メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


営業日カレンダー
2019/05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

BMW E46 エンジン始動不良

次の記事 >

ボルボ V70 助手席足元から異音

アルファロメオ156 ステアリングを切ると異音

ステアリングを切ると、何かが擦れるような異音が発生している156の点検修理依頼です。 入庫した156にはナルディクラシックが取り付けられていました。 最近めっきり見かけることがなくなってしまったので、非常に懐かしいです。 ちなみに私はMOMO派でした。

 

 

早速点検するとギコギコという感じの音。 車体を上下に揺さぶっても音が発生します。  原因はロアアームボールジョイントでした。 ガタ付きは無いのですが、錆びとグリース切れによる異音が発生しています。 お皿洗いをした後に、お皿がキュキュっとするのと同じ現象ですね。 油分が足りません。

 

 

取り外したロアアームのボールジョイントを潤滑させて動きをスムーズにさせ再利用出来ないかと試みたのですが、やはりボール部分が緩くクタクタになってしまい再利用は不可能でした。

 

 

156はボールジョイントとアームが一体型なので、アーム一式交換となります。 その他にタイロッドエンドにガタ付きが発生していたので同時に交換しました。 

 

 

 

サイドブレーキも錆よりレバーのロック具合が不調で、ワイヤー交換も行っています。

 

 

トー調整の依頼もあったので測定と調整を行いましたが、左側はかなりのトーアウト。 ステアリングセンターは右下がりの状態でしたので、全て調整を行い作業終了です。 マニュアル5速でステアリングはナルディ。 運転が楽しそうな156なので、今後もずっと乗り続けて頂ければと思います。

 

 


前の記事

BMW E46 エンジン始動不良

2019-03-04

次の記事

ボルボ V70 助手席足元から異音

2019-02-25

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

BMW E46 エンジン始動不良

次の記事 >

ボルボ V70 助手席足元から異音

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006 株式会社北翔