メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年8月6日(土曜日)

電子キーの電池切れに注意

カテゴリー:  | 17時46分22秒

最近では、車のカギが電子化しています。
“スマートキー、インテリジェントキー”など呼び方は様々です。
その電子キーを持っているだけで、クルマに近づく、ドアノブのボタンでドアの施錠ができたり、キーを差し込まずにスタートボタンを押すだけで、エンジンを始動させることもできる装備です。
  
この電子キーの電池が無くなってしまうとドアロック、アンロックやエンジンスタートがいきなりできなくなってしまいます。
定期的な電池交換が必要となります。
市販で売ってる豆電池を買っておくといいでしょう。

電池が切れて施錠やエンジン始動ができなくなってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

電子キーには、内部にカギが仕込まれていることが多いです。

そのカギを引き出して、普通にカギを開けてクルマに乗りこみます。

エンジン始動時には電子キーをプッシュボタンに近づける。
下の画像の場合、レクサスマークをプッシュスタートに近づけます。

もしくは、電子キーのカギをさして、近づけるとエンジンが始動できます。
     
電子キーの反応が悪い時は、電池の交換時期のサインです。

クルマによってはカギが電子キーとは別に用意されている車など車種によっていろいろと対策方法が違います。
電子キーの車の場合、ほとんどがイモビライザー装備車(盗難防止装置)になります。
その装置が作動してしまう車種もあるようですので、
万が一のためにも電池切れの対策をもう一度確認しましょう。

俵谷


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.052 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔