最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2010年 4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2018/11
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2010年4月27日(火曜日)

☆ 全く知りませんでした・・・・

カテゴリー: @|@21時15分56秒

今日、生まれて初めて献血をしようと思って、受付で問診表に記入していると、「輸血経験はありますか?」という質問に「はい」と答えたら、係りの人に、「輸血経験のある方はお断りしているんです。」といわれ、とてもショックでした。

実は30年前、19歳のころ仕事中に、大型トラックと壁の間に挟まれて骨盤骨折をしました。

内出血が多かったらしく輸血を1本されて、骨盤骨折なので2ヶ月間は寝たきりで、70日目で退院できる目処がたったのですが、検査の結果で輸血による急性肝炎になってしまい、内科に移されて1ヶ月入院が伸びた経験があるのです。

その時の輸血が原因で、需要の多いO型の自分の血液が誰の役にも立たないとは正直ショックでした。

今朝は大型自動二輪の検定があって、無事合格したので、手稲の試験場に免許証を申請しに行った時、待ち時間が沢山あったのでうろうろしていると、献血のバスが止まっていたので、「献血しよう!」と決心して受付をしていたら知らされたのです。

ドナー登録もしているんですが、それにも影響するんでしょうか?

気になっています・・・・

 


2010年4月18日(日曜日)

まだあるんです・・・・こんなディーラーが・・・

カテゴリー: @|@16時13分53秒

今日は日曜日。

一人で朝から出勤して仕事しています。

来店されたお客さまで、バッテリーを購入しに来た方がいました。

昨日 某新車ディーラーで、

「バッテリーが弱っている、比重が下がっている、早めに交換したほうが良いです。」

と言われたので、価格を聞くと結構高い??? 

でも、突然車が動かなくなるのは嫌なので、そのディーラーからは一度帰ってネットで見つけて当店に来られました。

そしてバッテリーの注文を受け、モノを出そうと思った時に、「本当に駄目なんだろうか???」と仰るので、「比重を計ったところを見たんですか?」と聞くと、「ショールームに居たので見ていなかった」 という話し・・・

「では当社でも測って見ましょうか?」と言って 比重計で測って見ると 「とても元気!」

液も汚れていないし、漏電も殆ど無し・・・・?????

そして、当社のバッテリーチェックのツールで計測しても問題なし・・・・・????

お客様に「このバッテリーは大丈夫ですよ。」と言うと・・・・・「えー・・・・」と驚き。

「騙されそうになった!」「無駄に買わずにすんだ!」と お客様は喜んで帰られました。

当社は商品が売れなくて残念ですが、しかし、問題の無いのに交換するものを売っては失礼です。

以前にも沢山このようなケースには遭遇してきました。

個人の業績を上げるために顧客を騙す、そんなことで業績評価をしているとしたら、とんでもない話です。

 まだこの様なディーラーがあるとは驚きました。 


2010年4月16日(金曜日)

オリジナルブランドパーツ

カテゴリー: @|@23時19分55秒

我が社では今、オリジナルブランドのパーツを作り始めています。

ヨーロッパ車の部品の中で、高額なものや、故障が多いもの、手に入りずらいもの、などを徹底的に研究して、商品つくりを始めています。

これは当社が中古部品だけの会社ではなく、社外新品部品や純正部品も同時に仕入れ販売しているからこそ出来るのです。

そして何より、車好きなスタッフ、追求好きなスタッフ、ばかりのスーパーライン北翔だからです。

今までも追求好きな結果が 「オリジナルミッションテスター機 かよ」を生み出しました。

これからも追求好きな会社の風土は変わらないでしょう。

それがオリジナルブランド商品を作り出すエネルギーです。

オリジナルブランドの商品はヤフーショップで販売しています。

まだまだアイテムは少ないですが、日々の研究と情報収集で少しずつ増やしてまいります。

車好きな方が多く乗られているヨーロッパ車のために「楽しんで」頑張っていきます。


日本人の車離れの理由・・・

カテゴリー: @|@23時05分05秒

私は今大型自動2輪の免許を取るべく教習所に通っています。

16歳でバイクの免許を取ってからもう34年も経ってからのバイクの教習・・・

実は多くの技術が習得できて、とても刺激になっています。

バイクは低速になればなるほどバランスを崩しやすい乗り物ですが、それをバランスよく乗りこなせる技術を身につけれるのが今の講習だと感謝しています。

 その教習所で、同じ2輪免許取得に通っている同士での会話ですが、若い方は「普通車の免許を取れる年だけど、自動車は乗りたい車が手ごろな価格で買えないし、日本車の中では乗りたい車が無い!」 と言われ、

私と同じような中年の方も「もともと車好きだけど、車は家族で使うと言うのが前提だから、所有する車に遊び心が出せない・・・かと言って2台も車はもてないから手ごろなバイクにしている!」 

この様な意見というか言葉でした。

バイク人口が増えている理由だと思います。

マスコミでは「若者の車離れ」と言っていますが、実は違うのではないでしょうか?

メーカーが若者離れ、車好き離れ しているのでは?

私も現代の日本車を見て いつも思っています。

「面白い車が無いよな〜」


2010年4月8日(木曜日)

利口になったら特ができる!

カテゴリー: @|@13時48分49秒

 世界中そうかもしれませんが、日本は特に「利口になっても特があまりない風土」なのではと考えてしまいます。

☆ 販売店と仕入先の関係 

(販売店は仕入先虐めのように労力や無理難題を押し付けるケースを耳にしますが、仕入先は取引を切られることに怯えてビジネスをしていることが多いように感じます。)

☆ お客様と販売店の関係 

(販売店の労力を殆ど利用せずにモノを購入するお客様と、販売店の労力を沢山利用してモノを購入するお客様へのサービスの差が殆ど無いように感じます。)

仕入先にとって良い販売店、販売店にとって付加を掛けないお客様、その様な販売店やお客様により一層のサービスをすることが理にかなっていると思うのですが。

 しかし現実は、仕入先に自社の都合に合わさせようとする販売店が特をしたり、販売店に自分の都合に合わさせようとするお客様が特をしているのではないでしょうか?

 我が社では、マイレ製品の仕入れも、アメリカからの仕入れも、イギリスからの仕入れも、そして業者の方や個人の方からの車の仕入れも、相手を尊重した仕入れを前提としています。

 それが信頼関係となって、より良い関係が長く続くと考えるからです。

 企業は利益の追求も大切ですが、長く継続することも企業にとって大切なことだと思います。

 その為には買っていただける方はもちろんですが、仕入先は大切なパートナーであり、仕入先との良好な関係によって、最良のサービスがお客様に出来るのだと考えています。

 そして、当社ではスタッフ全員で、仕入先や仕事の関連先にロスを掛けないことに注意し、またお客様にも同じ考えの下サービスを徹底して行きたいと考えています。

 利口になった方が特をする文化が、世の中の正常化に繋がると信じています。


2010年4月6日(火曜日)

診察(診断)は大切です。

カテゴリー: @|@06時29分08秒

ネット上に沢山の車整備について記載されているページがあります。

それを見て、経験の無い方が整備を行おうとする例も多いようで、時々電話なので聞かれるのが、

「この部品、自分でもつけれますかね?」という質問・・・・

答えに非常に困ってしまいます。

それはお客様の技術経験や知識がどれくらいあるか分からないからです。

それともっと困るのが、交換しようとしている部品が何故交換が必要になったのか? 

診断をされていないで、「変な音がする」とか「何だかこの辺がおかしい」と言った気持ちからネットを見て、同じ車の例を見つけると、その内容で部品交換整備を行おうとする方がいらっしゃるからです。

ブレーキ関係やサスペンション関係を安易に分解すると、走行性能が狂ってしまったり、異常になったりもします。

電気関係部品ですと、原因箇所を追求しないで異常個所の部品だけを何度交換しても壊れるケースがあります。

当店はパーツは個人の方大歓迎で販売しておりますが、必ず経験豊富な整備技術者に診断してもらい、それで必要となった部品を購入していただきたいですし、出来ればその整備工場で整備を受けて欲しいのです。

これはお客様の安全はもとより、折角購入した部品を無駄にしたり、また直ぐに壊れてしまったり、問題が重なるからです。

整備工場と部品購入の両方を上手く使い分けて、安く、安全で、寿命の長い車維持を進めていただければと思います。

 


23 queries. 0.039 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔