メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2022/01
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2022/02
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

年始の営業日は1月5日(水)からとなります。

次の記事 >

ルポ 6X 車検整備

BMW E60 オイル漏れ修理、ATF交換

12ヵ月点検時にオイル漏れが見つかり、修理入庫したE60 525iです。漏れ箇所はオイルクーラーシールとエンジンオイルエレメントハウジングシールからですね。

 

N52型エンジンはシール交換にインテークマニホールドの脱着が必要ありません。

 

ATF交換。スリーブからATFが漏れているので、スリーブも同時に交換します。

 

オイルパンの締め付けトルクは10Nm。以前ZF製ミッションでトルクスビットの先端が折れてしまうほどボルトが締め付けられていたことがあり、バイスブライヤーも歯が立たずタガネで全てのボルトを緩めるということがありました。オイル漏れを懸念しての締め付けだと思いますが、締め付け先が樹脂やアルミの場合にはむやみに締め付けしてしまうと破損や歪みの恐れがありますので、トルク管理は非常に重要です。

 

スタビライザーリンクとエキスパンションタンクキャップも交換しています

 

今回のオイル漏れはまだ症状が軽症でしたのが、ガスケット・パッキン類が硬化し密閉性を失うと、かなりの量が漏れ出してきます。最近の車輛はアンダーカバーが大型になり、漏れたオイルがカバーに堆積し地面に垂れてくる頃には相当な漏れ方をしていることがあります。現在様子見している方は定期的にチェックして交換するタイミングを判断されたほうが良いと思います。

 


前の記事

年始の営業日は1月5日(水)からとなります。

2021-12-29

次の記事

ルポ 6X 車検整備

2021-12-28

[PR]

TECH+の北翔から新サービス

ガラスコーティングはじめました

詳しくはこちら >>

[PR]

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

年始の営業日は1月5日(水)からとなります。

次の記事 >

ルポ 6X 車検整備

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔