最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2011年 2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2019/05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2011年2月25日(金曜日)

♪ ルスツリゾート いいですよ〜 !

カテゴリー: @|@09時44分02秒

長年仕事上と私情でも大変お世話になっている九州の方と、メールでスキーの話しになり、北海道で一緒に滑ることが決まり、20日から「ルスツリゾート」に行ってきました。

千歳空港までお迎えに行って、そこから支笏湖の横を通って、美笛峠を越えて、ルスツまで軽いドライブ

ルスツについて、ホテルをチェックインして、直ぐにナイターに行きました!

1時間ほどでお腹がすいたので、食事にして、部屋でウィスキーを飲みながら 仕事の話や、社会の話しや、はたまた動物の話しや、家族の話や、海外の話しや、もう飲むのも話しも止まることなく気がつくと12時過ぎ・・・

スキーに来たことを思い出し、寝ることに・・・・

そして翌日の朝外を見ると 快晴 (嬉)

スキー場の頂上までリフトやゴンドラを使って、滑ったり、上ったりしながら行き、眺めると洞爺湖も羊蹄山も、360度絶景のパノラマ・・・

 そこで記念写真を・・・

二人合わせて122歳! 

でも二人とも気持ちだけでなく 体力も同年代には負けてません!

その二人が滑ったのがこんなゲレンデ

景色、雪質、コースレイアウト、何をとっても素晴らしいスキー場でした。

スキーの時だけ私が「師匠」 (笑)

スキーを脱いだら 相手の方が僕にとっての全ての「師匠」

その師匠に20歳の歳の差を感じることの無い お付き合いをしていただいています。

その方とは「来年も来よう!」と約束しています。 

今から来年が楽しみです!

 


2011年2月24日(木曜日)

ハンマーで叩くなんて・・・!

カテゴリー: @|@17時00分37秒

この部品はベンツのスタビライザーリンクです。

最近 整備工場から 取りつけできない! と言われ戻して貰いました。

確認すると、ゴムブッシュの部分にシャフトが入らないと言われるので見てみると、シャフト部分が曲がった状態・・・

叩いた形跡があり、整備工場に聞くと 「ハンマーで叩いた」とのこと・・・・

ハッキリ言ってあきれました・・・・

ゴムブッシュは入るシャフトよりも小さくできているのは当たり前。

それを叩いて入れるなんて、技術者としてありえないことです。

それも硬いシャフトが曲がるまで叩くなんて・・・・・

通常ならブッシュをお湯で温めて、圧入する工具を使って入れるもの・・・

それを叩いて入れようとして、入らないから「不良品!」と送り返してくる整備工場には驚きました。

当社は勿論クレームとしては受け入れません。

取り付け方が間違っている上に、部品を曲げてしまっているからです。

この様な修理工場に修理を依頼したユーザーは災難だと思います。

部品を取り付けするのに、ハンマーで痕がつくくらい叩いて良い部品など、世の中にはありません。

修理工場の腕は資格や見てくれでは分かりませんので、お気をつけください。


2011年2月16日(水曜日)

日本の仕組みでは・・・

カテゴリー: @|@11時12分33秒

日本に存在する国家のあらゆる仕組みが、中小企業に無駄な負担をさせ、国際競争力を不利にさせ、物価を上げてしまう根源だと僕は考えている。

例えば 一つの荷物を海外に輸出したとすると、海外の相手に届くまでいくつモノ許可業者を通過して届けられる。

 だから当然高い!

 当然高いというのは、いくつモノ許可業者を経由するから業者を通過するごとに、価格が跳ね上がる!

その許可を作ったのが政府国家、理由は今で言う 「天下りの就職先確保」

政府が作った自分達側の事情に合わせた業務の重要部分を許可制にして、業者に既得権を与える。

輸出入に関わる全ての許可をもった業者でも、許可実務で価格を算出するし、談合したかのように価格は海外に比べ大幅に高い! 

尚且つ、彼ら業者の顔は取引先ではなく、行政に向けて顔色を伺っている・・・・

また、許可を1つ作ると、政府側もそこには沢山の人が必要とされるから、そこには多額の税金が必要になる。

輸出一つ見ても全てが行政の古い、無駄な仕組みのまま・・・・

こんなことも改善できない日本の政治家・・・(政治家は献金してくれる大手の幹部しか見ないし・・・)

あー日本はどうなってしまうんだ・・・・

日本の政治家さん、社会の勉強してくださいよ〜・・・・

 

 


2011年2月11日(金曜日)

休日出勤は違った意味で辛い・・・・

カテゴリー: @|@09時36分51秒

今日は会社はお休み。

でも遣りたいこと、遣らなきゃならないことがあって朝から会社に来ています。

会社に入り、

事務所のストーブに火を入れ(スイッチを押すだけです)、

電気ポットに電源を入れ、

パソコンに電源を入れて、

メールを立ち上げ、

インターネットを必要なものをいくつも立ち上げている頃にお湯が沸き、

インスタントコーヒーを入れ、

飲みながら自分のウォークマンをスピーカーにつなぎ、音楽を聞きながら仕事を始めると・・・・・・・・

マロンが元気だったころを思い出してしまいました・・・・・・

休日に会社に来ると、いつも音楽を聴きながら、足元もとにはいつもマロンが居ました。

時々起きて冷たい鼻を机に向けている腕に押し付けてくる・・・

撫でて! 遊んで! の意味・・・・・

あの鼻の冷たさが恋しいな〜 

 


2011年2月9日(水曜日)

メルセデスベンツ Eクラス S124 ステーションワゴン TE 4 MATIC

カテゴリー: @|@17時39分22秒

まだまだ人気の Eクラス 124 

この車は当社の車

これから部位ごとに新車の性能に近づけていきます。

それも出来るだけ安く、そして耐久性を追及して

現在13万キロ走行ですが、30万キロ走行可能な車を作り上げます。

会社内で3名でプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト名はまだ出来てません・・・・

リーダーはオリジナルリビルト作成リーダーの大浦

メンバーは中古商品画像と部品の点検を担当している高橋と輸入車部品の販売を担当している藤村英幸の3名です。

この3名がこれから企画を立てていき、部位ごとに整備を行い、その状況を鮮明にホームページでご案内してまいります。

そして出来上がった車は社用車でもあり、お客様にレンタカーとしてお貸しすることも考えています。

ご期待ください!


2011年2月5日(土曜日)

江別市民 鈴木章教授

カテゴリー: @|@10時08分58秒

3月13日に江別市内にある酪農学園大学で 同じ市に住むノーベル化学賞を受賞した「鈴木 章 氏」の講演を聞ける機会が出来ました。

 とても楽しみです。

 発明した内容についてはチンプンカンプンですが、その過程での苦悩や志や夢などの強い気持ちなどが聞けるといいなー・・・なんて思っています。

 人間はとかく 理想を忘れたり、問題を置き去りにしたりしてしまうものですが、偉業を成し遂げた方にとって出来た結果は、偉業ではなく「計画の一部」であったり「常日頃から思っているビジョン」だったりするのだと思います。

 後1ヶ月先が待ちどおしい・・・・

 

 

 


2011年2月2日(水曜日)

ユーザーが知ってたら・・・後から知ったら・・・

カテゴリー: @|@13時58分23秒

業者の方で、当社のホームページやyahooショップで公開している商品を、車のユーザーにいくらで売ったら良いか聞いてくる方が時々居ます。

また、「純正よりかなり安いから儲かる!」と言う業者さんもたまに居ます。

当社では純正部品も僅かですが販売していますが、輸入車の新品部品の大半が社外とかOEMです。

ですから純正に比べて大幅に安いわけですが、その安い部品を純正部品の国内価格と同じ価格で売ったら、それは利益は大きいでしょう。

でも、お客様(ユーザーの方)がネットを見ているかも知れないんです。

もしかして後からでもネットで知るかも知れないんです。

価格について疑問や不信をもたれたら、もうそのお客様は来店されないのでは???

当店は、良いものを安く提供して、車の維持費を削減して、長く、安く、安全に、快適に車に乗ってもらいたいと言うのが理念。

 当社から購入した部品をいくらで売るかは購入した方の自由ですが、当社の部品は全て公開されていることを忘れないでいただければと思います。

 


23 queries. 0.051 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔