メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/10
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/11
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2019年10月7日(月曜日)

車のドアハンドル、グリップ型が増えた理由とは?

カテゴリー:  | 18時58分45秒

車のドアについているハンドル、(開けるところ)
ひと昔前は手を下からひっかけて引き上げる「フラップタイプ」が主流でした。
しかし、昨今のラインナップを見ると多くの乗用車がバーを握って引く
「グリップタイプ」を採用しています。


さて、このドアハンドルが変化した理由は次のうちどれでしょうか?

A.デザインがかっこいいから
B.スピードが出るから
C.雨の日でも開けやすいから
D.車高が大きいから

【答】 D.車高が大きいから

近年、ミニバンや軽自動車のトールサイズ化(背が高い車)が進み、
車高が大きくなる傾向にあります。同時にドアハンドルの位置が高くなるケースが増えたため、
ハンドルの上からでも下からでも開けやすいグリップタイプが用いられるようになりました。

グリップタイプのドアハンドルにこだわり、採用し続けてきたのがフォルクスワーゲンです。
その採用の理由に以下のようなことを上げています。
まず万が一の時でも、バーの部分にロープをかけて引っ張ることでドアをこじ開けることが出来る
という安全上の理由。
そして、もう一つが寒い冬に手袋をしたまま、簡単にドアを開けられるという理由です。
いかにも合理的で、また寒さが厳しいというイメージのドイツらしい理由ですね。

一方で空気抵抗の少ないフラップタイプは、現在でもスポーツカーなどに採用されています。


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.020 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔