メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2015年6月24日(水曜日)

締め付けは確実に!

カテゴリー:  | 08時48分39秒

とある欧州車のセルモーターの写真

このセルモーターの取り付け位置は上下の2ケ所。

1番、上側は六角ボルトでとめられている。

しかし2番、下側はボルトでとめられていない

おそらくセルモーターの交換時に、固定ボルトの締め付けトルク不足によって脱落したものと思われる。

固定ボルトの締め付け時に、手元がとても狭く作業が非常にやりづらい状況だった為に、ボルトの締め付けが甘く、エンジンスタート時のセルモーターの振動やエンジン稼動時の振動で徐所にボルトが緩み、脱落したものと思われる。

しかし、ボルトが1ケ所止められていないにも関らず、通常通りの始動が出来ていた。

もしこれが、もう片方のボルトが緩んでしまったら、セルモーターのギア部分とフライホイールの外周にあるリングギアが当る部分にずれが生じて、エンジンの始動が出来ない(クランキングが出来ない)か、セルモーターの構造によっては双方のギアを破損させる可能性があります。

もしリングギアが欠けて交換をするとなると、大出費になってしまう場合があります。

締め付けにくい場所ほど、細心の注意を払って、しっかりと締め付けなければいけませんね!

 

 藤村


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.025 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔