メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ一覧

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2018/07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2018/08
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年7月3日(火曜日)

バックカメラのガイド線

カテゴリー:  | 08時54分19秒

車のバッテリー交換などでバックアップを取らずに作業をしてしまうと
初期設定が必要な機能がいくつかあります。

その一つにバックカメラのガイド線があります。

元々ガイド線を設定している場合に、車の設定が初期化されてしまうとRに入れた時
線が表示されなくなってしまいます。

設定の方法はまずシフトレバーをRに入れます。

するとナビの画面がバックカメラに切り替わりますね

その後左に1回、右に1回とハンドルを限界まで回します。

この作業をすることによってバックカメラにガイド線を表示することができます。

今西
 


2018年6月26日(火曜日)

カム角センサー、クランク角センサー

カテゴリー:  | 08時50分35秒

・カム角センサー(カムシャフトポジションセンサー)とは
カムシャフトの動きを検知し、 コンピューターへと信号を送ります。このセンサーが不調になるとエンジンの点火のタイミングが合わなくなり、エンジンがかからなくなることもあります。

・クランク角センサー(クランクアングルセンサー)とは
クランクシャフトの回転角と基準位置を検出するもの。
エンジンの回転を見ているセンサーで、きちんとしたタイミングで燃料を噴射させるなどの上で大事なセンサーです。


これがカム角センサー


これはクランク角センサー


カム角センサーはこのような位置についています。

これらのセンサーが故障すると、なんの前触れもなく
・エンジンの回転数が維持されずエンストする
・エンジンがかからない
などの症状が発生します。

私の通勤車もまさにエンジンがかからない状態で
まずこれらのセンサーを疑いチェックしました。

もしお車に上記のような症状が発生した際は最寄りの修理工場などに入庫しましょう。

大西

 


2018年6月14日(木曜日)

リサイクル券につきまして

カテゴリー:  | 17時53分23秒

廃車を依頼される際、必要な書類をお知らせ致しますと時々、リサイクル券というものが
見つかりません!
どうしたら良いですか?
廃車にできませんか?
ということがあります。

リサイクル券とは車を処分する際に発生するごみの処分料を前もって支払っているものを
証明するもので、実はさほど重要なものではありません(券自体は)

なぜかと言いますと、預託状況は自動車ユーザーさまでも車両情報が分かれば誰でも
預託状況を確認出来ます。
プリンターがあれば印刷もできます。
検索はこちらから 自動車リサイクル促進センター http://www.jars.gr.jp/

こちらで検索して預託済みとなっていたらそれで大丈夫です。
まれに未預託となっている場合がありますのでご注意ください。

支払いパターンが制度が始まって間もないころの車検時に支払うか
廃車時に支払うかというパターンがありましたので未預託のケースがあります。

この場合は車両代金と相殺することが出来ます。
足りない場合は追加料金を頂きます。

車検証ケースにリサイクル券が見当たらず、ネットが出来る環境がある場合、(スマホでも見られます)
一度、アクセスしてみておくことをお勧め致します。

廃車をご検討中の方は、ぜひ当店へ!
 


2018年6月2日(土曜日)

パイピング抜け

カテゴリー:  | 12時58分36秒

先日、仕事の帰宅途中に信号が赤から青に変わり1速から2速にシフトする時にエンジンルームからいつもと違う「パシュン」と音が・・・
エンジンが止まりそうになり車を路肩に止め、エンジンルームを確認すると・・・

原因は白丸の所がホースバンドの付け忘れで抜けました。

パイピングにオイルがついてましたので拭き取ってから着けましょう
パイピングに抜け防止加工しても抜けることはあります。

ホースバンドをつけて対策しました。
高いものではありませんので定期的に交換して予防、対策を行いましょう。

小山


2018年5月22日(火曜日)

パワーウィンドウスイッチの初期化

カテゴリー:  | 14時36分39秒

パワーウィンドウスイッチの初期化を説明いたします。

車のバッテリーを外すといろいろな機器が初期化されることがあります。
その中で「パワーウィンドウスイッチ」についてです。
これは、パワーウィンドウスイッチが”オート機能付き“の場合に初期化の設定が必要になります。

バッテリーを一度取り外して、再度接続したら、スイッチのオート機能が使えなくなっている車があります。
その時は、まず窓を全開にして全開になっても3秒から5秒くらいスイッチを押し続けてください。
窓を閉めるときも同じように締め切って3秒から5秒くらいスイッチを上げ続けてください。
そうするとオート機能が復活します。

4つの窓がすべてオート機能がついている車もあります。


その場合は1つのドアごとに初期化設定が必要です。
これは運転席のスイッチ4つでは行えません。

助手席、後部座席の各ドアのスイッチで初期化設定を行ってください。

そうしなければ、バッテリー接続後、運転席側のパワーウィンドウスイッチが動きますが、他3つのスイッチは動きません。


各ドアのスイッチで初期化をする必要があります。

各ドアのスイッチを初期化すると運転席のスイッチ3つが機能します。

俵谷


2018年5月18日(金曜日)

ベルトテンショナーの役割

カテゴリー:  | 13時10分30秒
自動車のエンジンには、電気を発電する「オルターネーター」
エアコンを調整する部品の一つで「コンプレッサー」
最近の車には、少なくなってきているパワーステアリングの「油圧ポンプ」(今は電動タイプが主流)
それぞれのパーツを回すのに、ベルトが使われています。
 
そのベルトには、一定の貼力(テンション)がなければなりません。
そこで、使われるのがベルトテンショナーです

 
ベルトテンショナーは自動的にその車に合ったテンションを設定されているので
後々ベルトが劣化して緩んできても必要なテンションを保ってくれます。
 

 

ベルトテンショナーのトラブルで多いのは回転部分のプーリーベアリング
走行距離が増えてくると、ベアリング部分が壊れてきます。
 
壊れてくると、初めのころは異音が出始め
酷くなってくるとプーリー本体がグラグラに動きだし外れてしまうなどのトラブルもあります。

そうなると、当然ベルトも外れてしまい、電気の発電もしなくなり
パワステも効かなくなるので大変危険です。
 

交換の目安としては、ベルトの定期交換(3〜40,000Km)と同時に行うのが
後々のトラブル対策になるでしょう。
 
大浦
 

2018年4月27日(金曜日)

部品の役割について

カテゴリー:  | 18時47分37秒

リヤアクスルについているこの部品の名称と役割をご存知でしょうか?

名称はリヤアクスルハウジングリザーブプラグといいます。

役割はデファレンシャル内の内圧の上昇を抑える働きをしています。

このプラグの蓋の部分が正常だとクルクルと回るのですが、錆びて固着してしまうと

デファレンシャル内の圧力が高くなってしまいます。

高くなった内圧がシャフトシールに力がかかり、密着している部分が浮いてそこから

オイル漏れの原因になってしまいます。

自分でオイル交換をしている人は、交換のついでに錆びて固着していないか確認することをおすすめします!

今西


2018年4月24日(火曜日)

ステアリングギアボックスの故障原因 油圧式

カテゴリー:  | 14時36分58秒
パワーステアリングの故障原因 油圧式
 
パワーステアリング機構も油圧式から現在は電動式に
 
移り変わってきました。
 
車重のある車両は電動油圧式パワステと言う電動の良さと油圧の
 
良さを併せ持ったシステムも最近ではあります。
 
電動式は、燃費向上やアシスト機能、自動運転技術などの理由で
 
普及し広がって来ましたが、油圧式もまだまだ現役で活躍
 
している車種もありますし、自然で滑らかな操舵性は、
 
ドライビングを楽しくさせてくれます。
 
 
油圧式の故障で最も多い故障がオイル漏れです。
 
可動部分にはシールと呼ばれるパーツやOリングと
 
呼ばれるパーツが使われ、オイルが漏れないようにを遮断していますが、
 
多走行の消耗や経年劣化、過度の負荷(停止したままの据え切り)

などにより最初はにじみ程度から徐々に漏れ出してきます。

放置を続けるとダストブーツが破れやすくなったり、油圧が低下して
 
ハンドリングが重くなってきます。
 
ポンプが原因の場合もありますので、異常を少しでも感じたら
 
早めの点検、修理を受けましょう。
 
高橋

2018年4月23日(月曜日)

リアショックアブソーバー交換

カテゴリー:  | 07時19分28秒

そろそろ自家用車の走行距離が8万キロになるので、
今回はリフレッシュも兼ねてリアのショックアブソーバーの交換を行います。


今回交換するのはこのショックアブソーバー。色が少々派手です。


まず、ジャッキアップする前にこの下部のナットを緩めておきます。


ジャッキアップ後タイヤを外し、ショックの上側を固定しているボルトを外します。


ボルトを抜く際はこのようにジャッキで下から支えてあげると楽です。


ボルトとナットを外し、ショックを手で縮めながら抜きます。
結果あっさりと外れました。


逆の手順で新たなショックを取り付けます。


無事取り付け完了です。


ちなみに取り外した純正ショックです。
一本はもうスカスカになっていました。

交換後の乗り心地はシャキッとし、加減速時やカーブを曲がる際などの不安感が軽減しました。
リアだけでこれだけ変わったので、フロントのショックアブソーバーやその他ブッシュ類も交換してリフレッシュしたくなりました。

ご自身の愛車の乗り心地が購入当初と比べてフワフワするなど感じている方はショックなどの交換を検討されても良いかもしれませんね。
まずはディーラーやお近くの整備工場へのご相談をお勧めします。

大西


2018年4月16日(月曜日)

ラブアース・クリーンアップin北海道 2018

カテゴリー:  | 13時05分40秒

当社では毎年、この時期にゴミ拾い活動を行っています。

ラブアース・クリーンアップin北海道ののぼりを掲げさせて頂いての作業です。

http://www.love-earth-hokkaido.jp/love-earth/

例年はもう少し暖かい5月〜6月に行っているのですが、今年は当社スケジュールの都合で少し早く雪解け直後。

風も強く、寒い。
そんな中でのゴミ拾いです。

日陰にはまだ雪が残ってるところもありました。
この下にゴミがあるかもしれないと思うと、一同歯がゆい様子でした。

美原大橋周辺のゴミも拾います。
側溝はやはりゴミがたまりがちです。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、ごみを拾う前と後の景色ではかなり違って見えます。

後ろを振り返ると清々しい気持ちになります。
ここにゴミがまた捨てられないことを祈るばかりです。

今年も拾うも拾ったり、山盛りのこの量です。
タバコの吸い殻から空き缶からソファなりテレビなり多種多様。

ごみがいっぱいあるだなんて決して喜ばしいことではありませんが、拾った分だけ綺麗にしたというのは誇らしいことだと思います。

来年は今年よりも少ない成果で済むよう願いながら、今年の活動を終えました。
 


2018年4月10日(火曜日)

普通乗用車は月割で還付がございます。

カテゴリー:  | 18時12分08秒

大忙しだった3月末も過ぎ、少し落ち着いてきた感があります。

なぜ3月は忙しいのでしょう?
それは皆さんご存知の通り、4月1日に登録されている時点で自動車税・軽自動車税の
納付義務が発生するからですね!

軽自動車税は月割計算が無いことを知らない方が結構います!
この時期に依頼されていくら戻りますか?と・・・
原因は軽自動車と普通車を持っているせいかと思います。

普通車は月割で還付されますので、軽自動車もそうだろうと・・・
古い軽自動車をこれから廃車にしようという方は少し・・・
いや結構損してしまいましたね。

普通車の廃車をお考えになっている方は早めにご依頼ください!
車検が1か月以上残っている場合、自動車重量税・自賠責保険料が月割還付されます。

自動車税は一年丸々ではなく月割での払い込みとなります。

放っておくとドンドン損をしますよ〜!


2018年3月30日(金曜日)

パワーウインドウスイッチの故障

カテゴリー:  | 08時19分08秒

最近ですが我が家にあるHT51S(スズキ・スイフト)の運転席の窓が降りるけど上がらない・・・

という症状が出ていました。

運転席以外の窓は不具合が見られないのでとりあえずスイッチの交換をしてみました。


外し方は色々な所で公開されていますので今回は割愛させていただきます

上が今回交換するPWスイッチ、下が今まで付いていたスイッチです。
パッと見ても区別が付きません。

今回はMRワゴンのPWスイッチを使ってみました。
車種、部品によっては品番、形が一緒というものもあったりします。

今回は運転席のスイッチだけが動かない、他の席は問題ありませんでした。
運転席は下がるだけ下がるのでレギュレーターも動いているのでスイッチを疑いました。

車種によってはDIYで交換出来ると思います。
おかしいな?と思ったら交換しましょう。

小山


2018年3月23日(金曜日)

スマートキー(電子キー)の電池切れに注意

カテゴリー:  | 17時56分02秒

最近では、車のカギが電子化しています。
“スマートキー“、”インテリジェントキー”など呼び方は様々です。
その電子キーを持っているだけで、クルマに近づくとドアの施錠ができたり、キーを差し込まずにスタートボタンを押すだけで、エンジンを始動させることもできる装備です。

この電子キーの電池が無くなってしまうとドアロック、アンロックやエンジンスタートがいきなりできなくなってしまいます。
車を使用する頻度によって交換時期は異なりますが、定期的な電池交換が必要となります。
市販で売ってる豆電池を買っておくといいでしょう。
電子キーの反応が悪い時は、電池の交換時期のサインです。

もし、電池切れになってドアの施錠やエンジンがかからなくなった場合はどうしたらいいのでしょうか?
電池切れになった時の対策はもちろんあります。

 
電子キーには鍵が仕込まれています。その鍵でドア・トランクの施錠を行います。
この辺りは大丈夫かと思います。

次にエンジン始動の時ですが、プッシュスタートの車種の場合
鍵の差込口はありません。電子キーに内蔵されている鍵はあくまで施錠を行う時のみになります。


このように電子キーをプッシュスタートボタンに近づけます。
車種によって異なると思いますが、近づけると ”ピー“ と音が鳴ります。
認証された合図になります。これでエンジンが始動できます。
電池切れの時でも鍵を近づけることで、鍵の認証が出来るようになっています。

もうひとつ、プッシュスタートではない場合


これは回すタイプになります。
プッシュスタートのやり方とほぼ同じなのですが、こちらは鍵穴があります。
車を購入時に電子キーとサブキーがあります。そのサブキーを鍵穴にさすとエンジンが始動できます。
サブキーには認証するチップが入っていますので、そのまま回して始動することが出来ます。

そのサブキーがない場合
  
このように電子キー内蔵の鍵は差し込めるのですが、これではエンジンがかかりません。
この鍵では、認証できないのです。認証させるには、電子キーが必要になります。
電子キーを持っているだけではダメです。


電子キーを画像のように近づけてそのまま回してください。
そうするとエンジンが始動できます。

電子キーが標準装備の車が増えてきています。
便利な機能ですが、電池が無くなり、ドアの施錠が出来てもエンジンのかけ方がわからない人も少なくありません。
電子キーの反応が鈍くなったら必ず電池交換をお勧めします。

俵谷
 


2018年3月13日(火曜日)

ラジエーターホースの劣化

カテゴリー:  | 17時59分03秒
ラジエーターホースとは、エンジンで温められた冷却水(クーラント)を
ラジエーターに流すためのホースで、温められたり、冷やされたり、又クーラントの膨張により
圧力がかかる、過酷な部品です。
 
 
ラジエーターホースはゴム製品で作られていますので
車歴が、古くなるとゴムが柔らかく劣化してしまいます。
 
そのまま劣化が進むと、ホースに穴が開いたり、裂けてしまうこともあります。
下の写真は、同じサイズの部品ですがここまで膨張していました。

 
見分け方としては、ホースバンドのすぐ横あたりが膨らむ傾向があるので
車歴が古いお車を乗っている方は、一度点検してみてはいかがでしょうか。


 
冷却水が漏れてしまうと、エンジンにダメージを与えることになってしまいます。

大浦


2018年3月9日(金曜日)

ワイパーラバーの交換時期

カテゴリー:  | 18時24分06秒

最近は気温も暖かくなり、冬用から夏用に交換するための準備期間が来ましたね。

今回はワイパーラバーの交換目安を紹介します!

タイヤに製造年が表記されているようにワイパーラバーにも製造年が表記されているのはご存知でしょうか?

ワイパーラバー表面の左右どちらかに複数の数字が表記されている部分があります。

この画像では下から 11 12 13 と数字が始まり13で終わっていますね。

これは2013年に製造されたワイパーラバーという表記です!
数字がどこで終わるかによって製造された時期を知ることができます。

自分の車についているワイパーラバーがいつ製造されたものなのか把握しておくと、交換時期の目安にすることができますので一度確認してみるのもいいかもしれませんね

早めの準備で快適なドライブを楽しみましょう!

今西
 


2018年3月5日(月曜日)

DIYでワイパースイッチ交換

カテゴリー:  | 00時24分11秒

通勤号のワイパースイッチの調子が良くありません。
間欠にするとワイパーが途中で止まったり、停止位置をオーバーしてしまったりと…。
スイッチに軽く触れると正しい停止位置まで動作するので、スイッチの不良を疑いました。
ということで今回はスイッチの交換作業を行います。


調子が悪いのはこのスイッチ


今回はせっかくなので、時間調節間欠式ワイパースイッチを取り付けます。
トヨタ純正のものを軽自動車に流用できる場合が多いので、
興味のある方はwebで検索してみてください。(適合確認は自己責任でお願いします)


早速作業開始です。
.好謄▲螢鵐偉哨汽ぅ匹離灰薀爛バー固定用ビスを取り外します
▲▲セルペダル右上のロアカバー固定用ビスも取り外し
1薪樟並Ε蹈▲バーを取り外した後の状態です
い海海如電装パーツ交換の為バッテリーのマイナス端子を取り外し電源供給をストップ


さて、こいつを取り外します。(指が写ってしまっているのはご愛嬌)


まずは下部のカプラーを引き抜きます。


続いてここの爪をマイナスドライバーの先端などで押しつけながら
スイッチ本体を左に引っ張ると…

取り外すことができました。

逆の手順で新しいワイパースイッチを取り付け、

カプラーも差し込み、カバー類を元どおりにつければ…

交換完了です。

予想通りスイッチ不良でした。
ワイパーが途中で停止してしまう問題は直りましたし、
間欠ワイパーの時間を調整できるようにもなったので満足です。

これまた意外と簡単な交換作業でした。
ご自身で作業される際には自己責任にてお願い致します。

大西


2018年2月27日(火曜日)

リビルト ブラケットブッシュ、対策品の改良版

カテゴリー:  | 15時06分19秒

 
 
リビルト ブラケットブッシュ、対策品の改良版
 
 
 
ポロ9Nの場合、こちらのブラケットブッシュ(左側)は
 
よく切れやすく対策品(中央)が純正部品でも出ています。
 
  
 
当店で扱っているMEYLE(マイレ)製は
 
対策品の改良版(右側)です。
 
耐久性を補う為、左右スグリ(へ型)を減らしています。
 
しかし、ちゃんと乗り心地も考慮して上下スグリ(O型)が
 
一回り大きな設計になっています。
 
下記アームセットで使われているアルミ製のブラケット本体の
 
形状は違いますが、使っているブッシュは同じです。
 
リビルト商品で取り扱っている大まかな車両として
 
ポロ9Nの他に
 
ゴルフ5、ゴルフ6、トゥーラン、ティグアン、シロッコ
 
ジェッタ パサート3Cなどがございます。
 
適合確認などは、本店お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
 
  

2018年2月23日(金曜日)

ドアミラー 故障原因の一つ

カテゴリー:  | 16時12分15秒
ドアミラーの故障原因
 
ドアミラーは後方を確認する為の大切なパーツです。
 
後写鏡として保安部品の一つでもあります。
 
最近、様々な機能が装備されています。
 

 
ミラーの電動調整、ヒーター(曇り止め)、後方からの減光
 
電動開閉、ウィンカー、最近では側面の状況を確認するための
 
モニター(カメラ)が付いている装備などドアミラーの役割は、
 
昔に比べて増えて来ています。
 
下記の写真は、電動開閉が定位置で止まらない症状の接点部です。
 
 
 
よく見ると基盤回路に亀裂(赤丸)が見えます。
 
銅箔はとても薄く、さらに電気抵抗が掛かりやすい取り回しに
 
なっている為、この様な不良になってしまった様です。
 
ヒーター機能も同様に接点不良や回路の亀裂などで
 
動作不能になってしまします。
 
様々な機能が追加される多機能ドアミラー。
 
動作に不良が出て来たら点検、修理を早めに受けましょう。
 
高橋

2018年2月20日(火曜日)

今年も自動車税を気にする時期になりました

カテゴリー:  | 18時05分36秒

毎日寒い中、皆さんはどうですか?
北海道は今年雪が多いですね!
そんな中、ナンバープレートを付けたまま雪の中に放置しているお車や廃車を考えている
使用中のお車はありませんか?
3月に入ると4月から自動車税の納付対象になるので毎年2月後半から3月いっぱいまで
引き取り依頼が混みあいます!
もしもう廃車が決定している場合は今のうちにご依頼されると「抹消が間に合わなかった!」
なんてことは心配いりません。

結構、車検ぎりぎりまで乗りたいので3月後半にきてくれという方が中にはいますが、車検証を
確認したらディーラーに所有権は付いていて結局抹消が間に合わなかった・・・なんてことも。
普通車の場合は4月1日が過ぎても、まあ1か月分くらいの納付で済ませられますが、意外に知られて
いない軽自動車税!
一年分納付で月割の還付が無いことを結構知らない方が多いです。
4月になってから車税どれくらい戻りますか?と聞かれることもしばしば。
戻りませんよと伝えると3月から使って無かったのに・・・失敗した!
しかも税額も上がっているのに〜。
なんてことにならないように今から準備されることをお勧め致します!


2018年2月9日(金曜日)

DIYでハイマウントランプ交換

カテゴリー:  | 08時24分25秒


ハイマウントストップランプとは、画像の赤丸の所のリヤガラスに中央上部に取り付けられた補助制動灯(ランプ)です

先日、通勤で使っているプレマシーのハイマウントストップランプが切れていることを教えてもらい、交換しました。
走っている時はなかなか後ろのことに気が付かないものです。

リアゲートを空けるとランプの裏側に赤い枠の中にカバーがあります。

カバーを外すと上の画像の左側みたいになってます。
後は10mmのナットを外すだけで・・・

こんな感じになります。
右の画像の上が外した物、下がこれから付ける物です。
上の外した物は、よく見ないとわかりませんが割れて水が入っていて、LEDを駄目にしていたため点灯しませんでした。

交換して、ちゃんと点灯するようになり一安心です。

制動灯(ストップランプ)と連動しており、ブレーキング中であることを車両中心から後続車両に知らせることで、追突防止に効果があるとされている安全装置のひとつです。
 

日本では平成18年より義務化されており、製造される全ての車両にハイマウントストップランプが装備されています。

車種によっては自分で交換できるものもあると思います。
もし、切れていたら、DIYで変えてみるのも有りかと思います。

小山


43 queries. 0.140 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔