最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2008年 12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2008年12月31日(水曜日)

♪ 今年も一年ありがとう! 

カテゴリー: @|@10時12分48秒

今日は大晦日です。

朝から会社に来て、yahooオークションの出品商品のメンテナンスをしています。

土曜日曜以外はメンテナンスをしないと後々大変なので、明日も明後日も毎日仕事があります。

でもこれが結構落ち着くと言うか、昨日1台ディスプレーが壊れたり、メーラーが壊れたりで、トラブルが続いていますが、写真の愛犬2匹と来ていると何だかイライラせず癒されるんです。

大型犬のマロンは昨日も僕のベットの上で寝てました・・・・・・ :-(

テツは首に腫瘍が出来てしまい、ステロイド剤を飲ませながら様子を見ています。 :cry:

もうテツは14歳、マロンは9歳・・・・ 本当に癒してくれる犬達です。 :-D

この愛犬たちと会社に来て、のんびりと仕事してます。

振り返ると今年は激動の年でした・・・・ 

当社も大きな影響も受けています。

しかし、お正月を迎えることが出来ました。

それも久しぶりに家族4人が揃うお正月です。

しかし、年末近くになってから職を失ってしまった方、住むところまで失ってしまった方のことを考えると、本当に不安な日々をお過ごしのことと思います。

 来年からもまだまだ厳しく険しい経済状況が続くと推測していますが、社会の仕事が全て無くなる訳ではないですし、需要の量は減りますが、需要そのものはなくなることは無いのです。

 その少ない需要が発生した時に、我社を選んでいただけるか? 我社の将来を期待していただけるか? 今までの我社に喜んでいただけたか? この様なことで、この先の方向は変わるのかと考えています。

 社会にモノが溢れ、もう新しいもの、長持ちしないもは必要とされるチャンスは減るのかと推測します。

 これからこそ本物趣向に変化して行き、一緒に人間の価値観もしっかり身につけていく時代なのだと感じています。

 2009年を考えた時に、現在は明るい話題が無い世の中ですが、需要を諦めないで、社会やお客様のために努力を続けて行き、より強く成長していきたいと、今をチャンスと捉えています。

 精一杯頑張りますので皆様宜しくお願いいたします。

では、皆様にとって、2009年はチャンスに満ち溢れた輝かしい年でありますことを心よりお祈り申し上げます。

2008年は大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

 


2008年12月27日(土曜日)

☆ 吹雪の中を・・・・・・

カテゴリー: @|@04時59分31秒

昨日は前日から続いた吹雪であちこちで事故や渋滞が起きていました。

下の写真くらいだとまだ視界が良い方で、30メートル前の車が見えなくなるほどでした・・・

その視界が悪くて、極度の滑るアイスバーンの中を、追い抜かしするプロドライバーが居るのには驚きましたが、私は50キロ以上出せなかった、出さなかった極度のアイスバーンの上を70〜80キロの速度で追い抜かしていく大型トレーラーや大型車が何台もあることに驚きました。

その内の2台が私を追い抜かしていった先で、路肩に突っ込んでしまっていました。

大型車が事故を起こすと道路を塞いでしまうことが問題です。

仕事の関係で急がれていたのかと思いますが、事故になってしまうと遅れる時間は予測ができないのが吹雪でアイスバーンの時です。

 プロのドライバーの方こそ、安全な運転を徹底して、回りに迷惑をかけない走り方をしてほしいものです。

 こちらの対向車線にはみ出してくるトラックドライバーも2度遭遇しました。

2度目は 「もうだめだ!」と思う程の危険状態でしたが、相手が気が付き避けたので、助かりました。

 その通り過ごす時に見えた相手の左手には携帯電話を持っていました。

プロのドライバーさん。 安全運転は貴方達の使命です。 その前に道徳を守ることを心がけてください。

 人に迷惑を掛けるような事故を起こしたら、一生を台無しにすることだってよくあることです。


2008年12月22日(月曜日)

☆ どっちもどっち!

カテゴリー: @|@21時42分37秒

呆れてしまうお話です。

商品の品質に問題があるとの連絡を受けて、商品を戻してもらって点検しようとする前に、届いたものは送ったものと違うものが送られてくることがよくあるのです。

当店と直接取引をしていただいているお客様からはこのようなことはないのですが、同業者を経由して販売した場合に時々あるのです。

そして先日もあり、仲介した同業者に連絡すると、違うものが届いていると言えないと言うのです。

これには当社の担当者も驚き、何故違うものが届いていると言えないのかと聞くと、大きな取引をしている相手で、時々あることだから・・・ とのこと。

考えられない事でした。

確かにその会社の名前を聞くと、全国に数百の店舗を持っている会社で、全店舗を合わせると大きな売り上げなのだと思います。

 しかし、商品を送ってクレームだと、商品が悪くもないものにクレームをつけて、商品をタダにさせているとはとんでもないことです。

 でもこの様なことはよくあることなのです・・・

送ったものと違うものを返してくるとか、合わなかったから返すと言って返してこないとか、壊れていると言われて状態を追及していくと相手方のミスであったとか、とても信じられないようなことがあるのです。

 その殆どが業者であることが最も情けないことでもありますが、その様な会社に商品を売り続けている同業者はもっと情けないと思います。

 その様な業者とその様な業者に販売している同業者がいる限り、どんなにリサイクル部品(中古部品)の品質点検技術を向上させても、クレームは減りませんし、消費者からの知名度も信頼度も上がらないでしょう!

 そして尚且つ、部品を点検して作り出している会社の技術もポリシーも無視したその姿は、自動車ユーザーにとってはマイナスでしょう。

その様な心無い業者をこの仕事の中から辞退していくか、心改めて、だれに対してもまじめで正直で誠実になれるかこの世界不況の今だからこそ、業者の大浄化の時です。

 小さな網で浄化していてはだめで、頭の中から浄化される強い仕組みが必要です。

 それが消費者からの指示を受けることではないでしょうか?

 その様に考えて、当社は消費者には正直で真剣で誰よりも役に立つ存在でありたいと思っています。

  ライバルは同業者でも、車買取店でも車販売会社でも、整備工場でもありません。

 お客様へのビジョンが一致して一緒に行動することができたら、それはライバルはなく「パートナー」です。

 パートナーシップは日本の企業間の「売ってやってる! 買ってやってる!」この感覚では全く前に進まない、消費者も満足を想定しているものではないことがよくわかります。

 その様な事も理解できる人、理解できない人、経営者の中にもたくさんいますよ。

その辺を教育するのではなく、浄化する必要があるのです。

 浄化とは、消費者が選択するということなのです。

 今までは人に任せていた車検整備も、誰に出す方が良いかしっかり判断することなのです。

 それが進めば、人をだまして暴利を得ようとか、仕入れ先に嘘をついて利益を出そうとするような悪徳業者は利用されることがなく、逆にそのようなことでもなんでも消費者の満足と、安全と会社のサービス発展を考える会社を人は選択を初めて利用が多くなったとしたら、自然と「誠実さ」「正しさ」「熱心さ」「明るさ」「根気よさ」を追及している同士がビジネスパートナーとなり、一緒にユーザーに向かうためにも最良のパトナーとなるでしょう。

 それができないところ、イコール、悪徳なところは淘汰されていくのです。

 私はこれから数年間続く経済不況を考え、徹底的に浄化活動と健全体質変化への支援をしていきたいと考えています。

1.ゴミを分別できない、ゴミを指定の場所に捨てれない。

2.社員をまとめて解雇する。

3.仕入れ先に仕入れ金額の交渉ばかりを迫る

4.お客様に「いらっしゃいませ」の言えない社長や幹部がいる

5.電話が鳴っても、社長や幹部は率先して出ようとしない。

6.社長も幹部も経営改善の正当な策を出さない

7.言葉使い、姿勢、身なりが悪いのでは経営者はできない。 (仕事が来るわけがない)

まだまだあるようですが、これからは浄化されていく時代に入ります。

 その時の消費者の方にとってどのような会社が必要でどのような会社が不要かを吟味されるべきですね。

 本当に期待したいですし、自分も仕事を離れたら1消費者として、自分のポリシーをもって判断し、利用するとこと、利用しないところを明確にしていこうかと思います。


2008年12月19日(金曜日)

♪ カレンダープレゼント! 

カテゴリー: @|@17時49分17秒

大変遅くなりましたが、今年もカレンダーのプレゼントをさせていただきます。

ご希望の方は、,幹望の種類 ⇒絞愴峭罅´住所 い名前 ヅ渡暖峭罅,鬚患入の上、

こちらまでメールを下さい。

info@s-hokusyo.com

先着順ですのでお早めに!

 

A. フェラーリ 高級アルミ製カレンダー (写真写りが悪いですね〜 :oops:

  先着5名様 

 

B. 可愛いワンちゃんの壁掛けカレンダーです。

  先着10名様

 

C.可愛いペット(犬&猫)の卓上カレンダーです。

 先着10名様


2008年12月15日(月曜日)

☆ 日曜祝日も営業しています。

カテゴリー: @|@00時17分37秒

今月から今まで休日にしていた第二土曜日と日曜祝日も営業を始めました。

インターネットを通じた部品購入のお客様と、車の買取のご依頼などが多くいただけるようになったからです。

 日曜祝日は2名だけの出勤で、部品に関するお客様対応の担当者1名と、車買取の対応を行う担当者1名で営業しています。

 先日13日の土曜日が私の出番だったのですが、メールやインターネットを通じたお問い合わせや、部品購入ご希望の業者以外の個人のお客様からのご依頼が多く、一日忙しいくらい仕事がありました。

 個人のお客様はメールやインターネットを通じて問い合わせをいただけるケースが圧倒的に多いので、とても仕事がスムーズに進み、且つ互いにミスも防げて正確になるので助かります。

 しかし、まだまだ多いのが自動車業者からの電話での問い合わせです。

 問い合わせの内容も回答の内容も、履歴が残らないので後からまた確認の電話が入ったりが多いのと、部品が違ったとか、金額を勘違いしていたとか、トラブルも出るのが電話でのやり取りです。

 当社がお客様へのサービスで提携している「北進自動車工業」さんは、問い合わせをいただける際は殆どfaxです。

 当社からもfaxで答えます。

 そうすることで互いに仕事に集中できるし、当社からの回答の電話に出ることもなく、返答が返ってくるわけですから、とても便利であり無駄がないです。

 先週平日の夕方帰宅するころに、本州の業者と思われる方から部品の問い合わせを電話でいただき、回答の電話をして、購入の依頼をいただいたのですが、当社の口座をお伝えしたり、相手の住所を聞いたり、その住所がコンピューターで出てこないためまた電話すると一文字違っていたり・・・・ メールやfaxでのやり取りだと合計15分位で終わる作業が、40分ほどかかっても完了しませんでした。

 電話によるコミュニケーションを重視する方もいらっしゃいますが、それはそれで大切ですが、部品などのやり取り、ミスがあってはいけないやり取りはメールやfaxが一番です。

 まだ部品の注文や確認を電話でされている方、今一度考えなおしてはいかがでしょうか?

 互いの仕事をミスなくスムーズに正確に終わらせるために メールやfaxを利用しませんか?

 現在当社では、販売担当者がお客様から受けるメールやインターネットやfaxでの問い合わせや連絡は、全体の80%くらいです。

僅か20%が電話での問い合わせで、その20%が全体の時間の40%ほどを利用しています。

 これは受けた当社だけの問題ではなく、電話で問い合わせをいただいた側も同じように時間を費やしていることでしょう。

 今の厳しい世の中で、そのままでよいのでしょうか?

 時間を有効に使い、正確に、早く、無駄のない業者取引をするために、メールやfaxの利用を進めることが必要な時代だと思います。

まして個人ユーザーの方がどんどんインターネット、メールを駆使している中で、業者の我々が遅れをとると、相手にされなくなるのはすぐ先の話ではないでしょうか?

 日曜祝日の営業の話から大きくそれましたが、個人のユーザーが部品を自分で購入して整備工場に行く時代です。

 業者側も大きく変化が必要な時代だと思います。

 

 

 


2008年12月10日(水曜日)

♪ 次から次・・・・・

カテゴリー: @|@21時15分59秒

契約社員や季節社員の解雇が相次いでいます。

学生の就職内定の破棄も相次いでいます。

どこも大変なのは事実でしょう。

何か月待っても良い方向に行くかは分かりません。

そして、数字上で数千人の人間を解雇しているニュースを見ると、恐ろしさを感じてしまいます。

大企業も中小企業もどんなビジネスでも顧客の満足を追及しているのは間違いないと思うのですが、大企業からすると従業員も顧客と同じ存在ではないのでしょうか?

企業の存続をかけて守るのは良くわかりますが、人を失ってまで存続をかけて何が残るのか疑問に思います。

 ハローワークには長蛇の列が並んでいると聞きます。

次から次に起こる辛い話し・・・・・・ 何故か顔が引きつります。

 

 


2008年12月9日(火曜日)

☆ 僕にとっては大切な存在!

カテゴリー: @|@11時48分59秒

国の出先機関の統廃合について北海道の新聞を騒がしています。

9件の出先機関がある中で、私個人の意見ですが、「北海道経済産業局」は縮小せずに維持して欲しい願いがあります。

 私のここ10年間くらいの間、価値ある情報を送ってくれたり提供してくれたり、はたまた困っている時などにアドバイスや関係機関を紹介してくれたり、とても助かっているからです。

 行政機関は活用するものと言われますが、私は沢山利用させていただいております。

例えば ホームページ活用セミナーの案内をもらったり、テスター機を開発前に相談した時は「北海道立工業試験場」を紹介してくれたり、何かと情報を貰えたり、相談に乗っていただいて助かっているからです。

 これだけの情報を他の行政機関は勿論、北海道庁からは全く無いのが現実です。

 それが北海道に移行されたとすると、価値が無くなる可能性を感じています。

 中小企業のビジネスでは中々知りえないこと、他の業種との連携や紹介、ノウハウセミナーなどの案内、本当に利用価値があるのが「経済産業局」です。

 私の希望など届かないかと思いますが、強い願いであります。

 

 


2008年12月4日(木曜日)

♪ 中国の子から手紙が来ました!

カテゴリー: @|@21時44分33秒

今年支援を始めた中国の子から手紙が届きました。

B5の用紙にギッシリとしっかりした漢字の手紙です。

手紙は中国の中学校から、日本の中国児童教育援助協会の代表の菅代表に送られ、訳をつけていただいて送っていただきました。

内容を読むと、今年の9月から家からは遠く離れた中学校に入学し、1週間に一度家に帰る生活を送っていることのことで、小学校1年の妹が心配、病気の母が心配、一人で仕事も母と妹の面倒も見て家事もしている父を心配しながら中学校生活を送っているとの手紙でした。

13歳の女の子が1週間に1度しか家に帰れないのは心細く寂しいことだろうと思います。

でも立派な大人になってくれたらと願っています。

忙しさで援助している中国の子の事を忘れていましたが、心が熱くなる手紙を読んで、自分も負けないように頑張らなければ! と思った今日でした。

中国児童教育援助協会さんのホームページは以下のアドレスです。

http://homepage2.nifty.com/cceas/


2008年12月1日(月曜日)

♪ 事故車 廃車は買っています!

カテゴリー: @|@22時45分03秒

最近ですが「北翔さんは事故車とか廃車買ってるの?」とよく聞かれます。

鉄くずの価格が暴落してから買い取り価格は下がりましたが、事故車は下がっていません。

事故車は部品取り車両として価値があるので、数万円から数十万円で購入しています。

これはビジネスを部品を主体にしたスーパーライン北翔だから出来る事です。

スクラップや貿易を主体にした解体業者とは違う点でしょう。

オークションに出品するよりも価格で有利なのも現実です。

数か月前まではオークションが一番有利かと思われていたようですしが、時代というか状況の変化って恐ろしく一瞬で変わります。

 事故車や廃車はスーパーライン北翔に譲ってください。

 


♪ 今日も白鳥発見!

カテゴリー: @|@21時32分09秒

丁度この辺です。

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=42.98203306&lon=141.67842694&sc=5

落穂を食べに来ている白鳥を見ました。

白鳥の飛んでいる姿が好きで、あの飛んでいる時の翼の形が特に好きです。

飛び立つ時、着地する時、そしてなにより滑空している時の翼は優雅で綺麗です。

まだ家の周りでは鳴き声を聞いていないのですが、家の近くの沼には来ているのか確認していません。

最近休日も無くゆっくりと散歩もしていないので気が付いていないのかと思います。

年末は毎年恒例ですが、お正月まで休暇は無しです。 :oops:

そしてお正月休みに風邪を引くのも毎年恒例です。

でも、毎年恒例って思うくらいなんですから恒例の方が良いのかも知れませんね。 :hammer:

 


23 queries. 0.058 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔