最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2011年 12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別過去ログ
営業日カレンダー
2018/11
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2011年12月30日(金曜日)

2011年 お世話になりました。

カテゴリー: @|@13時56分45秒

昨日が会社の仕事納めで、今日は一人で毎年恒例の神棚掃除とお供えに会社に来ています。

その全てを終えて、ネットショップで本日ご購入いただいた商品の在庫変更などを行なって、一段落したところです。

今年も明日で終わりです。

2011年も色々なことが起きました。 そして起こしました。

車のレストアを始めたり、オリジナルリビルトのアイテムを増やしたり、純正部品の取寄せ先を開拓したり、マイレの商品在庫を毎月増やしたり、色々です。

会社体制でも変革はありました。

中古パーツの生産販売は規模縮小して、輸入車新品部品の販売に力を入れる体制に変更しました。

部品の売掛販売は全て止めて、現金販売に変更しました。

電話による受注は全てお断りして、インターネットサイト上からかメールで受けるようにいたしました。

第2第4の土曜日を休日にして休日を増やしました。

徹底したロス改善を行ない残業を一切しないようにしました。

 

毎年何か変革を起こしたり、新しいものを作り出したりしていますが、今年ほど変えた年は無かったかもしれません。

その裏側には悲痛な出来事、辛い判断などいくつもありました。

でも、どんな会社にしていきたいのか考えると、常に決断、実行、決断、実行の繰り返しです。

来年2012年で自分が創業してもう早30年です。

年数は沢山経過しましたが、まだまだ従業員を満足させれるような会社、社会に貢献できる会社にはなれていないのが実態ですが、これからが理想の姿を作り上げていく時期だと思っています。

中古パーツという業界への依存度が大きい事業から、輸入車部品、輸入車のレストアなどのオリジナルのスタイルでのユーザーサービスを展開しはじめてまだまだヒヨコです。

 これからが本領発揮する時期への突入だと思っています。

 愛車を 長く、安く、安全に、快適に を提供する会社としての事業を徹底していきます。

 ブログを読んでいただいた方々、本年は大変お世話になりました。

 2012年もどうぞ宜しくお願いいたします。


2011年12月27日(火曜日)

ねこちゃん わんちゃん 卓上カレンダープレゼント!

カテゴリー: @|@09時08分22秒

 大変大変遅くなりました。

毎年恒例でプレゼントさせていただいている 当社のカレンダーですが、今年も先着10名様にプレゼントさせていただきます。

ご応募の方は・・・・・

応募先 info@s-hokusyo.com

☆ お名前 

☆ ご住所 郵便番号

☆ お乗りの車

☆ 将来乗りたい車!または夢の車!

以上をご記入の上、info@s-hokusyo.com までメールをください。

(先着漏れの方への連絡はございませんのでご了承ください。)

 

では、お待ちしております!

 


2011年12月23日(金曜日)

今シーズン初滑り(^_^)

カテゴリー: @|@18時16分47秒

今年手に入れたレース用のスキーで初滑り(^_^)

夕張マウントレースイスキー場雪質最高(^O^)/

GSスキーの硬さとフレックスが硬いブーツに慣れるまで短いコースを5往復くらい滑って、何となくコツが分かったような(^_^)

雪がもさもさ降る中で2時間で20本くらい滑って楽しんだ(^_^)

走って鍛えたはずの膝がガクガク(^^;;また鍛えないと(^O^)/

 


2011年12月22日(木曜日)

付加価値の追求

カテゴリー: @|@16時12分43秒

 当社では「付加価値の追求!」を理念の一部としています。

商品に求める結果も、作業の安全面や作業効率に対しても、サービスについても 付加価値があるか? 付加価値がアップしているか? を常に意識しています。

ミッションテスターを開発したのも ミッションの品質面の付加価値を上げるために開発し、試験運用を繰り返し、成熟させて、ミッションの品質判定には無くてはならないものとなりました!

当社の持つミッションテスターは特許も取得し、世界で唯一つのミッションテスター機になりました。

先日、同業者の従業員の方が自分の車のミッションが当社に無いか尋ねてきました。

自分の会社には適合するミッションがあるけれど、信頼できないから当社にミッションがあったら買いたいということでした。

 これは当社にとって嬉しいことですが、しかしこの方の会社にとって残念なのが従業員の方が消費者になった時に自分の会社を選ばないという現実です。

 業界全体が自信の持てるテストをしていないから、それ以上追求しないのが業界に染まった会社のようです。

ですが当社は違います。 納得が行くまで付加価値を上げることを追求しています。

(ミッションテスター機がどの様なものか、「かよの成長日記」を読んでください!

 他にもUSA製電子工具インダクターを導入しました。

これについてはかれこれ7年ほど前にアメリカで開催されたメンテナンスショーを見学している時に見つけたツールでした。

普段から、作業の効率、作業の安全性、商品の品質を考えている自分の目には、説明している方の英語は全く分からなくとも、直感でこれは使える! と感じ、その場でオーダーしました。

中古パーツの原料となる廃車には商用で使われた時の「看板」などがシールで貼られているケースが多いです。

 そのシールを剥すのに時間を要しているので、「何か早い方法が無いか?」いつも考えていました。

シールの看板を剥さずにそのまま部品として販売することは、車の持ち主だった側からすると気分の良いものではないと思いますし、板金塗装工場でも手間がかかるため犬猿されがちです。

他にもガラスを外す際に「ワイヤー」を利用して外していましたが、周りに傷がつかないように注意しなくてはいけないし、二人がかりでの作業になったり、外す途中で割ってしまったり、色々なトラブルがつき物でした。 

このインダクターはそれを一気に解決してくれました。

シールを剥しても「早く」シールの糊も残らず、ガラスを外すのは一人で出来て尚且つ綺麗に外せて尚且つ早いのです。

 普段から「今以上に良い方法」「今以上に良い結果」を求めながら物を見たり、考えていると目に入ってくるものが違うのだと言う事に気がつかされます。

 この機会はかれこれ日本中で50社ほど当社経由で購入されています。

 それは解体業者であったり、自動車整備工場であったり、船舶の整備業者であったり、しています。

 他にも数々の付加価値アップの商品やツールやサービスを色々とやってきていますが、今後も更に追求し続けるでしょう。 

 

 


2011年12月20日(火曜日)

エコカー補助金

カテゴリー: @|@15時08分16秒

第4次補正予算案で「エコカー補助金」制度が実施されることになった。

環境性能に優れた新車の購入を促進させることと、経済の活性化を目的としているとのこと・・・

省エネ家電のポイント制度は既に終わったが、何故か政府も政治家も大手メーカーに肩入れした法案ばかりつくる。

環境に優れているからと言って、新しいものをどんどん作り、古いものをどんどん廃棄したら、これって環境にいいわけないと思う。

どう考えても偏ってるとしか思えない・・・・

 


2011年12月15日(木曜日)

会話が老ける・・・

カテゴリー: @|@12時07分16秒

 年齢に関係なく、用件とプロセスや出来事を区別して明確に話しが出来ない人を時々耳にします。

お年寄りに多いと思うのですが、用件よりもその為の理由や出来事を沢山話して、用件を忘れてしまうケース。

伝えたい用件になかなかたどり着けないで、出来事や理由の話しを長々とするケース。

時々耳にしますが、お年寄りですとゆっくり聞いてあげるのも大切だと思いますし、小さな子供だと話し方がまだ理解していないのでゆっくり聞いてあげて、最後に教えてあげると良いと思うのです。

 しかし、普通の社会人でも用件を端的に伝えられなかったり、その用件に必要な理由も説明できなかったりすることもあるかと思います。

これは話しが下手なのではなく、話しを整理する能力に欠けているのだと思います。

何故こんなことをブログで書くのか????

自分も日頃から気をつけようと思うのと、人にモノを伝えて理解してもらうには、会話の仕方がとても大切だからだと思うからです。

 ネットやメールの普及で会話が少なくなってきているかと思いますが、メールが普及したから会話能力が悪くなってきたのではなく、メールでも会話でも「用件」「理由」「関連情報」を明確に出来る人は居ますし、メールでも会話でも、話したいことを話して、書きたいことを書いて、自分の気持ちを上手く伝えられない人も居ます。

 前者は人の話を良く聞き、本や文章をよく読む人だと思います。

 後者は人の話を良く聞かず、本も文章もあまり読まない人だと思います。

 人に自分の気持ちを伝える手段は色々ありますが、どんな手段であっても、自分の頭の仲を整理すること、人の話を良く聞くことをいつまでも大切にしなければと思います。


2011年12月14日(水曜日)

ちくしょ〜 

カテゴリー: @|@18時06分30秒

スッカリ風邪を引いてしまいました・・・・・

先週、上海に行く前に乗り継ぎで立ち寄った韓国インチョン空港で「スンドウブ」を食べた時に、周りの大きな物音に驚いて熱い豆腐を喉に吸い込んでしまい、その時から喉の調子が・・・・

そして着いた上海は思ってもいない位寒くて、コートを着て行って本当に良かったと思うくらい寒かったのです。

そして寒い北海道に帰ってきて今日で数日・・・・

鼻は調子悪いし、咳は出るし、完全風邪ですね・・・・

今年の夏、風邪を引いて走れなくて悔しかったあの時に戻りたくないのですが、この喉の状態では走るのはやっぱり良くないのかと・・・・

もう過ぐ年越しです。

蕎麦も打たなくてはならないし、風邪なんて早く吹き飛ばさないと駄目ですね。

それにスキーも早く行きたいし・・・・


2011年12月11日(日曜日)

アウトメカニカ上海

カテゴリー: @|@11時04分17秒

6日から9日までアウトメカニカ上海を見に韓国経由で行ってきました。

自動車アフタービジネスのショー、アウトメカニカの本体はフランクフルトにあり、フランクフルトは勿論、ヨーロッパ各国の他ロシアや中国、マレーシアなどでも開催されている大きなショーです。

残念ながら日本では開催されません。

理由は簡単です。

日本は10年10万キロで車を廃車扱いする裕福な国で、アフターメンテナンスを繰り返して長く乗る風土が無いからです。

新車ディーラーも早く車を入れ替えさせることに専念した営業が常識化していて、日本の自動車ユーザーはスッカリ乗せられています。

だから、車のメンテナンスが必要なく、関係する部品も必要度合いが低いため、世界中の部品メーカーから見て魅力の無い国なのです。

上海のショーは、前回に比べ更にブース面積が広がり、ヨーロッパやアメリカや台湾の企業の出展が増えていました。

今や自動車アフタービジネスで中国は無くてはならない存在に思えます。

中国の部品メーカーも品質で世界に通用する商品を作らなければ先がないと信じている会社も多いようです。

日本は遅れをとってるようです。


2011年12月5日(月曜日)

[無題]

カテゴリー: @|@13時46分22秒

 


23 queries. 0.047 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔