メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年7月24日(火曜日)

オートレベリング機能

カテゴリー:  | 18時12分36秒

オートレベリング機能とは,ヘッドライトの光軸を自動で調整してくれることで、
例えば、乗員や荷物によって車両姿勢が変わっても、ヘッドライトの光軸を自動的に一定の高さに保つ機構。
オートレベライザーとも呼ばれます。
2006年1月の灯火器技術基準改正で、ディスチャージヘッドランプ(HID)標準装備車は
オートヘッドライトレベリング機能(自動光軸調整機構)の搭載が自動車メーカーに義務付けられました。
ハロゲン車についてはマニュアルレベリングなので、光軸調整のダイヤルが運転席付近にあると思います。

ヘッドライトがHID標準装備の車(2006年1月以降)は光軸調整のダイヤルはほとんどありません。

サスペンションアーム等にレベリングセンサーが取付けられていて、フロントとリア、もしくは、リアのみに付いている場合があります。

車高調やローダウンサスを装着して車高を下げると、車体が沈む、荷物が積んでいると誤認識してヘッドライトの照射範囲を下げてしまい、夜間の走行に影響があります。

車高を下げている車に関してはディーラーなどでオートレベリング機構の初期化と、ヘッドライトの光軸調整をお勧めします。
 

俵谷


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.026 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔