メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2015年12月8日(火曜日)

メルセデスベンツ S124 4MATICのミッション・トランスオーバーホール

現在販売中のパル吉ことベンツS124ですが、ついにトランスミッションと

トランスファーのオーバーホール(OH)を実施しました。

トランスミッションは722.3型の機械式4速オートマチック。

トランスファーが付いているので巨大です。

トランスファーとミッションを分離し、OH開始。

シールやクラッチフェーシング類を全て新品に交換。ブレーキバンドも新品です。

S124のトランスファーですが、前輪に駆動を配分する仕組みが油圧です。

多板クラッチフェーシングを使用したシステム。

簡単に説明すると、後輪のスリップを検知すると油圧スイッチが入りトランスファー

内部に油圧が発生。 その油圧の力でクラッチフェーシングを圧着し前輪が駆動

するようになります。 ややこしそうですが、内部の構造は単純です。

しかしOHするのが難しい。 単純なのに難しいという泣きたくなる構造。

OHの終了したトランスミッションとトランスファーを接続させ、車両に搭載します。

走行テストは良好で、 ニュートラルからリバースヘシフトした際の

タイムラグも短くなり良い感じです。

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.024 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔