこんでいる状態とは違い、奥までペダルを踏み込むとしっかり

とブレーキが効きます。 原因を探るために、念のためにエア抜きを行いましたが変化

なし。 次にブレーキパッドを取り外すと片摩耗が発生しています。 

前後方向に片摩耗するのではなく上下方向の片摩耗です。 これはおかしい。


 

そういえばキャリパーを取り外す際に固定しているパーツの取り付けが間違った取り付け

方をされていたのを思い出しました。 組み付けの際にはそれを正常な状態に戻したの

です。 

早速間違った取り付け方で再度組み付けすると、正常なペダルタッチに戻りまし

た。 ブレーキパッドが変摩耗している状態でアタリが出ていたので、それを正常に
 

戻すとアタリが変わりブレーキペダルが奥まで沈み込んでしまうという結果です。
 
もし正常な組み付け方法を知らなかった場合には間違ったまま再度組み付け作業を
 
行い、パッドが片摩耗を起こしたことに気が付か無かったでしょう。
 
今回のような単純箇所とパーツでもそのようなことが起きてしまうということを
 
想定し作業することを心がけるように気を付けようと思います。 今回は勉強になりまし

た。  
 


2017年6月20日(火曜日)

クーラントの適正濃度

カテゴリー:  | 08時43分18秒
クーラントの濃度は濃いほど不凍性能が上がりますが、逆に冷却性能が落ちます。
 
温暖な地方では不凍性能より冷却性能が求められますので寒冷地より濃度が
 
薄められますが、適正濃度以上に薄めて使用し続けると冷却水経路の腐食が早まります。
 
下の写真は、薄めすぎたクーラントを使用し続けた結果、ヒーターバルブが

固着しています。
 

 
   

 
これから、暑くなる季節に入りますが、一度クーラントが適正濃度かどうか?

お近くの整備工場に点検して見てはいかがでしょうか?

高橋


2017年6月9日(金曜日)

ジャガー XJSのロアアームブッシュ交換

カテゴリー:  | 18時06分03秒
ジャガーXJSのロアアームブッシュを交換しました。
 
分解図を見ると、ロアアームは長〜〜いボルトがメンバーを貫通しており
 
このボルトを抜き取る必要があります。 非常に嫌な予感がします。


 

まずはスプリングの取り外し。 特殊な形状なので急遽SSTを作成。
 
木材を斜めにカットしブラケットとして使用しました。 


 

本題はここからです。想像通りボルトは抜けてきません。 
 
両方にねじ山を切ってあるロングボルトなのでへたに力を加えるわけにもいかず、
 
色々と思い当たる方法は全て試しましたが抜くことが出来ませんでした。 



 

ロングボルトが激しく固着すると潤滑浸透剤や熱、急速冷却、衝撃も全く役に立ちません。
 
ナットを溶接したり大きな衝撃を与えたりしながらボルトを壊す勢いで抜き取れば

 
おそらく取り外せると思います。 海外のサイトでもボルトが抜けずにボルトを
 
壊して取り外し新しいボルトを発注したといった内容の書き込みが多数見受けられまし

た。 なんとかボルトを壊さずにどうにかならないかと色々と考え、ブッシュの形状

などから、このままロアアームを取り外さずに脱着・圧入出来そうなので早速実行。
 

ブッシュのカラーがボルトに固着しており難儀しましたが、手持ちの工具やSSTを
 
フル活用し無事に交換終了。



 

最悪ロアアーム脱着にエンジンメンバーを下すことも考えましたが、ブッシュが
 
この形状で助かりました。

2017年6月6日(火曜日)

ボルボ S70 エンジンマウント・トルクロッド交換

カテゴリー:  | 15時27分12秒
ボルボのエンジンマウントを交換しました。


 

定番のトルクロッド(エンジン下部)とエンジンマウント上部です。
 
アクセルを踏むたびにエンジンが大きく前後に動いています。
 
エンジンの振動が増えてしまうということもありますが、トランスミッションの
 
変速ショックが大きく感じられてしまうという現象も発生します。
 
走行中にエンジンの振動状態を目視することは出来ないのですが、変速するたびに
 
エンジンが前後へ動いてしまっていたことが想像されます。
 
この比較画像からだとわかりにくいのですが、ゴムの劣化により土台部分との
 
隙間が広がり、この広がった分だけエンジンが前後方向へ動いてしまいます。


 

トルクロッドもブッシュ部分が切れていたので同時に交換。
 
どちらもエンジンの前後方向への動きを緩和する役目を果たしているので
 
同時に交換することで効果は一層感じられると思います。


 

その他にもファンベルト、ラックエンド、タイロッドエンド、ドアミラーの無塗装カバー

交換しました。




 

まだ修理が必要な箇所があるのですが、オーナーと相談しながら少しずつ改善していく
 
予定です。

2017年5月31日(水曜日)

登録識別情報等通知書は重要です

カテゴリー:  | 23時30分27秒

お車を一時抹消・・・ナンバーを返却し使用中止した状態
のお車を廃車(解体)する場合は抹消した際に発行される登録識別情報等通知書が必要になります。

登録識別情報等通知書とは昔で言う一時抹消証明書のことでこの状態ではまだ一般で言う廃車ではありません。
簡単に言うと中古車販売店に並んでいるナンバーの付いていない車と同じような状態です。

ですので新規登録(新たに車検を取ること)することが出来る状態です。
この状態であれば使用中止しているので自動車税はかかりません。
しかし解体していないので重量税還付は受けられません。

よくあるのがこの状態はもう廃車にしたことと思い登録識別情報等通知書を捨ててしまう方がいらっしゃいます。
この証明書は解体抹消や、また車を使用する場合は必ず必要になりますので絶対になくさないように
お願いいたします。

その他によくあるのが車を買ったお店から残債がなくなった時点でもらえる所有権解除書類を
所有者変更せずに紛失してしまうケースもよくあります。

この所有権解除書類は使用期限がありそれまでに自分の名義に変えてしまえば問題ないのですが
そのままにしておくと後々大変なことになりかねません。

お車を抹消するときには所有者からの書類が必要になりますが特に困るのが所有権を持っている
販売店が倒産してしまって連絡が付かないというケースがあります。

この場合、破産管財人がわかればよいのですがそれには法務局に出向いて調べたり、運よくわかっても
書類を出してもらうのに結構な金額がかかるらしいです。

そのような事態にならないためにも車検証の所有者欄を今一度確認し、ローンが支払い終わっていれば
所有権解除書類を発行してもらえるのですぐに変更することを強くお勧めいたします。

当店では相談に乗ることは出来ますがその状態でのお手続きは対応できませんのでご了承ください。

というかどの業者さんにも断られると思います。
それほど面倒で大変なことです。

石垣

 


2017年5月30日(火曜日)

Ambitious Farm様にて田植え・さつま芋植え体験!

カテゴリー:  | 08時38分04秒

Ambitious Farm株式会社 http://ambitious-farm.co.jp/ 様のご協力のもと、
田植え・サツマイモ植えの体験を行いました!

残念ながら天候には恵まれませんでしたが、めげずに各々カッパやレインコートを着込んで準備万端!

初めにAmbitious Farm代表の柏村さんからお話をして頂きます。

次に、最初に行うサツマイモ植えの説明をして頂きました。

苗を寝かせながら、根の方から数えて4つめの節まで土に埋めるとのこと。

苗だけだと土にうまく入っていかないため、硬いものを沿えて差し込んでいくそうです。

この日は割り箸が配られました。

移動して、いよいよ実践です!


子供たちも果敢にチャレンジ!

   


皆順調に作業を進めていきます。

どちらかと言えば、慣れないしゃがみ作業+移動に苦戦していたかもしれません・・・。


当初の予定では一列まるごとではなかったのですが・・・

ご好意に甘えてぐいぐい作業エリアを拡大。

気がつくと一列植え終わりました!

続いて、ミニトマトのハウスに移動。

柏村さんからミニトマトの栽培・販売に関するお話をしていただきました。

そしていよいよ田植えです。

柏村さんに苗を植える目印を作ってもらいます。

手順としては、歯車が山を作った箇所に苗を植えていくとのこと。

説明を受け、いざ田んぼへ入ります!

抜けない。

長靴を履いた足が抜けない。

柏村さんはあんなにスイスイ歩いてたのに!↓

どうも大きめの長靴だったりそもそも普通の長靴だと辛いとのこと。

「カカトから抜く」というコツを教えて頂きながらなんとか奥までたどり着き、苗を植えていきます。

もう皆植えることよりも歩くことに必死です。

きっと底なし沼って本当に危ないんだなと思いました。

最後まで苦戦していた弊社の色男担当です。いい笑顔ですね。

なんとか無事に作業を終えられました。

手前の踏み荒らされたような範囲が弊社の仕事です。決して苗は踏んでいませんよ!

こうした手で植える体験では、大体が列がわからなくなるくらいまばらに植えてしまうそうですが、今回は比較的綺麗に植えられてるとのこと。

自分たちで思っているよりも、上出来だったのかもしれません。

最後に屋内に移動して、アスパラの包装作業を体験させて頂きました。



量ったアスパラはクリアファイルで巻くと、スムーズに袋に入れられました。

このアスパラ、大変!美味しかったです!

そして全てのプログラムを終えて皆で記念撮影。

なかなか出来ない体験&なかなか聞けないお話に、皆興味津々でした。

Ambitious Farm様、ありがとうございました!

 


2017年5月27日(土曜日)

ジャガーXJSのルーフトリム張り替え(天張り)

カテゴリー:  | 10時24分14秒
ルーフトリムの布地が剥がれて垂れ下がってきてしまっているXJS。
 
張り替えを行います。


 

ガラスを外さなければルーフトリムを取り出し出来ない車両もあるようですが
 
このXJSはドライバーズシートを取り外してギリギリ取り出すことが出来ました。


 

外したトリムから布地を剥がすのですが、気を付けなければトリム本体を
 
痛めてしまうので緊張します。剥がした後は、残ったスポンジを除去します。 

これがなかなかしぶとい。
 

スクレーパーを使用したり、軍手を着用したり、ゴム手袋を使用したりしましたが
 
結局素手で行うのが感触をつかみやすく早いので、最終的に素手で剥がしました。


 

剥がした後はベタベタとした接着剤がのこるので、これも除去。
 
この下地処理が非常に大事で、一番時間が掛かります。
 
オートメカニックでおなじみのハリー山崎氏に相談すると、おすすめの接着剤や
 
失敗談など色々とアドバイスを頂き、大変参考になりました。

ここには書ききれない細かなノウハウもしっかりと教えて頂き、感謝々です。
 

ちなみにボルト・ナットの作業は得意ですが、このような張り替え作業は
 
苦手らしいです(笑)
 
張り替え当日はハリー山崎氏に指導していただき、作業開始。





 

苦手とおっしゃっておりましたが、作業は手慣れていますね。 さすがです。

ついでにAピラートリムも剥がれていたので、こちらも同時に補修。


 

車体に取付を行い作業終了。 黒ずんでいた生地も綺麗になりすっきりしました。

※ハリー山崎さん有難うございました。 車体取り付け時にご連絡する予定でしたが

乾燥後に待ちきれず取付してしまいました。
 


2017年5月26日(金曜日)

プラグも消耗品です。

カテゴリー:  | 08時27分57秒

車のパーツの消耗品といえばタイヤやヘッドランプのバルブ、オイルのフィルターなどがあります。

車のプラグその中の1つになります。

車のプラグはエンジンが動いている間は点火し続けている部品の為だんだん消耗してきます。

車のプラグは、エンジン内部で点火している為、露出しているパーツではありませんが何万km、もしくは調子が悪いと感じた時に外して状態を確認するのも1つのメンテナンスだと思います。

だましだましで乗ると後になってエンジンブローの原因になることもありえます。

しばらくプラグを変えた記憶が無いのと、調子が悪いかな?ということで・・・
自分の車のプラグを外してみました。

上の画像の赤い枠はプラグホールのあるところで3本のうちの真ん中を外している所です。
交換方法はいろいろなサイトに載ってますので割愛させていただきます。

下の画像は、左が新品、右が外したプラグです。

下の画像は左から新品・外したプラグ・外したプラグの電極部分のUP画像となっています。

外したプラグは燃調が濃いのかカーボンが付いています。多少の電極の消耗もありますが使おうと思えばまだ使えそうな気がします。

プラグメーカーの推奨では大体15000〜20000kmと言われていますが確実というわけではありません。
あくまで「目安」ですのでi違和感を感じたら状態を確認して、早めの交換とトラブル対策、予防を行いましょう。

小山


2017年5月19日(金曜日)

給油口についての豆知識

カテゴリー:  | 18時59分11秒

自分の車の給油口は右にあるか左にあるかみなさんは覚えていますか?

レンタカーや普段乗らない車を運転していると、ガソリンスタンドでガソリンを入れる際、
給油口が右か左かわからなくなる時があると思います。
もちろん知ってる人もいると思いますが、燃料系を見ればわかります。
  

給油マークの左右どちらかに三角のマークがあります。
このマークが左右を示しています。

2000年以降の車に多くついています。
車によってはこのマークがない車種もあるようです。

なぜ、車種によって給油口が左右どちらかに分かれているのか。
その鍵はマフラーにあります。
マフラーが左にある車は右に給油口
マフラーは右にある車は左に給油口があります。
マフラーは高温になるのでそれを避けるために反対側に給油口があります。

排気管の開口部から300mm以上離れていることが条件なので
2本だしマフラーの車もありますが、300mm以上離れてれば問題ないそうです。


2017年5月16日(火曜日)

ラブアース クリーンアップin北海道 2017

カテゴリー:  | 09時43分33秒
  
石狩平野に新緑芽吹く皐月。
 
五月晴れとは行きませんでしたが毎年の恒例行事、
 
ラブアースクリーンアップin北海道 2017を行いました。
 
この日、早朝の気温が7℃。この時期にしてはとても寒い日和でした。
 
上着を着こんでいざ、出発!かわいい子供達も参加してくれました。
 

 
ルートは前回同様のルート。
 
会社の裏道と美原大橋付近でした。
 
 
 
美原大橋のジャンクション付近とパーキングエリアには大量のゴミが投棄
 
されていましたが、キレイになった場所を眺めると何だか心がスッキリ!
 

 
寒空の中で始まった活動でしたが、最後は汗ばむ笑顔でパシャリ!
 

パンパンの40Lの袋が20個以上出来上がりました。

単純に考えると800kgほどでしょうか?すごい量です。
 

綺麗になった場所が再び汚されない様にと願いつつ、活動を終えました。

高橋


45 queries. 0.095 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔