メニュー
HOME 輸入車パーツ販売整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要/経営理念 プライバシーポリシー アクセス お問い合せ  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

< 前の記事

BMW E65 ラジエーターホース破損

次の記事 >

PTクルーザー タイミングベルト交換

ニュービートル(9C)サーモスタット交換

ニュービートルのサーモスタット交換(エンジンAWU)をしました。

 

交換に至る経緯は、走行中冷却水温上昇の警告灯が点灯したため。

 

診断機による測定を行うと、120℃を超えていました。


ラジエーターロアホースを触ってもぬるい状態なので、サーモスタットが開いてないことと判断しました。

 

 

このエンジンのサーモスタットの場所は、前側のオルタネーターの裏側にあります。


写真の黄色い矢印の所で、上下2個のボルトでサーモケースハウジングの内部に収まっています。

 

取り外すにはオルタネーターの配線が邪魔をするので、先ず赤い矢印の所を外すとボルトが見えるようになります。

 

ハウジングを取外すとサーモスタットが収まっています。

 

今回は、サーモスタットとプラスチック製品で出来ているサーモケースハウジングも劣化で変形や破損の恐れがあるので、同時交換しました。

 

交換後は、クーラント入れ、エア抜きを行い、診断機を使い水温を確認すると95℃前後で安定しました。

 

最後に、水漏れの確認をして作業の終了です。


前の記事

BMW E65 ラジエーターホース破損

2017-08-08

次の記事

PTクルーザー タイミングベルト交換

2017-08-04

[PR]

[PR]

TECH+の北翔からお知らせ

ガラスコーティング承ります

詳しくはこちら >>

[PR]

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

BMW E65 ラジエーターホース破損

次の記事 >

PTクルーザー タイミングベルト交換

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔