メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2015年3月25日(水曜日)

BMW E30 タイミングベルト交換

カテゴリー:  | 12時36分22秒

今回のE30エンジンはM20型2,493ccでカムシャフトの駆動にタイミング・ベルトを
使用しているため、交換を行いました。

 

タイベルまでに到達するには、フロント部分が狭いのと
ウォーターホースがタイベル・カバーに被さっているため
ラジエーター、ホース、クーリングファンを外してからの作業となりました。

 

その後、カムシャフトの同軸上に設置されているデストリビューターキャップ
ローターとボルト6本で固定されているクランクプーリーを外し
タイベル・カバーを取り除くと、タイベル全体が見えてきました。

 

タイミング・ベルトを外す前に、クランク側とカムシャフト側の
合わせマーク(1番圧縮上死点)を合わせてから、ベルトテンショナーを
縮めてベルトを外しました。

 

タイミングスプロケットとその周辺を清掃後、ベルトテンショナーを交換し
新しいタイミングベルトを取り付け、一度テンショナーを張ります。

 

次に、スパークプラグを外してクランクシャフトを2回転し、ベルトのずれを修正後
再度テンショナースプリングの張力だけで、タイベルを調整します。

 

ベルト交換終了後は、外したパーツを取り付け作業の終了です。

ちなみに、このエンジンは、タイミングベルトが切れてしまうと
ピストンと吸排気バルブが干渉するタイプなので、定期的に点検したほうがいいでしょう。

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.030 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔