メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  ガラスコーティング  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2020/08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2020/09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

アウディQ7 ABS EPS警告灯点灯

次の記事 >

アウディTT ブレーキローター交換

ジャガーXタイプ ノックセンサー交換

エンジン警告灯が点灯し、変速時にショックが出るという症状のXタイプです。 点検を行うとノックセンサーが故障しており、それが原因で症状が出ているようでした。

 

ノックセンサーはインテークマニホールドの下に取り付けられています。 点検にクーラント漏れとエンジンオイル漏れも見受けられたので、パッキン類も同時に交換します。

 

クーラントが漏れて溜まり、赤い色になっています。

 

ノックセンサーを取り外すにはクーラントエルボパイプを外すのですが、通常の工具ではボルトを外すことが不可能なので、10mmのコンビネーションレンチに犠牲になってもらい工具を加工しました。 一応自作SSTです。

 

ノックセンサーです。 ノッキング時のエンジンの振動を感知し、点火時期の調整を行います。

 

交換後はエンジン警告灯も消えて快調になりました。 ノッキングは低速時のノッキングはまだ良いのですが、高速時やエンジン回転が高い状態で発生するノッキングは非常に危険です。 低速時には明らかに聞こえるカリカリという音。 高回転時にエンジン本体の騒音もあるので気が付きにくいのですが、チリチリというような音がします。 このような音が発生した際のエンジンの振動を検知して、点火タイミングを調整し、ノッキングを解消するのがノックセンサーです。 故障するとノッキングが出た際の調整が出来なくなってしまうので、最悪エンジンが壊れることもあります。 あまり交換する機会が少ないパーツですが、故障した時には早めの対処が必要です。 

 


前の記事

アウディQ7 ABS EPS警告灯点灯

2020-07-21

次の記事

アウディTT ブレーキローター交換

2020-07-16

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

アウディQ7 ABS EPS警告灯点灯

次の記事 >

アウディTT ブレーキローター交換

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔