メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  ガラスコーティング  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2020/07
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2020/08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ポロ 6N ドアキーシリンダー修理

次の記事 >

マスク着用でのご来店をお願いしております。

ジャガー X-TYPE 鍵が抜けにくい症状

エンジン停止後にキーシリンダーから鍵が抜けにくいことが多発しているという症状のジャガーです。

 

ジャガーの鍵は棒状の独特な形状なので、すり減ったことにより動きが悪くなっているのかと思いましたが、Pレンジに入っている状態でシフトレバーを少し上に押し付けると鍵が抜けてくることから、シフトレバー根本のロック解除スイッチが故障しているようです。

 

シフト廻りを取り外して内部を確認すると、マイクロスイッチを固定しているロックピンが折れてスイッチが斜めになっていました。 スイッチが斜めになったことにより、ON・OFFがうまく作動していなかったようです。

 

ロックピンはシフトレバーユニットと一体物なので、修理するにはシフトレバーユニットAssy交換が必要になるのですが、この程度でAssy交換になってしまうのは勿体ないので修理することにしました。

 

マイクロスイッチを接着剤で固定してしまうのが簡単なのですが、そうなるとスイッチ本体が故障した時に交換が困難になるので、本体を少し加工してボルトで固定することにしました。

 

細いボルトが見つからず、手持ちのカーオーディオを分解してボルトを確保。 固定することが出来ました。 ロック解除もスムーズになり、鍵が抜けなくなるということは無くなりました。

 

シフトレバーをPレンジに入れる際に強くレバーを押し付けるとまた壊れてしまう可能性があるので、オーナーにはシフトレバー操作に注意して頂くよう伝えて納車しています。

 


前の記事

ポロ 6N ドアキーシリンダー修理

2020-06-02

次の記事

マスク着用でのご来店をお願いしております。

2020-05-29

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ポロ 6N ドアキーシリンダー修理

次の記事 >

マスク着用でのご来店をお願いしております。

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔