メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018/10
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018/11
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年7月31日(火曜日)

ドライブシャフトブーツの定期点検

カテゴリー:  | 09時07分02秒

自動車のFF車(フロント駆動)や4WD車に使われている

フロントドライブシャフト(駆動系の部品)の外側ブーツは、

ステアリングの切れ角や高速回転により伸縮を常に繰り返しています。


そのため、ゴム製品で作られているシャフトブーツは使用年数や走行距離が

増えてくると、経年劣化によりひび割れが生じてきます。

また、そのまま使用し続けると破れてしまい、潤滑剤(グリス)が漏れて、

ジョイント内部の摩耗が早まります。

 
タイヤの裏側部分のため気付かれることが少なく定期点検整備などで

ブーツのひび割れ状態を確認してもらい問題がありそうなら、切れる前に

早めの交換をおすすめします。

内側ブーツも外側ブーツ程の頻度ではありませんが同時に

点検して貰いましょう。

 
破れてグリス切れ状態のまま走行すると、ジョイント部分が減ってしまい

ハンドルを切ると「カリカリ」とした様な音が出始めた場合、

ドライブシャフト本体又はアウタージョイントの交換になります。

停車状態での据え切りをしない事や駐車中もハンドルを直進状態にすることで、

ブーツに無理がかからずに長持ちできるのではないでしょうか。

高橋


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.025 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔