メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年5月31日(水曜日)

登録識別情報等通知書は重要です

カテゴリー:  | 23時30分27秒

お車を一時抹消・・・ナンバーを返却し使用中止した状態
のお車を廃車(解体)する場合は抹消した際に発行される登録識別情報等通知書が必要になります。

登録識別情報等通知書とは昔で言う一時抹消証明書のことでこの状態ではまだ一般で言う廃車ではありません。
簡単に言うと中古車販売店に並んでいるナンバーの付いていない車と同じような状態です。

ですので新規登録(新たに車検を取ること)することが出来る状態です。
この状態であれば使用中止しているので自動車税はかかりません。
しかし解体していないので重量税還付は受けられません。

よくあるのがこの状態はもう廃車にしたことと思い登録識別情報等通知書を捨ててしまう方がいらっしゃいます。
この証明書は解体抹消や、また車を使用する場合は必ず必要になりますので絶対になくさないように
お願いいたします。

その他によくあるのが車を買ったお店から残債がなくなった時点でもらえる所有権解除書類を
所有者変更せずに紛失してしまうケースもよくあります。

この所有権解除書類は使用期限がありそれまでに自分の名義に変えてしまえば問題ないのですが
そのままにしておくと後々大変なことになりかねません。

お車を抹消するときには所有者からの書類が必要になりますが特に困るのが所有権を持っている
販売店が倒産してしまって連絡が付かないというケースがあります。

この場合、破産管財人がわかればよいのですがそれには法務局に出向いて調べたり、運よくわかっても
書類を出してもらうのに結構な金額がかかるらしいです。

そのような事態にならないためにも車検証の所有者欄を今一度確認し、ローンが支払い終わっていれば
所有権解除書類を発行してもらえるのですぐに変更することを強くお勧めいたします。

当店では相談に乗ることは出来ますがその状態でのお手続きは対応できませんのでご了承ください。

というかどの業者さんにも断られると思います。
それほど面倒で大変なことです。

石垣

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.024 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔