最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2015年 6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2015年6月23日(火曜日)

6月27日28日は 江別のトンデンファアームにお越しください!

カテゴリー: @|@17時48分46秒

今年も Weえべつ祭り に出展します!

レストア済み メルセデスベンツ S124 の展示

UVカット IRカット フィルムの展示

サスペンション整備の「真実」 の展示 

など 行います。

他に 美味しいもの お得なモノ 身体にいいこと など など  江別市内企業が多数出展しておりますので、是非お越しください。

 


2015年6月11日(木曜日)

[無題]

カテゴリー: @|@13時08分15秒

 

 


13年超車への15%増税に反対の署名をお願い出来ませんか? 

カテゴリー: @|@13時07分13秒

13年超車への15%増税に反対の署名をお願い出来ませんか? 

日本は、「古き良きものを大切にする」という文化を、いつから捨ててしまったのか?
日本や世界の先人が作り上げた歴史的生産物を、なぜ端に追いやるのか??

今年、13年超の自動車には「通常税率の15%UP」が課せられるそうです。

古いものを大切にすることは、そんなに追いやられることなのでしょうか?

日本はイギリスからたくさんの「素晴らしい自動車文化」を継承しました。

イギリスでは、今日も昔と変わらず「古いものを大切にする文化」が継承されています。

車でいうと、パーツの製造を担っていた会社が生産を中止した場合、またどこかのメーカーが、同じ部品を製造していきます。

「古いものを大切にする」という文化が根付いているからです。

日本だってそうだと思っています、いや、思っていました。

古いもの(車)を大切にしている人たちを「特別扱いしろ!」とは言いません。
「自動車税を廃止しろ!」とも言いません。払わなければならないものはちゃんと払うのです。

でも、古いからって15%も重課するとか、自動車メーカーが車を買い替えさせようとする策略と、自動車メーカーからの納税に期待する政府の策略に過ぎません。

この制度については、この重課税分に対して不満を持つ人たちが一丸となって、国に訴えていかなければなりません。

【追記事項】

掲載頂いたサイト

【ライフハッカー日本語版「車齢13年を超えるクルマの自動車税、さらに増税
の「15%増し」へ】

http://www.lifehacker.jp/2015/05/150526car_tax.html

【カートピ『【古いものを大切に】自動車税の重課税分〔13年超車両への増
税分〕の廃止についての署名です』】

http://cartopi.jp/topic/5129

長く乗り続けたクルマを愛し 大切にしている人々からの増税に一緒に反対してください。
よろしくお願いします。

 


13年超車への15%増税に反対の署名をお願い出来ませんか? 

カテゴリー: @|@13時07分09秒

13年超車への15%増税に反対の署名をお願い出来ませんか? 

日本は、「古き良きものを大切にする」という文化を、いつから捨ててしまったのか?
日本や世界の先人が作り上げた歴史的生産物を、なぜ端に追いやるのか??

今年、13年超の自動車には「通常税率の15%UP」が課せられるそうです。

古いものを大切にすることは、そんなに追いやられることなのでしょうか?

日本はイギリスからたくさんの「素晴らしい自動車文化」を継承しました。

イギリスでは、今日も昔と変わらず「古いものを大切にする文化」が継承されています。

車でいうと、パーツの製造を担っていた会社が生産を中止した場合、またどこかのメーカーが、同じ部品を製造していきます。

「古いものを大切にする」という文化が根付いているからです。

日本だってそうだと思っています、いや、思っていました。

古いもの(車)を大切にしている人たちを「特別扱いしろ!」とは言いません。
「自動車税を廃止しろ!」とも言いません。払わなければならないものはちゃんと払うのです。

でも、古いからって15%も重課するとか、自動車メーカーが車を買い替えさせようとする策略と、自動車メーカーからの納税に期待する政府の策略に過ぎません。

この制度については、この重課税分に対して不満を持つ人たちが一丸となって、国に訴えていかなければなりません。

【追記事項】

掲載頂いたサイト

【ライフハッカー日本語版「車齢13年を超えるクルマの自動車税、さらに増税
の「15%増し」へ】

http://www.lifehacker.jp/2015/05/150526car_tax.html

【カートピ『【古いものを大切に】自動車税の重課税分〔13年超車両への増
税分〕の廃止についての署名です』】

http://cartopi.jp/topic/5129

長く乗り続けたクルマを愛し 大切にしている人々からの増税に一緒に反対してください。
よろしくお願いします。


13年超車への15%増税に反対の署名をお願い出来ませんか? 

カテゴリー: @|@13時06分02秒

13年超車への15%増税に反対の署名をお願い出来ませんか? 

日本は、「古き良きものを大切にする」という文化を、いつから捨ててしまったのか?
日本や世界の先人が作り上げた歴史的生産物を、なぜ端に追いやるのか??

今年、13年超の自動車には「通常税率の15%UP」が課せられるそうです。

古いものを大切にすることは、そんなに追いやられることなのでしょうか?

日本はイギリスからたくさんの「素晴らしい自動車文化」を継承しました。

イギリスでは、今日も昔と変わらず「古いものを大切にする文化」が継承されています。

車でいうと、パーツの製造を担っていた会社が生産を中止した場合、またどこかのメーカーが、同じ部品を製造していきます。

「古いものを大切にする」という文化が根付いているからです。

日本だってそうだと思っています、いや、思っていました。

古いもの(車)を大切にしている人たちを「特別扱いしろ!」とは言いません。
「自動車税を廃止しろ!」とも言いません。払わなければならないものはちゃんと払うのです。

でも、古いからって15%も重課するとか、自動車メーカーが車を買い替えさせようとする策略と、自動車メーカーからの納税に期待する政府の策略に過ぎません。

この制度については、この重課税分に対して不満を持つ人たちが一丸となって、国に訴えていかなければなりません。

【追記事項】

掲載頂いたサイト

【ライフハッカー日本語版「車齢13年を超えるクルマの自動車税、さらに増税
の「15%増し」へ】

http://www.lifehacker.jp/2015/05/150526car_tax.html

【カートピ『【古いものを大切に】自動車税の重課税分〔13年超車両への増
税分〕の廃止についての署名です』】

http://cartopi.jp/topic/5129

長く乗り続けたクルマを愛し 大切にしている人々からの増税に一緒に反対してください。
よろしくお願いします。


[無題]

カテゴリー: @|@13時03分50秒

 


2015年6月8日(月曜日)

まだまだです(^_^;)

カテゴリー: @|@13時19分57秒

昨日の日曜日は「千歳JAL国際マラソン」に出場しました。

4月からジムに通い始め、スポーツトレーナーの指導の下、足の改良、インナーマッスルの増強、などなど続けてきた結果、5月のハーフでは今までで一倍よい結果が出たため、昨日のフルも自分なりに期待していました。

スタートには早めに並ぶ習慣をつけているので、そこそこ前の方に並ぶことが出来、スタートから1キロまではロスタイム1分ありましたが、それからは順調なペースでした。

 と言うか 5キロくらいから計画していたペースよりもキロ20〜30秒早いペース、ペースが速いことに気が付き、ペースを落としたつもりが、また1キロ経ってペースを確認するとやっぱり早い・・

 スタミナ切れを起こさないためにもペースを守りたいのですが、調子が良いのかペースが下がらない・・・

 10キロを56分 20キロを1時間50分 位だったと思います。

 このコース、19キロくらいから23キロくらいまで 登りが続き、登りの後半では足に来て、疲れも出てきた。

 スタミナ切れにしては早すぎる! こりゃ やばいぞ! どうなるんだ今日は! と考えながら中盤を走っていると やはり来てしまいました。

 貧血 です・・・

 貧血が起きた状態ではペースが極端に下がるし、やっと走ってる状態

 手が冷たくなって しびれもあって 過去一番 「まずい!」頭の中で「棄権」が頭を巡り ペースが極端に落ちても走っていると救護テントが・・・

 フラフラしながら テントに近づき、貧血を伝え 椅子に座らせてもいました。

 寝ることを勧められましたが 寝たらもう起きれないかも?と思い、椅子に座り 補水液を頂き 飲むと

 美味しくないけど なんか違う

 数分座っていると 何だか前に進めそうな気がしてきて、立つと 救護班の方に 無理しないでください。 きつかったら戻ってきてください。 次の介護班まで5キロありますからね。 と言われ。 

頑張ります! ありがとうございました! と言いのこし 急ぎ足で歩きはじめる。

 ゆっくり走り始める 

 でも直ぐに辛くなって歩く 数メートル歩いたら またゆっくり走り始める その繰り返し

 前半は1キロ1キロがとても早く感じたのが、後半は1キロ1キロがとても遠い

 そして 珍しく足の裏側全体と足の裏が痛くなる

 ここ最近味わったことの無い痛み・・・

 脚を付くのが苦痛なほど痛い・・・

 そして今度訪れたのが 脹脛の痙攣 ((+_+))

 このころは貧血も治まり 走れる体力が少し残っているのに 脚が痛くて ランが続かない

 1キロごとくらいにストレッチをしたりして また走る  痛みが増すと 歩く 痛みが減ると走る

 この繰り返し

 37キロ地点くらいで もう目標の4時間は過ぎている 

 でもここまで来たらゴールしたい!

 残り2キロになったら 絶対に走りとおして見せる! と自分に誓ったが

 走り始めたら また両方の脹脛が痙攣をおこす((+_+))

 転がって足を摩って回復を待つ

 数十秒で回復したので 頑張って走り始める

 痙攣が起きないように、足の痛みがこれ以上に増さないように 貧血を起こさないように 願いながら 走り続けた。

 ゴールの手前では同じ江別の竹島さんが応援で待っていてくれているはず。

 その近辺で家内も待っているはず。

 歩いている姿だけは見られたくない!

 そして マラソンはラストスパートで走って終わりにする! そうすることで爽快感が増す!

 と言う意気込みで 走りつづけた。

 長い2キロ 後1キロも長い

 ゴール前に橋が見えた時 左手にピンクの登りを持った竹島さんと ハーフに出場した井上さん と応援の中塚さんが見えた!

 ハイタッチして元気を貰い 走る 少しペースが上がる。

 今度は家内が待っていた! またハイタッチ! 元気が出て またペースが上がる。

 そしてそのペースのままゴール!

 とても辛かったが とても気持ちが良かった。

 足の痛みは今までにない・・・ 走りながら シューズか? 昨日買ったタイツか? など思ったが、ゴールすると自分の走り方だろう と素直に思え。

 また克服しなければならない事が多いな〜

 そう考えると 嬉しくなった! 辛かったけど また走りたい! 待ってろよ〜北海道マラソン!

 

 

 


23 queries. 0.044 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔