最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2013年 8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別過去ログ
営業日カレンダー
2019/05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年8月27日(火曜日)

北海道マラソン 2013 (^-^)

カテゴリー: @|@09時52分08秒

ついに当日が来ました。

前の日までに持ち物やレース中の栄養補給などの計画をたて準備しましたが、これも僕にとっては一つの楽しみです。

そう、計画を立てることです。

 

当日は戸惑うこともなく、30分くらい前からD組のスタートラインの中程でスタートを待ちました。

 今回の目標は6月のJALマラソンを教訓にエネルギー切れや痙攣を起こさないように走りきって完走すること!

始めて出る10000人超えの大レース、アナウンスもテーマソングもイベントの大きさを感じて感動しました。

 招待選手の紹介が終わって、高橋知事の声援メッセージが終わって、カウントダウンが始まり、9時にスタート。

 自分はD組なので後ろの方のスタート。

 スタートしてもスタートラインを通過するまで5分位かかったでしょうか?

 

 そこからススキノを通過して中島公園を横切り、平岸駅近くから北海学園大学の横を通り、また中央区の石狩街道に戻っていきます。

 

 序盤はずっとラッシュ状態でペースは遅いですが、人と人のあいだをすり抜けて走るのは以外にエネルギーを使うので、無理せず我慢我慢です。

 

 ペースも流されていない自分の余裕を持った5:30〜50のペース。

 

 石狩街道の地下道に入る前ころから少し周りに余裕が出てきて、地下道を出てから左を見ると家内と家内の従兄弟が応援してくれていたのが励みになり、気合を入れるがペースは守る。

札幌駅北口、北大裏、新川の町を走り、声援をされているお取引している会社の担当者さんを見つけハイタッチと写真を撮ってもらい元気をもらいました。

しかし。この先20キロに近づいてきたころにに不安が出始めました。

 

5キロごとに栄養補給と給水を確実に行ってきましたが、何となく疲れが出てきたような、足が疲れているような、そんな感じがしてきたのです。

 

前回20キロ地点からスタミナ切れした6月のJALマラソンを思い出してしまい、不安に駆られました。

 

 そこで始めたのが自分に集中すること、フォーム全体だけでなく、足の親指、小指、足の裏、足首、すね、膝・・・と下から上に小刻みに胃の中まで感覚を確認しながら、各部と相談し、そしてフォームを整えて、脇目もふらず少し下向き加減で黙々と走りました。

 

 これは5月から習い始めたヨガの一つで、身体の細部まで感覚を感じて自分の意思で動かすことなんです。

 

 これがマラソンに役に立つとは思ってもいなかったけれど、体が驚く程楽になりました。

 呼吸は楽になり心拍数も下がり、でもペースは上がってるのです。

 

 その調子で集中して走りながら、給水ポイントでは栄養補給と給水をするとどうしてもペースが落としてしまうため、そこから元に戻すまでの疲れとの戦いでした。

 

 ペースを緩めると足が痛くなったり、ペースを上げるのが心拍的にも脚にも辛いのです。

 それでも何とか遠い遠い26キロ付近の新川通りの折り返しを通過し、次の給水ポイントに近づき始めると、鳴り響いいていた雷雲が豪雨を落としました。

 もう一瞬でずぶ濡れです。

 

 ポシェットの中のiPhoneをビニールに包み、ランニングカッパをかぶって、足は川のような道路の上を走りました。

 心が折れそうになるくらいの豪雨でした。

 

 それも10分程度で収まり、カッパを脱ぎ、また降ると困るので35キロ地点くらいまでは持っていこうと腰にぶら下げ、また辛くなってくると先ほどのように自分に集中してフォームと心拍を立て直し、35キロ地点を何とか通過しました。

 

 区間タイムを見るとやはり30キロからペースが落ちています。

 

 不安だったいつもの右足の膝に時々激痛が走り、止まって膝を叩いたり、押したりして それでも足を引きずって走りました。

 

 足を引きずってでも走り出すと痛みが消えたり、また襲ってきたりの繰り返し・・・

 35キロを過ぎてからがエネルギーが切れだしたのか、その前に補給したエネルギーがまだ体に回っていないのか、ドッと疲れが出てきました・・・なのでちょこちょこ歩くことに・・・・

 

でも棄権などは全く考えません。

どうやってゴールするかを考えながら、呼吸を整え、自分に集中していると、左側の沿道で家内と家内の従兄弟がハンカチを振って応援してくれていたのです。

 

え! ここまで応援に来てくれたの〜(((o(*゚▽゚*)o))) 

 

 これが最高の励みになりました。

 背中をドン!っと押されるように走り出し、応援のお蔭で気持ちも身体も落ち着いてきました。

 

 北大の中に入る前頃からはペースが上がり始め、これまで出していないキロ5分以内のペースが出始めました。

 

 どんどん周りの人を抜くことに・・・・ でも残り1.6キロの地点でまた右膝に激痛が走り、救護の方にスプレーをかけてもらい、また足を引きずって走り初め、ゴールを目指しました。

 

 残り1キロを切った時点からラストスパートをかけ始めました。

 ラストスパートを掛けてみて、「あれ? こんなに走れるじゃん・・?」

 

 特に大通りに入る少し前からは、自分の何処にこんなにエネルギーがあったのか? と思える渾身のラストスパートをかけることが出来、自分に驚き!

 

 そしてゴールを迎えた時には、ヘロヘロになることもなく、呼吸も大きな乱れもなく、「あれ?」っと思ったほどでした。

 

 コースを振り返り「ありがとう」

 

 タオルを掛けてもらい「ありがとう」完走記念メダル首に掛けてもらい「ありがとう」、水とスポーツドリンクを頂き「ありがとう」、チップを返して、おにぎりを貰って「ありがとう」、秘めていた目標タイムは達成できなかったけれど、けれど達成感と爽快感でいっぱいで、誰にでも「ありがとう」を言ってました。

 

テクテクと荷物を預けている場所に向かうと家内から電話が来て、待ち合わせ。

 

 家内の顔を見たときはまた改めて感動でした。

 そして、言われたのが、あまり疲れた顔していないね!

 本当にそうなんです見てください。

 

 

 6月の時とは大違いで、ヘロヘロになっていないのです。

 

 6月から地道にランニングと筋肉作りをしてきたことがここまで身体を進化させたことがまた改めて嬉しく、 人間、何歳になっても進化できるんだと自信を持てました。

 

この後は記念撮影をしたり、完走証をもらいにいったりして、お腹がすいたので札幌駅のラーメン共和国でビールを2杯、ラーメンに卵を2個トッピングして完食し、気分よくメダルをぶら下げたまま電車で江別に帰りました。

 次はたきかわコスモスマラソンと札幌マラソンのハーフに出ます。

今後はハーフに向けてスピードとレーニングです。

 来年も北海道マラソン!必ず出るぞ〜!


2013年8月12日(月曜日)

レーシングカーを作った経験

カテゴリー: @|@16時37分49秒

当社から購入した部品が品質に問題がある・・・と言う連絡がお客様から入った場合、必ず確認していることがあります。

それは

1.部品を最初に交換に至った経緯

2.部品の適合が間違っていないか?

3.交換した部品に異常があると判断した経緯

などを確認するようにしています。

 

2.は最も初歩的な問題で、交換する部品を適合しないものをつけてしまうと、異常が発生することは当たり前に起きます。

これは電装部品などでよくあるのですが、純正部品番号で照合せずに購入して取り付けて、異常が発生している・・・というケースで、この場合は適合するものと交換すれば勿論問題ありません。

 

1.と3.は以外に曖昧な判断であることがよくあります。

「多分・・」とか「聞いたことがある・・・」とかと言ったような可也曖昧な判断で部品を交換しているケースがあるのです。

 色々と疑いをかけて他を探ったり、詳しく調べたりする整備士は減りつつあるかも知れません。

 

でもこれは、決して良くないことではありますが、お客様のクルマを預かって整備する整備工場としては、修理を終わらせる時間や費用に制限もあるでしょうから、ある程度 感で判断することもあると思います。

 話はタイトルに戻りますが、私は21歳ころからエンジンのチューニングを手がけるようになり、それから1〜2年でドラックマシーンを作るようになりました。

 ドラッグレース特にエンジンのパワーが必要なため、限りある予算で最大のパワーを出すために色々なところに手を加えます。

 手を加えていき その加えたモノの相性が良いとパワーは上がります。

 しかし、パワーが上がって極限まで回すと 何処かが異常が起きたり、壊れたりします。

 その時に壊れた部品を何度交換しても同じこと繰り返すことは、草レースのようなエンジンチューナーでも絶対にしません。

 何処に問題があるのか?、何に問題があるのか?、対策は? と沢山の事を考え、また新たな手を加えて新しいエンジンを作ります。

 この時、単純に「強化!」はしません。 

 何でも強化してしまうと、次から次に弱いところが壊れるだけで、重要なのは原因をしっかり診断して、バランスや滑らかさを重視した手の加え方をします。

 現在はクルマもエンジンもいじる事がなくなりましたが、昔やってきた理論だけは今でも通用することがよくあります。

 なので、正確で正しい「診断」とは「追求」をどこまでやったか? それを何度経験したか?で分かれてくると思っています。

 一般的な整備工場では、お客様の車を追求するにも限度があるかと思います。

 しかし、当社のように「レストアカーの制作」をしたり、中古部品を作り出す上で部品の点検を徹底したり、リビルト部品を作ると、常に追求を行っているため、経験値が豊富になるのと、追求する深さがどんどん奥になっていきます。

 昔、お金も無いのにレースに、エンジンチューニングに夢中になっていたことは、現在でもこれからも活かしていきたいですね。


2013年8月7日(水曜日)

車検の時に言って欲しいこと・・言ってはいけないこと・・

カテゴリー: @|@09時45分16秒

車検が来ると出費があるので、出来れば車検なんて無ければいいと思っている人も多いかと思います。

でも車は機械ですから、点検をして不具合を直して走らなければ危険な乗り物になってしまいます。

時々この様な事を色々な人に聞かれることがあります。

「車検の安い工場知りませんか?」

私は何処が車検が安いのか?知りません。

何処が安いのかはチラシを見ている主婦の方が良く知っているかも知れません。

安い整備工場に言って、「お金かけないで!」と言ってお任せするケースも多いと聞きます。

これだけは言ってはいけない言葉です。

車検を取ると言う事は最低でも車検のある間は無事に故障なく乗りたいはず。

であればこう言ってください。

「後○○年は大きな故障なしで乗りたいので、その点に注意して車検をお願いします。直ぐに整備した方が良い箇所と、後何キロくらいで整備した方が良い箇所などの説明と見積もお願いします。その場合の整備費用は今回の車検整備の中で行ったほうが安くなることか、安くはならないことかも教えてください。」

長い話ですが、車に詳しくなくてもこの様に話すことは紙を見ながらでも伝えれると思います。

そうすると、車検の点検の際に今後を予測した点検をしてくれて、少なくとも次の車検までに大きく壊れることは防ぐことが出来る提案を整備工場は出すはずです。

 しかし、「お金出来るだけ掛けないで!」と言うと、2年間どころか半年で問題に成りそうな箇所も車検に通るのであればそのまま通してしまい、安く上げてその場だけ喜ばれる・・・

でも数ヵ月後に壊れて数万円・・・・ 車検の時にやっておけば工賃は安く済んだのに・・・

先日の日曜日、ランニングしていたら、交通量の多い国道に軽自動車が道路の真ん中に止まっていました。

近くまで行くとエンジンオイルが道路に大量に溢れています。

多分エンジンが壊れてブロックも割れたのでしょう。

道路の端に寄せるのを手伝った時、車検のステッカーを見ると2ヶ月前に車検を取ったばかりの車でした。

 車は機械です。

メンテナンスをしなければ必ず壊れます。

壊れないようにするためにも、ただ単に「安くして」とは言わずに、「何年間は大きな故障が無いようにしっかり点検して、相対的に安くなるように整備してください!」と言うことをお薦めします。

先週の金曜日で整備工場としての認証資格を得ました!

車好きな人のためにいい仕事をしてまいります!


23 queries. 0.051 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔