最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2006年 12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2006年12月31日(日曜日)

◎ もうすぐ2007年です。 ◎

カテゴリー: @|@23時06分24秒

後1時間半で2007年です。

今年の大晦日は朝から蕎麦を30人前打ち!

その後は魚を捌いて、なんだかんだと料理を作り、家族全員(母、姉二人の家族と私の家族、総勢15人)が集まり年越しパーティーを楽しみました。

今晩の豪勢な魚は、10年ほど前からお世話になっている札幌市厚別のカウボーイの中の「岩淵水産さん」に買いに行き、刺身や蟹や真だちに牡蠣などなどたくさんの食材を超特価で別けていただきました。

岩淵さんにはいつも可愛がっていただき、一度は自宅で美味しい魚とお酒をいただき、あまりの美味しさと酔いで私は腰が抜けてしまい、女房にタクシーで迎えに来てもらったことも・・・

その当時から病気があった岩淵さんですが、最近はあまり顔を見ることが無く心配していたのですが、昨日は久しぶりに元気な顔を見れて安心しました。

 いつもお店の中心で元気で活気のある声でお客様に話しかける奥さんと、いつもニコニコしてお客様の相手をしている岩淵社長、そして活気あるスタッフの皆さん、魚の鮮度は間違いなく岩淵水産ならではのものだと思います。

これからもお世話になります。ですからいつまでも健康でいてください。

(下の写真は岩淵さん夫婦です。)

さて、もうすぐ2007年です。

今年一年もたくさんの出来事があり、いくつもの気づきや前進を体験させていただいた年でした。

多分、必ず、絶対に来年もたくさんの出来事があるでしょう。

それを大いに楽しみ、己のものにして行こうと思います。

来年も宜しくお願いいたします。

では皆様良いお年をお迎えください。  2006年に感謝!

 


2006年12月28日(木曜日)

◇ 男同士のイタリアレストラン ◇

カテゴリー: @|@10時16分57秒

◇ 男同士のイタリアレストラン ◇

昨晩ですが、男3人で札幌中央区にあるイタリアレストランに行ってきました。

アッとその前に、カレンダープレゼントのお申し込みを多数いただき有難う御座いました。(読んでいただいている方に感謝しております。)

メンバーは某テレビ局の報道記者の方と、某カー雑誌の専属ライターの方です。

とても良い雰囲気と美味しい料理、そして大好きなワインの種類が豊富で、またソムリエの方がこちらの好みを言うと的確に選んでくれて、とても楽しい時間を過しました。

回りの雰囲気はカップルや女性同士のお客様が多い中で、男同士のイタリアレストランってのもとても絵になりました!

(勝手に自分で思い込んでいるだけですが・・・・回りは異様な男達と見えたでしょうか?)

しかし、何と思われても、美味しい料理を食べ、美味しいワインを飲みながらの男同士の会話もとても楽しいですし、有意義なものです。

お店の名前は

「NA・CHU・LA」(ナチュラ)http://www.nachula.com/r/index.html  

イタリア料理がお好きな方は是非一度・・・・・(カウンターがあるので一人でも入れる雰囲気です。)(勿論デートにも最適!)お勧めです。

ちなみに私たちが頼んだ料理は シェフのお任せ料理で、その中でも特に、最後に出してくれたエゾシカの肉を使ったパスタは最高でしたね!

>

 


2006年12月22日(金曜日)

♪ホワイトイルミネーション ♪

カテゴリー: @|@13時02分33秒

ホワイトイルミネーション

 

 昨晩、札幌大通りの近くのビルで行われる月一度の勉強会がありまして、開始まで少々時間があったので札幌大通り公園で行われているホワイトイルミネーションを2丁間だけですが拝見してきました。

 

 北海道の冬は空気が乾燥して特に視界が良く、遠くまで鮮明に見ることが出来るのですが、ホワイトイルミネーションはその効果もあって、様々な色の電球の光が一面に輝いていて、とても綺麗でした。

 

 綺麗な風景を見ると直ぐに写真を撮りたくなる習性が芽生えた今日この頃、デジカメは常に離せません。

 そして昨晩も勿論写真を撮ってきました。

 出来れば大通りの端にあるテレビ塔の上に上がり、そこから大通りを移すと何丁にも渡るホワイトイルミネーションを展望することが出来るのですが、時間もそれほど無いので歩きながら何枚か撮った程度です。

 

 三脚があればもう少し幻想的な写真が撮れたかもしれないのですが、私の写真よりもホワイトイルミネーションに興味のある方は是非札幌に遊びに来てください。

 大通り公園を見て歩くのは寒いかもしれませんが、その後に美味しい札幌ラーメンで温まれば最高に満足できるのでは?

 イルミネーションは今月末で終わってしまいますが、来年是非いらしてください。

 

 北海道人として心よりお待ちしております。 


2006年12月19日(火曜日)

♪ かわいいカレンダープレゼント ♪

カテゴリー: @|@10時44分59秒

上の写真は今年当店が作ったカレンダーの写真です。

かわいいでしょ!

このカレンダーは、当店が出店しているyahooオークションで商品をご購入いただいた方に、今週末よりプレゼントを開始する予定のものなのですが、このブログを見ていただいている中の個人の方に20名20冊限定でプレゼントさせていただきます。

(申し訳御座いませんが法人、企業の方はご勘弁下さい。)

卓上型のカレンダーで裏側には丸い鏡が付いていますよ!

20名に達しましたら締め切らせていただきますのでご了承下さい。

ご希望の方は 郵便番号、住所、お名前、電話番号を添えて 「かわいいカレンダーちょうだい!」とメールを下さい。

アドレスはこちらになります。

shimizu@s-hokusyo.com


2006年12月15日(金曜日)

♪ 歩くということ ♪

カテゴリー: @|@17時09分39秒

歩くという事

 

普段車で走っている道路でも、同じ道路を歩いてみると、見たことが無い風景や風情が目に飛び込んできます。

見たことの無いモノが目に入ったり、美味しそうな香りを感じたり、聞いたことの無い音や、人の話し声、音楽なども聞こえてくる。

そんな体感をしながら歩いていると、だんだん体が喜びだしてくる。

もっと歩いてみよう、今日はこの道を歩いてみようかな? なんて・・・・ 

逆に乗り物を使うと言うことは、人間の能力を超えた移動を可能にするいわば「ワープ」なのだろうか?

音は乗り物の音が中心で、目に入ってくるものは遠くのもので近くのものは次々とやり過ごす。 匂いも勿論感じない。 何だか時空間のよう・・・

 だんだん早く移動できるものを作った人類は単純な言い方で凄いと思うが、それにつられて速さの追求が先行され、「待つ」とか「時を過ごす」ことが下手になってきているのかもしれない。

歩いてみると、時間を使い、時間を過ごし、移動先に早く着きたい気持ちに余裕を待たせることが出来る。

 そしてその時間の中で、目、耳、鼻、にたくさんの情報が入り込んでくる。

そんな楽しみをしながら健康に良いなんて何て良いことなんだろう!!

 皆さんも歩いてみませんか?

 

(下の画像は大分県竹田市に残る 豊後街道(岡藩)です。)

(歩いてみましたが、石の上は歩きづらく、草鞋を履いて歩いていたのですから余程足の皮が硬かったのでしょう。)

 

 

 


2006年12月13日(水曜日)

感動のパーティー

カテゴリー: @|@20時14分36秒

感動のパーティー

 

パーティーには様々なスタイルがあり、主催者の想いによって、沢山の出会いがあったり、感動や喜びを与えてくれます。

 

昨日僕が出席させていただいたパーティーは200名ほどの立食パーティーでした。

お料理と設備以外は全て手作りで、その手作り感から発せられるパワーと言うか音波というかは、誰もが楽しく、誰もが笑顔になり、誰もが友達になっていく感じがしました。

 

 気持ちを込めるのは何も形やモノばかりではなく、心のこもった言葉、表情、姿から発せられるものの方が大きいということと、 また気持ちがこもったパーティーでは、いつの間にか主役は参加者全員になり、パーティーの流れと共にとても感激、感動するということを体験させていただきました。

 お客様とお店、お店と仕入先、しかし何よりも互いの人間関係を重んじていることが素晴らしいパーティーになっている源と感じました。

 

 有難う御座いました。

 

(歌にも魅せられ、そしてワインも料理もとても美味しく、生まれて○○年の中で最高に思い出に残るパーティーでした。)

 


2006年12月10日(日曜日)

♪笑うって難しい ♪

カテゴリー: @|@09時11分11秒

笑うって難しい !

 

先日、社内の研修でお客様への対応の基礎を講師の方にお願いして2時間ほど行いました。

最初に教えられたことは、「お客様への対応は見た目の表情が第一で、次が姿勢で、三番目が会話の内容」でした。

 そして表情(親しみやい表情)の作り方を教わったのです。

 これって意識して作るのはとても難しいということを理解しました。

鏡を見ながらその表情を作るのですが、本当に難しく、無理にすると「ほほ」の筋肉がこわばってくるのです。

 

 そこでその先生がおっしゃっていたことは、「航空会社のキャビンアテンダントの方は唇に割り箸を挟み、1時間とかよだれを流しっぱなしでほほの筋肉を鍛えるんですよ!」と言われ、確かにキャビンアテンダントの方達は常に表情が柔らかく、親しみやすい表情をされていますよね。

 そこで、今度飛行機に乗ったら聞いてみよう! って思い、実はつい先ほど機内の中で聞いてみたのです。

 

 「表情を作る訓練をされていると聞いたのですが本当ですか? その方法が割り箸を唇ではさみ、ほほの筋肉を鍛えると聞いたのですが・・・」と尋ねてみると、「その様な方法で教えられる講師の方もいらっしゃいますが、顔の目と口を別々に笑顔の表情が出来ているか、鏡に向かって半分手で隠しながら確認することが多いです。」「ですが、その方法と共に気持ちを作ることがとても重です。」と教えていただきました。

 

 確かに、表情は作ることが出来るでしょう。

 しかし、気持ちが入っていなければ親しみや好感は持てないでしょうね。

 

自分は先ずは遣ってみたくなる性分ですので、早速トイレに行って鏡の前で実践して見ました。

口元を手で隠して目元の表情が微笑ましいか・・・・・・いやー難しい、自分の体なのに全く言うことを聞かない・・・・・

今度は目元を隠して口元の確認をしようと思いました。・・・・・・・自分の馬鹿さ加減を知りました。 目を隠しているのですから見えるわけがありません。

 

 自分のアホな行為に微笑んでいると・・・その瞬間の目元、口元・・・・これだ! って思いました。

 

 お客様に好感を持って貰おうとして表情を作るより、「自分はまだまだ人間として出来ていない、人生の修行中の人間です。」と思ってみると、「人から教えをいただく姿勢」 プラス 「人からの教えに感謝する心」 イコール 「親しまれる表情」 が 出来るのでは! と思いついたのです。

 

 喜ばれよう、何かしてあげよう、は自分の驕りとなってしまいますから・・・・

今日は高い飛行機代(航空会社さん失礼)をかけての移動ですが、何だかとても得をしました。

 

 有難う御座いました。


2006年12月1日(金曜日)

部品の呼び名???

カテゴリー: @|@16時45分46秒

部品の呼び名 ???

当店がメインであつかっているパーツは「中古部品」「リサイクル部品」「リサイクルパーツ」「中古パーツ」などなど色々な呼ばれ方をしています。

 お客様にとってどの様な呼び方が言い易く親しみやすいのでしょうか?

また検索する際はどの様な名前で検索されていますか?

同じものなのに呼び名が違うと紛らわしいですよね。

それって何?って聞かれた場合、自分は時々この様な表現で説明します。

リサイクルされる車は大切なドナーで、その中からまだまだ利用可能な臓器(部品)を取り外して、その部品を必要としている車に移植してその車を蘇らせる、貴重な自動車循環部品です。」と・・・

 しかし、1台の車から取り外せる部品は数多くあるのですが、利用されるケースがまだまだ欧米に比べて少なく、使える部品だけど「売る機会が無い」から資源として処理するケースが圧倒的に多いのです。

 

 この結果は当店のような業者の努力不足に寄るものが大きいのですが、自動車業界の仕組みが欧米やヨーロッパと大きく異なる点も原因だと考えています。

 

 当店はこれからもyahooなどを通じてどんどんオープンにして行くのと、車のことはあまり分からない方への対応を充実させて行きながら、折角のドナー車をより有効的リサイクルできる環境にしていきたいと考えていますので応援宜しくお願いいたします。

以下の写真は、私が月に2度ほど水を汲みに行く山より写したものです。

いつも母と二人で水を汲みに行き、その水でお酒を割り、お味噌汁を作り、お茶にしています。 やっぱり美味しいですよ。


23 queries. 0.054 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔