メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年3月6日(木曜日)

インシュレーターの役割

カテゴリー:  | 08時36分47秒

車に使われているインシュレーターは防音、防熱、防振などのために様々な所に
貼り付けされています。

主にボンネット、ドア、ルーフ、フロア、バルクヘッド(エンジンルームと室内を仕切る壁)で
一般的に目にするのはボンネットフード裏に付いてる部品で
エンジンの騒音を外部に漏れないようにしたり、熱を防ぎ塗装を傷めないようにするためです。

 

ドアやルーフは逆に外部からの騒音(雨音など)やドアの開閉時、パネルの振動を防ぐのに
役立っています。

また、フロアやバルクヘッドは室内カーペットとフロアの間に挟まれる様に
取り付けられて(一部エンジンルーム側も有り)、エンジンの熱や外部からの騒音を遮断し
ドライブ中の快適性、静粛性を保っています。

 

特にボンネットインシュレーターはガラスウールのような物で成型されている
部品が多いのですが一部の車種では
スポンジタイプで直接ボンネット裏に糊付けされているものは
経年劣化でボロボロになり剥がれてしまい、本来の機能が損なわれたり
エンジンルームが汚れてしまいます。

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.018 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔