最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


カレンダー
2020年 2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
月別過去ログ
営業日カレンダー
2020/03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2020/04
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2020年2月14日(金曜日)

楽天の3980円 送料無料について パルカの見解

カテゴリー: @|@13時55分10秒

皆様ご存知かと思いますが、楽天は3月18日より3980円以上購入した場合 沖縄県を除き送料無料を実施すると社長の三木谷さんは発言されています。
 
 送料を無料にすると言っている楽天が送料を負担するわけではなく、商品販売先が全て負担するという意味です。
 そして三木谷さんは 販売店に送料分を上乗せすればよい! と言われています。

さて、果たしてこれでお客様も販売店もメリットが上がるのでしょうか?

弊社も楽天を利用していますから、3980円以上送料をお客様から頂けないですと、大幅な減益になりますから、そのままにしては置けません。
 3980円から20000円くらいまでの商品を一律送料分価格に上乗せすることになります。
例えばこのようこの様な価格になります。

 
​今まで4000円の品 送料分を上乗せして 5000円から5200円にすることになります。

送料分も何処の方に購入していただけるか分からないため、遠方の方向けの送料を上乗せすることになります。
なので、近郊の方は更に高くなるのです。

三木谷さんは送料込みで買いやすくなると言っていますが、全体価格は上がるのです。
皆さんどう思われますか?

ちなみに私は、一切「楽天」は利用しません。
利用するのはYAHOOショップがメインでアマゾンは少々です。

 


23 queries. 0.009 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔