メニュー
HOME 輸入車パーツ販売整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要/経営理念 プライバシーポリシー アクセス お問い合せ  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

< 前の記事

ボルボXC70 AWD 燃料漏れ修理

次の記事 >

アウディQ3 DSGフルード ブレーキローター・パッド交換

メルセデスベンツ W211 ABS ESP警告灯

ABS、ESP警告灯が点灯し正常に走行することが出来ない状態で入庫したW211です。

 

点検を行うとABS,ESPに関するエラーコードも発生していますが、それ以外にも数十個のエラーコードが出ています。大体の予想は付きますが、電圧不足によるものですね。オルタネーターを点検すると、充電電圧が発熱量に比例して下がっていくという状態でした。

 

ABS、EPSはリアのスピードセンサー故障ですが、センサーだけではなく磁力を発生させるためのリングも錆による影響で交換が必要でした。

 

リアドライブシャフトは左右ともに錆転換後に塗装しリングを組付けしています

 

フロントドライブシャフトはブーツ破れのためにブーツ交換。カシメ取り付けという独特な構造です。

 

作業後は全てのエラーコードも消えて快適になりました。ドライブシャフトが錆で痩せてしまうと、リング取り付けが出来なくなるので、その場合にはドライブシャフトAssy交換が必要になります。

 

 


前の記事

ボルボXC70 AWD 燃料漏れ修理

2021-12-01

次の記事

アウディQ3 DSGフルード ブレーキローター・パッド交換

2021-11-19

[PR]

[PR]

TECH+の北翔からお知らせ

ガラスコーティング承ります

詳しくはこちら >>

[PR]

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ボルボXC70 AWD 燃料漏れ修理

次の記事 >

アウディQ3 DSGフルード ブレーキローター・パッド交換

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔