最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2010年 5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2019/09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2019/10
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2010年5月29日(土曜日)

台湾出張記 No 1

カテゴリー: @|@07時41分52秒

 523日日曜日、天気晴れ 

16時の千歳発台北行きの飛行機に乗り台北に向かう。

到着すると現地は豪雨の真っ最中・・・ 

入国審査では話しかけられずにすんだ・・・・ホッとする・・・

中国語と英語の案内表示を解読しながら空港ビル内のバスステーションを探し当てる。

予め「yahoo知恵袋」で質問し、答えてもらった「桃園空港から台南」へのバスでの移動方法をプリントアウトして持ってきたので、それを読みながら、台南までの運行バスがあるバス会社の窓口に行く。

日本語で話してみた・・・・全く通じず、英語で対応された・・・・行き先「台南」と人数は「一人」であることを伝え、乗り換えターミナルとバスの出発時間を丁寧に教えてもらった。

英語でゆっくり話してもらえると何とか分かるが、こちらは話せない・・・

それなのに良く一人旅するもんだと自分でも思う。

台南まで1度乗り換えして代金は600元(約2000円)、yahoo知恵袋では3人中2人が「バスで台南に行くのはありえない!」との教えをいただき、「新幹線が時間が掛からないしベスト」と書かれていたが、今日は現地について寝るだけなので、のんびりと行けばよい、そしてとても豪華なバスだと言う事を調べていたので乗りたくなっていたのもある。

 

でも乗り換え場所からの出発時間が947分でそこから3時間半・・・・考えてみると夕食はどうしよう?

着いたら深夜2時ころだと考えると食べる店なんて無いと思うし・・・

そんなことを考えながら乗り換えのバス停について降りると、雨は続いている。

傘はないし、バス停は狭いし、人は多いし・・でもラッキー!

 隣に食堂があった!

見た目は不衛生、店の床にはゴミが落ちているし、調理場は半分外のような食堂・・・「しゃあないか〜」

と思って入って、中国語のメニューを指差して牛肉麺と餃子を頼んだ!

餃子を指差して頼んだらなんだかんだ中国語で言われた・・・・

全く分からない・・・・

多分もう売り切れだ!とでも言われたのかと思い、座って暫く待つと牛肉麺が出てきた。


美味しい! 牛肉はスジだらけだが、煮込まれているので柔らかく味もいい!

冷蔵庫に入っているペットボトルのお茶を勝手に出して飲みながら麺を食べていると???餃子が出てきた?

きっと何個食べるか聞いたのか? それともタレを何にするか聞かれたのか?

 まーいいやと思い食べてみると、これまた美味しい! 「美味!」

出てきた餃子10個と麺を食べ終え、お金を払うと全部で140元・・・

ペットボトルのお茶も入って・・安い。


台南行きのバスが来るまで停留所でしばし待ち、次から次へと来るバスのどれに乗るのか大きな声でアナウンスしてくれているが中国語なのでさっぱり・・・・だから不安・・・

バスが来る時間と自分の感だけが頼り・・・・

でも何とか乗れた。

 バスの中は電気を消されるので本は読めないし、外は雨だし暗いし何も見えない・・・・

そうこうしているうちに寝てしまう・・・ 

この状況で寝れるのだからいい度胸していると自分を褒める!

到着を知らされ目が覚めて起きると誰も乗っていない・・・、

バスを降りると、そこは街の中だが開いている店は無い、バスの運転手にホテルの名前を言って方向を聞くと、右方向を指差す。

シェーシェーと中国語で感謝して荷物を持って歩き始める・・・

まだ頭の中は寝覚めでボーっとしている。

でも直ぐに台南駅を見つけたので、ホテルの方向と道路が理解出来た! 

これもインターネットで確認しておいたから出来ること、人は居ないし、たとえ居ても言葉が通じないし、でも行きたい所に行ける!

 これって凄いな〜と思う。

 インターネット情報に感謝!

 知恵袋でも教えてもらっていたし・・・

 10分ほど歩くとホテルに着いた。

 ホテルは日本語が通じた! 部屋に入り早速シャワーを浴びる。

なんてたって 暑い中で雨が降っているので湿度が高くて不快指数120%でしたから・・・

9時には訪問先の方が迎えに来てくれるので、2時を過ぎているが直ぐに寝た

人間 行きたい場所に行き、食べれて、寝れれば心は落ち着くもんだ・・・・

台湾への旅話し、 次回に続く・・・


2010年5月26日(水曜日)

久しぶりの出張です。

カテゴリー: @|@18時10分32秒

日曜日から台湾に出張に来ています。

台南で興味のある会社が2社あったのでメールで何度か連絡を取り、やはり自分の目で見て確認してからビジネスを進めたいので、やってきました。

初めての台湾、暑いです。

そしてにぎやかです。

台湾の方は「台湾も景気が悪い」「若者が減っている」と言っていましたが、どう見ても日本より元気で活気があるし、若者も多いように感じました。

 そして、見学した会社は大きさが対照的で、1社は家内創業、1社は300人あまりの会社でしたが、どちらも技術の追求を強みにしている会社で、日本ではあまり見られないそれぞれ独特の拘りを感じました。

誰からの紹介でもなく、ネット上で知り合った会社2社がたまたま両方とも台湾の台南というのも面白いもので、行って来て良かったと思っています。

一人旅は怖いことや、寂しいことがありますが、でも真剣に自分のビジネスとして目を向けて追求できるのでメリットは大きいいです。

 今後、取引を進めていく予定です。

 その目的は日本のヨーロッパ車ユーザーに、高品質で低価格なものを提供していくためです。

 ご期待ください!


2010年5月9日(日曜日)

☆ バイク乗ってますか〜??

カテゴリー: @|@11時25分52秒

4月12日に大型自動2輪の教習に通い始め、27日の検定に合格したので、何とか連休前にバイクに乗れるようになりました。

28日に手に入れた大型バイクを取りに行き。 (暴風雨の中・・・・)

29日は一日中雨で、夕方近くに少し雨が止んだので 30分程度走ってきて。

2日3日4日を抜いて5日と 合計800キロくらい走りました。

念願の大型バイク・・・・ 加速なんて怖くてアクセル全開なって絶対無理!

そして免許に傷をつけたくないですし・・・事故も怖いし・・・・

でも、大型バイクに乗るようになってから、以前乗っていた400ccの時よりも落ち着いた走り方になってきました。

 理由は? ただ何となく・・・・・

 以前は年甲斐もなく、ガンガンコーナーを攻めたりして、狐をはねて転倒したり。

 軽い気持ちで林道に入って行き、ぬかるみで滑って崖に落ちそうになるし。

 でも今は コーナーは優雅に・・・・林道は入りません・・・・ 直線でも街中でも前の車が遅くない限り抜かしません。

そんな走り方になるのも大型バイクの醍醐味でしょうか?

これから70歳までお付き合いしようと思っている バイクです。

 

 

 


2010年5月2日(日曜日)

☆ 税関検査

カテゴリー: @|@15時03分48秒

先日、千歳空港の税関に行き、輸入の税関手続きを行ってきました。

今回で自分で税関を受けるのは3度目で、3回とも同じ国、同じ会社からの輸入で、初めての時は分けがわからず税関の係りに教えてもらいながら何とかできました。

2回目も分からない点など教えてもらいながら何とかスムーズに出来ましたが、先日の3日目の時のことです。

税関に置いてあるパソコンで輸入申告手続きを入力してプリントアウトし、その書類を提出して審査を受けるのですが、全部で13個、種類にして6種類、その中で過去に輸入した実績のある種類のものが3種類、その新たな3種類を含めた審査に30分掛かりました。

私の他に来ている人は居なく、私の提出した申請書に掛かった時間です。

以前の履歴を見れば過去と同じものは直ぐに審査が終わるはず。

新たな種類のものを審査するにしても、税関審査が仕事なら1種類精々2〜3分のはず、

それが30分です。

民間や一般がお客様を順番待ちでもないのに30分も待たせたら、お客は二度とその店には行かないでしょう。

行政機関はその様な感覚が全く無いのには新ためて驚きます。

自分達の機関しかない、税関を受ける人に選択権は無い、だから自分達のペースで仕事をする。

相手を待たせることは何も感じない、やることは税関審査をミスの無いように納得できるようにするだけ。

そんな姿勢でした。

そして、通関業者を利用しないでの通関が迷惑そうで、最初のときから「これからも自分でするんですか?」と嫌そうな顔をされ、どうどうと「勿論です!」と言い切ってきました。

 それともう一つ、どうしても理解できない税関でのルールがありました。

 それは申告時に消費税を納めて通関が完了するのですが、消費税を納めるのは銀行と聞き、2度目までは銀行が開いていたので、千歳空港内にある銀行まで、現在の税関事務所から歩いて往復30分ほど掛かっていました。

 しかし、今回銀行が閉まっている時間だったので、消費税はどうなるのか聞くと、税関の窓口で納められるとの事・・・・

 これには驚きました。

 税関窓口で受領できるなら、銀行に行かずに済んだわけです。

 でも原則として銀行が閉まった以降の対応だと言うのです。

 その理不尽とも思える理由が「お金を出来るだけ扱わないルールになっている。」との事で、なんとも納得できない答えで、その様な答えを言いながら自分達が異常であることに気が付いていないのです。

 全く呆れました・・・・

 あくまでも自分達の都合でしか仕事をしない、その様な行政機関が日本中に沢山あるのでしょう。

 我々民間や個人は、行政機関の仕事に対して、正々堂々と意見を出し、変わらなくても諦めずに根気良く粘る必要があるかと思っています。

 今回も税関から帰るときに言って来ました。

「これからも毎回私が通関を受けに来ます。我々民間は国民総生産の生産者として働いている一員です。行政機関は非生産です。非生産者は生産者側に配慮したスムーズな業務を行っていただけるようお願いします。」

 そしてもう一つ、税関の事務所には4名の係員がいるのですが、その4名が利用している事務所の面積が100平米ほどありました。

 最近出来た千歳の国際線ターミナルビルの一角の事務所を利用していますが、20名ほどでも広々と仕事できる空間にたった4人です。

 それについて質問すると、「これから輸出入が増えるから・・・」でした。

 何を根拠に輸出入が増えると言っているのか分かりませんが、浅墓な考え方に驚くばかりです。

そして今日の北海道新聞の朝刊に載っていました。

「北海道の輸出入が計画していた数字よりも大幅に少ない現状である」と言うことでした・・・・・ 情けないです。

そこの係官が事務所の面積を決めたのではないでしょうが、どの様な機関でどの様な人達がその様に決めたのか、表に出てきて説明して欲しいものです。


23 queries. 0.040 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔