メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  ガラスコーティング  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2020/07
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2020/08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ボルボ V70 フロントサスペンションから異音

次の記事 >

ボルボ XC90の点検

BMW E90 サスペンションリフレッシュ

フロント・リアショックアブソーバーとアーム類交換の依頼で入庫したE90。 フロントサスペンションはほぼ一式交換です。

 

 

フロントストラットはオイル漏れが発生しています。 このストラットは内部にスプリングが内蔵されており、伸び側にスプリングの力が作用するようになっています。 車体が大きくロールするような状況で効果が発揮されロール量を抑制することにより、車体が安定するようになっています。 スタビライザーと似たような効果があるということですね。 本来はロールを押さえる効果が目的なのですが、オイル漏れが起きた状態でも伸び側にスプリングの力が作用するので、オイル抵抗による減衰力が低下してもスプリング抵抗のおかげで車体の揺れが何時までも残っている状態が軽減されます。

 

 

一般的な乗用車のショックアブソーバーはオイルとガスがショックアブソーバー内部に封入されているので、スプリングを取り外すとガスの圧力で自然とショックが伸びてくるのですが、このタイプは内部スプリングの抵抗によりショックが縮んでいくので、かなりスプリングを縮める必要があります。

 

 

フロントはストラット、ストラットマウント、バンプラバー、スプリングパッド、ロアアーム、スタビリンク、タイロッド・ラックエンド

 

 

 

リアはショック、ロア・アッパーブッシュ、スプリングパッド。 ショックアブソーバーの下側は塗膜により錆が見えにくかったのですが、塗装を剥がすと錆の進行が進んでおりました。

 

 

アライメント調整を行い試運転しましたが、元々しっかり整備されていた車輛でしたので一般道での差は微妙でしたが、高速道路などではかなり安定した挙動になると思います。

 

 

  

 

 


前の記事

ボルボ V70 フロントサスペンションから異音

2018-06-25

次の記事

ボルボ XC90の点検

2018-06-21

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ボルボ V70 フロントサスペンションから異音

次の記事 >

ボルボ XC90の点検

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔