メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/03
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2021/04
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

BMW X3 xDrive20dの車検整備

次の記事 >

BMW E61 オイル漏れ修理

パサート3Cヴァリアント エンジン不調

走行中に突然エンジンが不調になり入庫してきました。信号待ちでエンジンの調子が悪くなり、走行するもエンジンがストールしたりハンチングしてしまう状態。なんとか自力で当店までご来店されました。

 

実際に走行テストを行うとハンチングしてしまうので、アクセルを常にON・OFFしているような状態。停車すると安定。停車状態でアクセルを踏み込むと綺麗にエンジンが吹け上ります。スロットルボディーのエラー履歴が残っていました。翌日朝一の冷えている状態でエンジンを始動すると直後にストール。その後は安定し始めたので色々と点検します。

 

結果的にスロットルボディーのハーネスが原因でした。内部で断線しかけているのかコネクターの接点が悪いのかまではわかりませんでしたが、ハーネスを少し修正するとエンジン不調が直りました。一時的に直っている状態と考えられるので交換します。

 

 

納期に時間が掛かりましたがハーネス付きコネクターに交換します。ハンダ接続と収縮チューブで保護します。

保護テープをほどきハーネスを確認しても被覆が硬化して割れている状態ではありませんでした。

 

エンジン付近のハーネスですが、大きく熱が加わるような個所でなく見た目は問題ありません。触った感じも柔軟性がまだあります。発熱量の多いエンジンなどでは熱による硬化でハーネスがパリパリになることもあるのですが、今回は何故にこのようなことが起きたのか不明です。ワーゲン・アウディ系は場所によってハーネス劣化により接触不良を起こすことがあるので要注意ですね。


前の記事

BMW X3 xDrive20dの車検整備

2021-02-17

次の記事

BMW E61 オイル漏れ修理

2021-02-12

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

BMW X3 xDrive20dの車検整備

次の記事 >

BMW E61 オイル漏れ修理

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔