メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2021/02
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

年始は1月5日から営業開始致します。

次の記事 >

ルノートゥインゴのエンジンオイル交換

BMW F20 ヒーターが暖かくない ヒーターコアの目詰まり

ヒーターが暖かくならないとのことで入庫したF20です。 ヒーターバルブやフラップモーターに問題がないことからヒーターコアが目詰まりしている可能性が高い状態です。

 

 

運転席側のヒーターがあまり暖かくならない状況。ヒーターコアから距離のあるドア側の吹き出し口はかなり温度が低くなっていました。

 

まずは洗浄してみて様子を見ます。

 

 

洗浄液をポンプで循環させただけではほぼ何も変化がありませんでしたが、若干圧力を加えると洗浄液が濁り始め目詰まりの原因と思われる物質が排出されてきました。

 

3時間ほど洗浄し組付け。 温度状況は改善はされましたがまだ低いですね。風量を全開にすると温度はまだ下がってしまいます。

 

状況をオーナーに伝えると、ヒーターコアを交換してくださいとの返答。 事前に洗浄と交換については打ち合わせしていたので、ヒーターコアを取り寄せし交換作業に入ります。

 

表面上の見た目は綺麗なヒーターコア。 目視では内部にも特に詰まっているようには見えません。息を吹きかけると反対側からはスムーズに空気が排出されます。 下側のコアが取り外したものです。

 

組付け後は運転席、助手席ともに温度が上昇。風量を最大にしても暖かい風が出てきます。ドア側の吹き出し口も同様で、暖かい風が出てくるようになりました。 クーラントは全量交換です。

 

ヒーターコアはまだ切断していませんが、昨年作業した状況と同じようになっていると思われます。日本は冬になると気温が下がるのでヒーター温度が低いとすぐに気が付きますが、年中夏のような国で使用している場合には、ずっと気が付かないかもしれませんね。


前の記事

年始は1月5日から営業開始致します。

2020-12-29

次の記事

ルノートゥインゴのエンジンオイル交換

2020-12-25

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

年始は1月5日から営業開始致します。

次の記事 >

ルノートゥインゴのエンジンオイル交換

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔