メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  ガラスコーティング  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2020/10
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2020/11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ボルボV60 車検整備

次の記事 >

BMW E90 325i 車検整備

メルセデスベンツW124 4MATIC エンジン不調

走行中に急に調子が悪くなり走行出来なくなってしまったW124。 出先のディーラーで点検すると、6気筒のうち2気筒の圧縮が異様に低く、ほぼ機能していないという状態。 オーナーも心当たりがあるようで、エンジンオイル交換をしばらく怠ったことが原因のようです。

 

 

エンジンオイルを交換すると、とりあえずは走行できるようになったので当店までは自走で来店。 点検すると3,4,5番シリンダーの圧縮がかなり低いです。 カメラでシリンダー内部を確認したのですが、縦傷は入っていない感じですね。 ヘッド側に問題がありそうです。 シリンダーヘッドを下し確認してみます。

 

 

バルブをよく見ると何かおかしい。 シート面の当たりがずれています。 圧縮の一番低い5番は隙間が目視で確認できるほどです。

 

 

バルブを抜くと  

 

 

おおっ!

 

 

おおおっ!?

 

 

 

曲がってる。 排気側が6本全て曲がっています。 圧縮のあった1,2,6番も曲がっていました。 バルブスプリングには問題なかったので、バルブがバルブスプリングに追従できずピストンと干渉してしまったことが原因です。 オイル劣化による潤滑・冷却不足が引き起こした現象だと思われます。

 

 

 

エンジン全オーバーホールするとなると、ピストンからバルブ、コンロッドまで交換となりそうなので在庫してあった中古エンジンに載せ替える予定です。

 

 


前の記事

ボルボV60 車検整備

2018-10-25

次の記事

BMW E90 325i 車検整備

2018-10-16

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ボルボV60 車検整備

次の記事 >

BMW E90 325i 車検整備

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔