メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2019/10
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年7月22日(月曜日)

ボルボ V70R のパーツ交換を行いました。Part2 交換編その1

カテゴリー:  | 08時34分29秒

前回の準備編から今回は交換作業編です。


今回の作業で大掛かりなサブフレーム交換では、ストラットやハブナックルを
取外し、作業性をよくしました。


ステアリングギアBOXもサブフレームに固定されていますが、固定ナットと遮熱板だけを外し
車輌側に残した状態にして、エンジン・ミッションはボンネットを外しクレーンで
吊り上げた状態にしてマウントから分離、サブフレームを交換することが出来ました。
 
 

ステアリングギアBOXのラックエンドとラックブーツはサブフレームを外す前、先に交換し
フレームを付ける前にラックブーツの固定バンドをギアBOXが丸見え状態の時に
締め付けして置きました。
 
 
 

その後、事前に組み上げて置いたストラット、ハブナックルを取り付けスタビライザーリンク
タイロッドエンドを取り付けました。
 
 

キャリパーはフロント、リア共にピストンシールを交換するため分解したところ
固着や引きずりまではしていませんがフロント左のシリンダーに錆があり
ピストンにもメッキの剥がれがあったため、在庫のキャリパーを利用してピストン交換し
シリンダーの錆を落して組付けました。
 


V70RのリアキャリパーはV70II型と同じシールキットで通常(純正や社外品)では
購入することができず、キャリパーAssyの交換になるのですが当社ではリビルト商品用に
開発したシールキットを使いオーバーホールすることが出来ました。

続きはまた次回にします。

準備編はこちらから→クリック

交換編その2はこちらから→クリック

 

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.022 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔