最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2010年 6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2010年6月28日(月曜日)

定例きのこ観察会&ラブアースクリ―アップin北海道2010クリーンウォーク

カテゴリー: @|@09時43分28秒

NPO法人 藻岩山きのこ観察会 

主催 「定例きのこ観察会&ラブアースクリ―アップin北海道2010クリーンウォーク」
http://moiwayama-kinoko.kansatukai.net/

27日日曜日の午前中 こちらに参加してきました。

きのこ、食べるの大好きだけど自分で採ったとしたら食べる勇気全く無し・・・・

でも毎年 「道民森つくりネットワーク」の集いで、とても美味しい「きのこ汁」をきのこ観察会の方々からご馳走していただいています。

そのお礼と、きのこについて少しでも知識がついたら・・・・まして、ゴミ拾いと、きのこ観察会のミックスイベントは楽しそうなので行ってみることに。

それにしても暑い日曜日

日曜でもあるし、バイクで行こうと張り切って行った。
僕はバイクに乗るときは足や腕の関節部分にパットが入ったウェアを上下着ないと乗らない主義。
しかし夏用のメッシュウェアと言っても着たら暑い!

走っていれば涼しいが、止まるとヘルメットに包まれた頭から全身暑い・・・・

でももしもバイクで転んだら痛い思いをするのは自分
以前に狐を跳ねて転倒した時、大怪我しなかったのはウェアのお陰、自分の身体は可愛い。

ゴミ拾いの場所は旭山記念公園、集まっていたのは40人位
9時ギリギリに到着してウェアを脱いでリュックにしまい、ゴミときのこの採取開始(ゴミときのこの採取????言葉が見つからない)

  

みなさんきのこ取りを趣味としている方々、流石きのこを見つけるのが早い。

僕はゴミばかり発見するが、きのこはさっぱり・・・・・公園の植物の中に溶け込めないゴミは目につくが、溶け合ったきのこはなかなか目に入ってこない。

きのこを見つけて採る時は写真を撮ってから採ることになっているようだ。
やっと自分も見つけて写真を撮って採取する、食べれるかは集合場所に集まってから確認するとのこと。これも楽しみ。

 

 

途中で野いちごを見つけたり、密集した小さな花が綺麗だったり、普段見たことが無いものに触れ、楽しくなる。 

2時間のゴミ拾い&きのこ採りを終えて集合し、採ったきのこを並べて詳しい方々が名前と食べれるか食べれないか書いていく。

 

みなさん手際もいいけど、きのこにはまっている人達の会話のなかにいる自分は異国人と言うか、会話に入ることが全く出来ない。

皆さんの話に感心とか納得とかするばかり、ジョークの話しにも分からず納得したりして・・・・(笑える)

帰りはまた暑い暑いバイク・・・・・ バイクで来て失敗した・・・と後悔するが 愛犬マロンが家で待っているので急いで帰る。

帰ってシャワーを浴びて昼食をとって、その後心地よい疲れに、久しぶりの昼寝をしました。

今年3度目のゴミ拾いでした。


2010年6月25日(金曜日)

金縛り状態になりました・・・・

カテゴリー: @|@21時43分19秒

久しぶりというか もう暫く無かったというか、金縛り 釘付け 状態になってしまいました。

その根源がこの子です。

やられました・・・・・

もう身動き取れませんでした。

そして目が合ってから10分位金縛り状態です。

もう 反則です!

ゴールデンレトリーバーの生後1ヶ月の女の子

この子を右目に入れて、左目にはマロンをいれて生活したいくらい!

マロン 可愛がるかな〜・・・・ なんて考えながら、飼えもしないのに考えながら帰りました。

東京に住む娘に写メを送ったら、大学も内定がもらえた就職先も捨てて帰ってくる! と言ってきました。 (本当にそうするかな・・)(笑)

女房に 可愛いのいたサー って話したら、「飼わないからね!」と バッサリ・・・・・

飼うって一言も言っていないのに・・・・

2日後、今度はマロンを連れて見に行きました。

彼女が居る場所は 江別市内のホームセンターのペットコーナー。

そのホームセンターはカートに乗せていればペットokなので、マロンは大型犬ですが、時々乗せて買い物しています。

見に行ったら居ました居ました!

あ〜 会いたかったよ〜・・・ 

マロンもガラス越しに鼻を近づけていました。

あれから1週間・・・ そろそろ飼い主さんが現れて、もう家庭におさまったかな・・・・・

幸せになるんだよ〜 ・・ なんて考えながら、また日曜日に見に行きます!


忙しいですね〜・・・

カテゴリー: @|@07時03分57秒

 お蔭様で毎日毎日 忙しい毎日を送っています。

 朝起きて、今日やろうと思っている仕事のことを考えると、速く会社に行きたくなる。

 この性格は20代のころと全く変わっていませんね・・・

 ただ、20代30代の頃よりも会社に出勤する時間が遅くなりました。

 若いころ(今も精神年齢若いです)は6時とかに平気で会社に行ってましたから・・・・

 今は毎日8時半ころです。

 これはマロンと生活しているからかもしれないですね。(マロンは私の寝室で毎日一緒に寝ています。)

朝会社に行ってまずノートを開いて、昨日までの用件をチェック! そして新しい用件を記入! 1つの用件が終わったら横線を引く。

これの繰り返しを何十年もやってきました。

やりたいこと、やらなきゃいけないこと、を記入して、終わったら消す・・・

この繰り返しです。

その横や下には殴り書きで色々なことがかかれています。

このノートにやりたいこと、やらなきゃいけないことが書けなくなったら・・・・・引退でしょうね。

多分まだまだ先だと思いますが・・・・

それだけやりたいこと、やらなきゃいけないことがあることが嬉しいですし、毎日の励みになります。

そのノートに書かれた用件が、自分のビジョンであったり、手段であったり、戦略であったり さまざまですが。

 この用件があることで、生きがいがあり、やりがいがあり、楽しみがあるのです。

 そして一番はその用件が完了して 横線で消されるときの達成感は 格別です。

 小さな達成感ですが、この達成感が楽しくて、自分ではあまり気が進まないようなやらなきゃいけないこと もこなして行くようになります。

 こんな毎日を楽しんでいますから、忙しい毎日なのですね。


2010年6月20日(日曜日)

伝えたい・・・食事って・・

カテゴリー: @|@00時35分17秒

会食は食欲を満たす場ではないことを・・・・

人との交流を、人との信頼を、人への配慮を、楽しむ場であることを知って欲しい。

人に配慮することが面倒とか、疲れるとか、楽しめない人は一人で食欲を満たせばよいと思う。

人との食事、「会食」とは、自分以外の人に配慮して、自分以外の人を楽しませることが基本なのではないだろうか?

その時の自分を確認しながら、自分という人間の出来具合を確認するのが他の人間とのコミュニケーションなのではないだろうか?

自分が沢山食べたい物が出てこようが、自分のお腹が満たされていないだろうが、人より体が大きいだろうが、自分自身が何分の1であることを忘れてはいけない。

会食を楽しんでいる人の中で、自分だけの欲求のために人の嫌がることをしてははいけない。

例えば煙草とか、大声とか、お酒を飲まない人への配慮とか、会話の揚げ足とか・・・・

家族以外の人間と食事をするときくらいは、相手とか周りとかに気遣うことがマナーではないだろうか?

今日はそんなことを強く考えながら家に帰ってきた。

お休みなさい。

 


2010年6月16日(水曜日)

怖い車・・・・・・

カテゴリー: @|@17時59分29秒

先日、自分の車 ボルボが車検だったので、数日間 代車に乗っていました。

その車は国産車のレンタカーで大手レンタカー会社からレンタルされているファミリーカーでした。

通勤に乗る分にはなんら問題ありませんでした。

(愛犬マロンを乗せれないことを除けば・・・・)

しかし、高速道路を走った時です。

フラフラ フラフラ 常にハンドルを合わせていないと車線変更するくらい車がフラつくんです。

横風があったのが原因ですが、横風の風速は高速道路の表示で9メートルでした。

この程度の風で不安定になるなんて・・・・・

怖かったです。

運動神経が衰えた方が乗ったらとても危険です。

この車に異常があるわけではないのです。

それでこの不安定とは、恐るべき・・・じゃなく 恐ろしい・・・・日本車です。

会社に帰って工場長に話すと、「普段良い車に乗ってるからですよ!」の一言でぶった切られました。

確かにボルボは良い車です。

走りも安定しているし、ハンドリングも適度な重さで言うことなし!

でもですよ。 これほどフラフラするなんて考えられませんでした。

2年前にドイツのハンブルグからフランクフルトまでレンタカーで走った時、オペルのファミリーカーのディーゼル車を借りました。

 その車でドイツのアウトバーンを時速150キロくらいで走っても何の不安もありませんでした。

 朝から7時間くらいかかって、3人で交代で運転して、風の強い時も何度もありましたが何ら不安を感じることはありませんでした。

 もしも・・・もしも 今回乗っていた日本車をドイツのアウトバーンで走ったら・・・・・・ 

 3人で交代でも7時間の運転はとても疲れたでしょうし、怖い場面も沢山あったかも・・・・

 私は長い間、日本車の走行性能はヨーロッパ車とは比べものにならないと 密かに 内心思ってきましたが、やっぱり確信してしまったようです。

 それはヨーロッパ車の高級車に限らずと思うのです。

 日本車にも勿論走行性能に優れた車はありますが、一般的には走行性能よりも「衝突安全性」とか 止まれない〜! とか 曲がらない〜! とか 滑った〜! とかの危険状態を回避する制御装置がが得意で、走行事態の性能を高めることは得意ではないというか、あまり気にしていないように思えるのです。

 これって偏見と思われるかもしれませんが、車のサスペンションの構造を比べると良く分かるんです・・・・・

 日本車さん すみません・・・・


2010年6月15日(火曜日)

ラブアースクリーンアップ 2010

カテゴリー: @|@12時12分45秒

ラブアース クリーンアップin2010 今年も行いました。

13日の日曜日の午前中、例年通り、高速道路の側道付近のゴミを社員全員と、江別市内から「林かづき江別市議」も参加してくださり、また、マレーシアから来ているエディさんも参加して、活気ある人達で実施しました。

今回の場所は3年前に行った場所をまた行ったのですが、出るは出るは、3時間半で4トントラックの荷台がいっぱいになりました。

3年前に見逃していたゴミではなく、あきらかに3年間の内に捨てられたゴミです。

捨てる人が居るから 拾う人が居る なんて 可笑しな原理ですが、分別すると立派な資源になるものが大半です。

 勿体無いですよね。

 ゴミ拾いをしていると、ヨモギを刈っている夫婦が居たので、「食べるんですか?」と聞くと、

 「畑の虫除けに使うんだよ!」と言われ、「ヨモギで虫除けになるんですか?知らなかった・・・」

 「匂いのある草だから虫がよりづらいんだよ。」と 大変ためになることを教えてもらいました。

 年配の方の行動に疑問を感じたら話しかけてみると思わぬ発見があります。

 今日のボランティア活動へのご褒美をいただいた気分でした。

 ありがとうございました。

 

 排水に大型冷凍庫が捨てられていました。

 一人では動かすのもやっとのような冷凍庫です。

 クレーンで持ち上げて積み込みました。

 

 ゴミ拾い活動の終わりかけに、近くにある不法投棄場所を見に行ってきました。

 すると以前より増えているのです。

 昨年の秋に来た時よりもタイヤは増えているし、建築廃材とか事務所から出たようなゴミが大量に捨てられているのです。

多分その状態から見て雪解け以降に捨てられえた感じです。

この場所を良く知っている人であることは間違いないことでしょう。

12時頃には会社に戻り、積み込んだゴミをおろし、その前で「お疲れ様写真」を撮り、解散しました。

折角の日曜日をボランティア活動でご苦労様でした。

 

家に帰った私は早速シャワーを浴びて、お昼ご飯を食べて、少し休憩し、それからバイクスーツに着替えて、一人旅に出ました。

向かったのは月形を経由して浜益です。

昔懐かしい青山ダムを通り、浜益までの道路は景色はいいし、コーナーも多く楽しめるラインです。

浜益からは石狩まで海岸沿いを走り、発寒のバイクショップまで行って家に帰りました。

走行距離は200キロ弱。

以前のバイクより排気量は3倍ですが、優雅にのんびり走るようになりました。

大型の高級なバイクに乗りながら 違反を繰り返すとか、止まっている車の前に出るとか、セコイ走りは出来なくなりました。

 これもBMW効果でしょう!

ゴミ拾いをした後に気ままなバイク遊び・・・・・ 良い日曜日でした。


2010年6月11日(金曜日)

台湾出張記 

カテゴリー: @|@16時37分10秒

朝早くに目が覚めた。 今日は台北で午後からアポが取れている会社に視察に行く予定。

でも台南で知り合った昨日までの方に聞いても知らないといわれる・・・

電話してもらったが出なかった・・・・

でもメールでは連絡が出来る????

まー 兎に角行ってみるしかない。

などと考えながらいただいたマンゴーとバナナを朝食代わりに食べる・・・・・マンゴー4個にバナナ3本・・・・・お腹が苦しい・・・・

でもまだ残る・・・勿体無いので マンゴーを2個 バナナを2本鞄に入れた。

残りはホテルに置いていくしかない。 いただいた方に申し訳ないが、こちらもまだ旅中なので・・・


台南まではバスで来たので、台北に戻るのは新幹線にすることにした。

台南の在来線の駅と新幹線の駅はバスで40分程度 離れている。

台南の在来線の駅の近くから無料のバスが出ていた。

バスの時刻を見ているとタクシーの運転手が中国語で客引きしてくるが、言葉は全く分からないし、客引きするものを信用しないのが海外一人旅の自分の決め事。

 だからバスを待った。

確か「高鉄」と書かれたのが新幹線のこと、バスの表示を頼りに、次々来るバスを確認して、時間通りに来た「高鉄行」バスに乗った。

 少し走ると郊外に出て、畑が見える。

 あれがマンゴーの木かな? あれはスイカ畑だ! あの池は魚の養殖池かな? ひょっとして昨日食べた魚はあのような池で取れた魚かな?

 お墓だ! 自動車解体業者だ! と外の景色を楽しみながら、新幹線の駅に向かう。

 そうそう、一人の時は殆どMP3で音楽を聴いている。

 殆どがクラシック。気持ちが落ち着く。


駅に着いた。

切符を買うために販売機の前に順番に並ぶ・・・画面を見ると中国語・・・・全く分からない・・・・

冷や汗が出るほど困った・・・直ぐに自分の順番が来た・・・う〜・・・・でも左下を良く見ると

English と書かれていた。

タッチすると表示が英語に変わった。

やっと理解できて切符を購入できた。 新幹線の切符の買い方は日本と殆ど同じだった。

新幹線の中は日本の新幹線と殆ど同じで、なんだか日本にいるみたいな感じ・・・・

外の景色も田舎を走っているので特別な感じがしない・・・・

2時間もしないで台北に着いた。

台北の駅は地下なので涼しい。

ホテルのチェックインにはまだ早いので、荷物を一つコインロッカーに預けた。

これは鍵ではなく暗証番号スタイル。 説明は全部中国語・・・・

でも何とか預けることが出来た・・・・でも 出せるか不安になる・・・・

お昼を食べるために地下街の食堂を見て歩く・・・・

結構人が入っている店に入り、麺と餃子を頼んだ。

台湾に着いたときと同じメニューだが店の清潔さは思い切り違う。

綺麗だし、涼しいし、感じもいい・・・でも出て来た麺も餃子も美味しくなかった・・・・

来た時に食べたあの不衛生な感じの店のほうが数倍うまかった。


人の人気と味は比例しないのか?????

値段も3倍だし・・・・それでも日本よりは安いけど損した気持ちになる・・・・

 

そろそろ午後からのアポの会社の方が迎えに来る時間なので駅の地上に出ようと思い、地下街の中の案内図を見ながら進む、また次に見た案内図を見ると、何だか方向が違う?????

また移動して違う案内図を見るとまた方角が変????

自分が持っている地図を引っ張り出し、比べて見ると、上が北側の自分の地図と案内板は逆?逆さま?

 やっと謎が解けた!

 台湾の案内図はその案内図に向かっての方角で表示されているのである。

だから南側を向いて案内板を見ると、上が南側だから、持っている地図と逆になるのである。

うーうー これに気づくまで20分はかかった・・・

時間が無い! 待ち合わせの時間が迫るのであせって地上に出て、地上で確認する。

外は暑い。 30度は超えている。

歩いているとノートに 「Mr SHIMIZU」と書いて持っている人がいたので声をかける。

「私が清水です。」 返ってきた言葉が中国語・・・・車に案内されて乗り込んだ・・・・

話しかけられても全て中国語・・・・

メールでは日本語で連絡を取り合っていたがこの人じゃないのか? 名詞を渡したが名刺もくれない・・・

会話の無いなかで1時間少々走ったか、小さなビルの前について降りて2階に案内された。

 薄暗い、従業員も見当たらない・・・奥から男性と女性が出てきて分かりづらい日本語で挨拶された。

名詞を渡したが名刺をくれない????

 そしてカタログをテーブルに出して、 「あなた 何買う?」 といきなり・・・・

モノを見たい! と言うと、 中国語で何だかしゃべり分からない・・・・・

 周りを見渡しても商品は置いてなさそう・・・・

ホームページでは台湾が本社で北京に工場と倉庫があることになっていたが、どう見てもそれほどの会社と言うより会社組織に見えないし、怪しい・・・・

 まずい所に来たな〜と思っていると、カタログを指差しながらまた 「何買う? いくつ? 円かドルか?」 と迫ってくる。

 「モノを見ないでは買わない!」 と言うと 3人の中国語が降ってくる・・・・・

 もうこれ以上いては危険と感じたので、靴の紐を結びなおし、リュックからモノを出すふりをしてリュックを抱え、「帰る!」と言ってドアに向かい 、途中から走って階段を降り、外に出てまだ走った。

後ろを振り返っても追いかけてくる様子も無い。

 でも外は暑いし、場所はどこか分からないし、車通りは少ない・・・・・

兎に角自分がいる場所が分からないといけない。 30度を超える中で歩くのはきつい・・・

30分ほど歩いているとセブンイレブンがあった! 水を買って 場所を英語で聞いて見た。

返ってくる言葉は中国語・・・・・・・

 地図を広げて、ノートに「位置」と「場所」と書いた。

地図を眺めてくれて指差してくれた。 場所が理解できた。

少し離れたところに電車が走っていることを地図で確認! 駅発見! 駅名の呼び方は分からん・・・ 

地図を頼りに歩き始める。

30分くらいで線路が見え、それから20分くらい歩いて駅を発見した。

電車は直ぐに来た。 冷房が効いている。その頃には自分の汗はズボンまで濡れ、リュックの背中もベタベタの状態・・・

 現地の人達は汗をかいていない・・・・ 毛穴が違うのか? 肌が違うのか? 体質が違うのか?

自分は汗をかくから水ばかり飲んでいる。 台湾の人はあまり飲んでいるのを見ない・・・

などと考えながら、何とか危機から抜け出せたのでホッとする。


電車は台北の駅まで直通だったし、もう電車の旅を楽しんでいる。

自分がどんな目にあうか分からなかったのに、2時間も経ったら忘れている・・・

少し反省した・・・

台北に着いてコインロッカーの荷物も無事出して、ホテルに向かう。

ホテルは日本語が通じないが何とかチェックインし、空港までのバスの乗り場を聞いたら丁寧に地図を書いて教えてくれた。

ホテルの部屋に入ってインターネットケーブルを探したがどこにも無い????

予約した時はインターネットが繋がることが書かれていた。

今日はアメリカにオーダーを入れなければならない仕事がある。

困った・・・・・ フロントに言ってもきっと通じないか、どうしようも無いと思うし・・・・

でもパソコンの電源を入れてみた・・・かすかに無線ランの反応がある。

ラッキーなことにセキュリティーが無い・・・・繋いで見る。 繋がった! 

弱いがメール送受信が出来た。

ネットも繋いで、オーダーも入れれた。 弱いから遅いし、途切れるので通常の3倍くらい時間がかかり、でも出来た!

 今日の出来事で一番ホッとしたことかも・・・・命に関係ないのに・・・デジタルなんだな〜??

やっとシャワーを浴びて、安心したらお腹もすいたけど疲れも出て来た・・・・・ホテルの隣にコンビニがあったことを思い出し、財布を持って出かける。

 目の前に食堂があったが、冷房はないし、昼に食べたような店しかないので、コンビニに入って考える。

 おー! 蕎麦がある! でもタレを見たらなんだか色が微妙に違う気がする。 やめた。

カップめんを食べたくなるが、部屋に電気ポットが無かったからあきらめる・・・・

 日本のラーメンに何かかけた冷麺があったのでそれを買う。日本のビールも買うつまみも買って、部屋に戻り、ビールを飲みはじめる。

 うまい! そうだ! マンゴーとバナナがあったんだ! と思い出し、鞄から出して見る。

涼しい地下街のコインロッカーに入れておかなかったら今頃どうなっていたか・・・と考えながらバナナを食べる。バナナは暖かくても美味しいからえらい!

マンゴーを冷蔵庫に入れて、一個食べて見る。 冷えていないがやっぱり美味しい。

昨日よりもっと美味しくなっているかも・・・・ もっと持ってくればよかったと後悔した・・・

 3本目のビールを飲み干したら酔いが回ってきた・・・麺を食べて見る。

なかなか美味しい。 

するとドアの外で大きな声で話す女性数人の声・・・ 直ぐにいなくなるだろうと思ったらそうでもない・・・

30分経つ・・・まだいる・・・そろそろ寝たいのに・・・・

 仕方が無い ノートに 「静」と書いてドアを開けて見せようとしたら、そそくさと部屋に入っていった。

 あー良かった・・・・・

 今日はハプニングも有ったし歩き疲れたし、寝るぞー・・・・・・

ぐっすり寝ることが出来た・・・・


朝、また廊下に溜まっている女性の声で目が覚める。

なんでこんなに大きな声で話すんだ〜??? 

時計を見るとまだ7時まえ・・・・・・

年配になると朝早く目が覚め、声が大きくなるのは万国共通なのか?

でもヨーロッパ人ではあまり見かけないよな〜・・・アジア人だけかな〜???


そんなことを考えながらもう寝れないし、起きてシャワーを浴びて帰国のために荷造りを始める。

今日は予定もないし、空港に行って帰国するだけ。

 朝食を食べる食欲が無いので、無理して食べないことにして、残ったマンゴーとバナナで朝食を済ませる。持ってきたのはこれで完食!

 のんびりとしながらホテルを出て、バスターミナルに向かい、バスに乗り空港に向かう。

空港に着く前にバスに酔ったのか貧血気味に・・・・・

 脂汗をかきながら搭乗手続きを済ませ、出国を済ませ、搭乗口まで何とか歩き、誰もいない待合室の椅子で横になった・・・・ほっとしたが貧血は治らない・・・・

 この状態で飛行機に乗るのは不安だったが、乗るまでに何とか元気が戻る。

 空港で昼食に最後の地元 小龍包 を食べた。 うまかった!

 そして、台湾を後にした。

また来る事があるかもしれない台湾。

仕事としては成果があったし、着てよかった。

尚且つ 台湾の人達は友好的で親切だ。

食べ物も美味しいし、いいところだ・・・・

少しは観光をしたかったが、そんな余裕はいつも無い。 でも満足! 

仕事に来たんだし、今は仕事が楽しいし、まだまだ沢山夢があるし!

久しぶりの海外出張、言葉の心配とかしないで何処でもいけるのはインターネットがあるから・・

本当に凄いと思う。ありがたいと思う。 

そんなことを考えながら短い時間の空路だが眠ってしまった・・・・・ 


台湾の旅、これで終わりです。

3週にわたりお読みくださりありがとうございました。


2010年6月4日(金曜日)

台湾の続き・・・・

カテゴリー: @|@17時34分06秒
524日、晴れ 朝起きてレストランに行き朝食を食べる
和食があったのでご飯と味噌汁と数点のおかずを食べたが、味噌汁の味が全く違う・・・甘い・・・・と言う
か味噌汁と思って飲まなければ美味しいのかも・・・・中華スープにしとけばよかったと後悔する。
9時前にロビーに下りて、迎えに来てくれる人を待つ、外に居るネクタイ姿の方が何となく迎えに来てくれ
た方だと思い、「清水ですが・・・」と名乗ると、「ようこそいらっしゃいました」と丁寧な日本語で挨拶される。
 迎えに来てくれた方は訪問先会社に通訳の契約社員とのこと、日本に15年居たことを聞くと、何となく
頼れる人と思った。
 車に乗って目的地まで15分ほど、会社の社長が待っていると聞き、どんな会社かと思って着いてみる
と狭い場所の自動車整備工場・・・・車は乗用車が縦2台入るほどのスペース、2階が事務所。
 
2階に通され、狭い丸テーブルとパイプ椅子に案内され、コーヒーを出された ???
中国の方なのにコーヒーとは?と思っていると、日本人はコーヒーが好きだと聞いて・・・と言われ、
気遣いに嬉しくなった。(毎朝1杯はコーヒーを飲むので)
 早速 自己紹介を兼ねて自分の会社の業務やサービスについて説明し、訪ねてきた目的を通訳の方
を通じて伝える。
そして、この会社の商品で興味あるものから質問を始めると、丁寧に説明をしてくれてとても分かりやす
かった。
 一つのアイテムの説明が終わると、次、そしてまた次、と全ての説明を聞きながら、質問をしながら打
ち合わせをしていくと、もうすでに昼時間を越えている・・・・・
 互いに技術的な話しになると、相手は中国語、僕は日本語、でも相手の目を見ながら熱くなりながら
相互に話す・・・・
3時間ほどたって通訳の方が、「少し疲れました・・・。今までにこれほど質問してきた人は居ないので・・
・」と言われ、「ごめんなさい。ついつい夢中になっちゃうので・・・」 でもこれが相手方の社長も喜んでく
れたようで、次から次へと ノウハウを教えてくれる。
それだけじゃなく、「困ったこと、聞きたいことがあったらいつでも通訳を通じて質問してきて欲しい。」
今までに日本人の客は初めてだが、これほど質問してきた人は始めてだと言う
一つ一つの商品に魂がこもっていることが伝わってきて、嬉しくなる。
早速注文をしてきた。
そして遅いお昼ご飯を一緒に食べに行く。
そこで年齢の話しに・・・・・
50歳だと言うととても驚かれた・・・・そして北海道の話をすると、奥さんが行って見たいといいながら、
22歳の息子さんが日本語の勉強をしているとのことで、私達に代わり息子に日本語でお礼を言いたい
と言われ、電話を掛けて僕に代わる。
息子さんと挨拶し、「貴方のお父さんにお世話になります。」と言うと「こちらも宜しくお願いします。」と
丁寧に挨拶をいただいた。
 家族としてお父さんの活躍を喜んでいる様子で、こちらも家族の絆を感じて嬉しくなった。
 そしてそのお店で食べた 小龍包はとても美味しかった。
  北海道に夫婦で遊びに来て欲しい、遊びにきたら沢山案内することを伝え、握手して分かれた。
 
 その日はもう一人会う予定があったので、ホテルに一度戻り、待っていると直ぐに現れ、早速工場に向
かった。
エアコンが壊れている車らしく、窓を開けて走るが暑かった・・・・
途中雨が振り出すし・・・・
そして到着した工場はとても大きな工場である。
入り口には守衛も居て、敷地も工場も大きかった。
そこで作られているオートマチックミッションの部品は全て整備用に作られていて、販売先の75%が
アメリカで、見せられたグラフに日本の名前は無かった・・・
日本は新車では有名だが、アフターマーケット側から見ると 後進国と思われるほどシェアが無い・・・・
これは数年前からアメリカに行って感じたことと同じ。
日本の整備工場ではミッションを分解して一部でも整備するなどの行為は全く行われていない。
全てアッセンブリ交換が主流で、簡単なトラブルでもアッセンブリ交換してしまう。
日本では部品が手に入りずらいのと、詳しい原因が分かっていないためと、技術が無い人が多いから・・・
 工場見学の引率者は20代の女性、最初は無愛想だったが、笑顔で挨拶したらずっと笑顔に変わってく
れた。
そして、工場を全て説明してくれたのには驚いた。
技術的なことでも殆ど答えられるスキルがある。 
仕事に男も女も無い風土なのだろう。
 
ここの工場では電子部品は全て11個点検を行っている
その事実を工場で見て驚いた!
品質管理に相当なポリシーを持っている。
ここの部品は自動車メーカーに純正品として収める部品ではない! アフターマーケット(修理用部品)
で使われる部品である。
 感心した! 感動した!
 
その大きな工場の会長さん社長さんにも会うことが出来た。
会長さんは事務所の前の「盆栽」をいじっていた。
日本人だと分かると、「北海道の千歳に行ったことがある!」と言われ、「北海道から来ました!」と言う
と握手を求められた。 嬉しかった!
 
工場を後にし、案内してくれた方がお土産にと「お茶とバナナとマンゴーをくれた」バナナとマンゴー・・・・
 美味しそう。
でも持って帰れない・・・・ 明日は移動だし、鞄は小さいし・・・・
でもいただいたものは喜んで受け取った。
ホテルに戻って一人になると、1日の疲れがどっと出てきた・・・・
マンゴーを冷蔵庫で冷やし、バナナを1本食べて見た。
台湾バナナ、やはり美味しい!
 
夕食は7時から午前中の通訳の方と午後からの通訳の方と3人でホテルのレストランでバイキング方式
の食事をした。
魚を蒸した中華料理が好きなので、オーダーして食べるととても美味しかった。
魚の食べ方が綺麗なので驚かれた。 ちょっと優越感。
 
食後に台湾名物の「夜市」に連れて行ってもらった。
凄い人、そして料理屋さんがずらりと並び、ゲームや雑貨や服などを売っている出店が沢山あり、賑わ
っていた。
中国とか韓国、ベトナムで体験したような腕をつかまれての売り込みなど無いので大変歩きやすい。
 
結局何も買わずに一周してホテルに戻った。
戻ったところで冷蔵庫に入れておいたマンゴーを爪でむいて食べて見た。
とても美味しかった。
熟したマンゴーは大分の方から時々贈っていただいて食べるが、やはり熟したのは美味しい!
 
感激して3個も食べた。 それでも10個くらいある・・・・どうしよう・・・・
って考えながらその日は寝てしまった。
 
また次回に続く・・・・・・

23 queries. 0.154 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔