メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2021/09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

シトロエンC5フロントロアアームブッシュ交換作業

次の記事 >

パサート 3C V6 3.6 突然のエンジン不調

レンジローバー3rd L322 ミッション変速不良

夏の暑い時期にしばらく走行していると、変速固定になりその後調子が良くないレンジローバーです。オーナーの要望からATFとATFクーラーの交換を行います。

 

入庫時に試乗したのですがどうも様子がおかしい。スタート時に力が無いというかミッションが滑っているような感じがします。ATFはかなり汚れていましたが、コンタミフィルターが詰まることはありませんでした。油温が大分上昇していたような雰囲気はありますね。

 

ATFクーラー交換。ホースがなかなか抜けない・・

 

その後色々と点検すると、ニュートラルスイッチ(インヒビター)の一部に通電されていない個所があることがわかりました。

 

スイッチの価格を調べると純正は10万円以上します。これはもう修理ですね。非分解ですが、リベット止めなので削って蓋を開けてみます。

なかなか導通してくれません。

基板のパターンも順番通りではないという不思議構造。あれやこれやと色々と作業し、ついに復活。銅板がまだ生きている状態だったのが幸いでした。 接点グリースを塗布して取り付け試運転します。

 

 

1速スタートするようになったので、力強さが復活。5速までしっかり変速することも確認。ミッションも滑っているような感じはありません。これでしばらくは大丈夫だと思いますが、将来的には交換が必要になってしまうと思います。

 

 

 


前の記事

シトロエンC5フロントロアアームブッシュ交換作業

2021-01-29

次の記事

パサート 3C V6 3.6 突然のエンジン不調

2021-01-20

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

シトロエンC5フロントロアアームブッシュ交換作業

次の記事 >

パサート 3C V6 3.6 突然のエンジン不調

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔