メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2021/09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

BMW F30 オイル漏れ修理

次の記事 >

BMW E90 オイル漏れ修理

メルセデスベンツ W212 リアエアサス故障

リアの車高が上がらなくなったとのことで入庫したW212です。

 

点検していくと、エアーポンプが作動していない様子。 原因がわからずさらに色々と点検すると、エアーポンプの配線が切れていました。 リアをどこかでヒットしたようで、その時に切れてしまったようです。

 

ハーネスを修理し接続すると、ポンプが作動し車高が元に戻り一安心でしたが・・・

 

一晩明けるとこの状態。 ハイトセンサー、バルブブロック、エアポンプからのエア漏れや動作不良は無いので、エアサス本体からのエアー漏れだと思われます。 エアサスに洗剤を吹き付けるもダストブーツのおかげではっきりと確認することが出来ず、一旦取り外します。

 

外れない。 何故か全然外れてきません。 仕方が無いのでアームごと取り外します。

 

原因はロアアームとエアサスの間にみっちりと詰まった泥。 泥圧着圧入状態。

 

清掃後にエアーを入れて洗剤を吹き付けるとやはりエアー漏れしていました。

 

早速エアサスを取り寄せして交換します。 当店取り扱いのW212用アーノットのエアサスには、アダプターとクリップが付属してきます。

 

左右のリアエアサスを交換し、キャリブレーション。 かなりお待たせしてしまいましたが無事に全て完了しました。

 

ちなみに取り外したエアサスのダストブーツを外し、エアーを入れてみるとこんな感じ。 バイ〜ンと伸びます。 ベローズが内側に折りたたまれた状態が正常な形なので、伸ばしてしまうとすんなりと元に戻りにくくなります。

 

 


前の記事

BMW F30 オイル漏れ修理

2020-05-13

次の記事

BMW E90 オイル漏れ修理

2020-05-07

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

BMW F30 オイル漏れ修理

次の記事 >

BMW E90 オイル漏れ修理

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔