最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記


カレンダー
2018年 6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月別過去ログ

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2018/06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018/07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年6月14日(木曜日)

四方よし

カテゴリー: @|@17時47分04秒

ブログを書くことがとても久しぶりになってしまいました 反省・・・

ここ数年 ESD 持続可能な開発のための教育(社会づくり) やSDGs (持続可能な開発目標)にかかわっています。

関わりながら、営利企業としての役割は大きいと感じています。
人生の中で半分以上が働く年数です。

その働く中で、持続可能な社会を考え、何かしら取り組むことが必要だと思うのですが、
何ができるか?
何ならできるか?
発見することは難しいと思ってきたのですが、つい最近になって感じたのが 「未来から見た視点」でした。

事業活動の在り方、やり方、会社の取り組みなど 全てを未来への持続可能に繋がっているか? もしくは逆らっているか? 考えてみる視点です。

商売には昔から「三方よし」という言葉があり、
「売り手よし」
「買い手よし」
「地域よし」
の三方よしです。

三方全てが良くて商売は持続するといわれてきましたが、そこからさらに「未来よし」が重要なのでは?
と思ったのです。

未来の人間や自然界から見て、現在行っているあらゆることが、悪になっていないか? 考えることこそ、事業を行ってい継続していく上で重要なことだと思えるのです。

こんなことを考えながらランニングしているのですが、50歳から始めたランニング今でも続いています。


2018年4月6日(金曜日)

ラブアース クリーンアップ in 北海道 2018

カテゴリー: @|@08時50分03秒



今年もゴミ拾い活動 実施します。

「ゴミを拾う人になれば 捨てる人にはならない!」 綺麗な地域は自分達の手で!

日時 4月14日 8:30〜12:00 
場所 美原大橋 付近

応援参加 大歓迎です。

 


2018年3月22日(木曜日)

そろそろ纏めないと・・・

カテゴリー: @|@14時55分11秒

もうすぐ4月ですね。
会社の決算は6月なので、そろそろ来期の計画の方針を各事業に提示する時期が近づいてきました。
 それに加え、個人でも、ライフワークでも、何かとビジョンが増えたり明確になってきたので、総合的な自分の生涯計画を立てたくなっています。
 いつも思ったこと、考え付いたこと、ビジョンになってきたことをiPadに書き込んでいるのですが、その中を見ると、仕事から遊びから、もうやりたい! やらなければ!と言う事が一杯(^^;
 それをそろそろ縦軸と横軸で整理して計画に落としたいと考えています。
 問題はその時間をどこでしっかり取るかです!
 過去、20年ほど前でしょうか、ホテルにこもって想いを纏めたことがありました。
 確か4〜5日こもっていたと思います。
 環境を変えて纏めるもの良いですし、パソコンとiPadがあればどこででも良いので、纏めたり ドライブしたり 本を読んだり 昼寝したりそんなことしながら30年先くらいまでの計画を立てたい気持ちがここ最近強くなってきています。
 5月の連休でもいいかな〜(^^)/
 家の中で ぷらっと公園行って コーヒー飲みに行って 気ままな時間を過ごしながら自分の頭の中を整理していく。
 私の今にはとても重要な事だと感じています。
 やらなきゃ! やらなきゃ! じゃなく やりたいな〜!なので
 ノンビリ出来そう(^^)/
 基礎を纏めたら、その後は少しずつ確認しながら、進みながらまた埋めればいいわけです。
 楽しんで作ろうと思います。 

自分の生涯計画


2018年2月4日(日曜日)

若者のクルマ離れ と言うけれど…

カテゴリー: @|@07時23分15秒

若者のクルマ離れ って良く言われる言葉 見る言葉になってますね。

でも果たして若者はクルマに興味、欲しいとは思わないのでしょうか?

これはあくまでも私個人の見解ですが、

クルマが若者から離れて行った気がするのです。

今や日本で売れているクルマの6割が軽自動車です。

中古車販売店を見ても 軽自動車やワンボックスカーが多く並んでいて

僕らが若者の頃に乗りたかったようなスポーティーなクルマはあまり見かけません。

見かけても100万以下のクルマはまず見かけません。

有ってもその様なくクルマは海外でも人気があるため、多くが海外に輸出されていきます。

50万円から100万円以下でソコソコのスポーティーなクルマがあちこちにあって、乗っている人も多かったらどうでしょう?

自分でも買えるかも? 

あのクルマカッコいい!   

自分も欲しい!

と思わないでしょうか?

でもに現在の日本にはその様なクルマが無いのです。

安くて スポーティーで カッコよくて 街中でよく見かけるカッコよく走ってるクルマ

軽自動車やワンボックスカーに乗るなら お親の車借りたり レンタカーで十分って思ってしまうかも?

自分で持ちたい!  これくらいなら持てるかも!  

と思えるクルマ…

新車じゃ難しいのでは?
中古車でも100万円以下じゃなきゃ難しいのでは?

私はクルマが若者から離れたと思っています。


2017年11月17日(金曜日)

在江別(北海道)フィジー共和国名誉領事

カテゴリー: @|@09時08分50秒

私 清水 誓幸は 本年10月17日より 在江別(北海道)フィジー共和国名誉領事 に就任いたしました。

領事になった経緯はご説明すると長くなりますので割愛させていただきますが、
フィジー共和国がある南半球の南太平洋諸島国は、温暖化による水面上昇、海洋資源の減少など、大きな被害を受けている国々があり、その中での中心的存在がフィジー共和国です。
 その国の領事として私が何が出来るかまだまだ未知数ですが、北海道を始め、日本の中に環境への取組みの大切さと実施の理解を訴えつつ、北海道とフィジーをビジネスで繋げる舟渡、学生交流、スポーツ交流などが生まれるよう努めてまいりたいと考えております。
 まだまだ駆け出しで右も左もわかりませんが、領事経験者のお話を伺いながら、またフィジーを始め諸島国の事を学びながら、頑張ってまいります。
どうぞよろしくお願いします。
                       在江別(北海道)フィジー共和国名誉領事 清水 誓幸


2017年11月2日(木曜日)

社会人の学び

カテゴリー: @|@09時28分27秒

社会人になっても 何歳になっても 学びは重要だと思っている。

そして学ぶ機会は社会に、身近に溢れている

どれを選び何を学ぶか 多種多様

私のような経営者も学びの機会はとてもたくさんあります。
もしも案内頂いた学びの場に全て出ていたら、全く仕事の時間が無くなる位 社会には学びの場が多い。

学びの場は多く出る事が重要ではない!

学びの場で参考になる話、新しい知識を得るのが重要ではない!

知ったことを自分の今後の考え、判断、行動に生かさなければ何も意味が無い!

だから、学びの場は沢山出る事より、自分に必要なモノを選び、しっかり知識を得て、自分に将来に繋げることが 学び だと思っている。

時に聞くことがある

今日はいい話を聞いて勉強になった・・・
今日の話は刺激があった・・・

と言いながら自分自身変化して行かない人が多く感じる

自分に置き換えた時には変化を拒んだり、出来ない理由の方が優先されたり、周りは変化しても、自分の身近は変化しないとでも思っているように・・・

それも一つの人間の価値観や生き方であるから良いとして、社会に責任ある立場の経営者がそうで合って良いのだろうか? と疑問に思う。

学ぶは取り入れて自分に置き換えて判断、行動に移すもの!
私はそう思っている。
学びの場に行き、話を聞き、 あー良かった! では 勿体無い!


2017年9月29日(金曜日)

経営数値が見れない経営者?

カテゴリー: @|@09時28分32秒

経営者で経営数値が苦手な経営者が居るとは聞いていますが、全く分かっていない、把握していない経営者が居ることに先日驚きを感じました。

 借入の年間返済額? 減価償却費? 何を質問しても答えられない・・・・

 驚きでした。

 でも勉強してるらしいのです。
 では何を勉強しているのか? 自分の好きなものを勉強されているようです。

 経営者は好き嫌いはあっても 経営数値を把握できないで 経営しているとは言えないと思いますね。
 嫌いな事でも逃げれないのが経営者 苦手だから遣らなくていいなんて 自分勝手に決めてるだけです。

 さて、経営数字を把握していない経営者は、事業で信頼されるでしょうか?
 新たな取引先 金融先 からどう見られるか?
 把握している分析されている経営者と 分かっていない知らない経営者とどちらが信頼されるか、一目瞭然だと思います。

これが中小企業にありがちな、技術だけで食ってきた会社の典型的姿なのかもしれませんが、この先も持続するかは可也微妙だと感じます。


2017年9月26日(火曜日)

変わることを望む? 変わることを望まない?

カテゴリー: @|@12時42分54秒

色々な場面で色々な経営者や管理者に会って話をすると感じる事

理想を追い求めることで変化を恐れず 自らチャレンジする人

理想はあるけれど、変化を期待せず、変わらない理由、変えれない理由を周りや社会や業界の所為と考え、行動を起こさない人

両極端だが 両極端に分かれるのが事実だと思う

自分で変化を起こす人か 周りの変化の流れに付いていく人か 変化に逆らう人か

社会は何も固定されていない、固定してしまうのは人間自身 

何方が面白いか? 何方が遣り甲斐があるか? それも人それぞれなのだろう。

変化については 老若男女 に関係ないようだと思う。 
若いから変化を求めているかと言うと 消極的な人もよく見る
男女も関係ない様だ
 


2017年9月24日(日曜日)

お久しぶりです

カテゴリー: @|@19時50分40秒

すみません。
最近全くブログを書いていませんでした。

今年はとても過密な年になっています。

それは 仕事も遊びもライフワークもです(⌒-⌒; )
またまた とんでもない 役割のお話まで頂き、まだ国家の承認が降りては居ませんが、 とんでもない事になりそうです(^_^;)

今年は特にESD SDGsの活動が活発になってきました。
それはまだ自分の中だけかも知れませんが、あちこちから  事業活動とSDGsの関わりについて関心が持たれるようになってきていると感じています。

  働くって人生の半分近く使います。
その働く中で世界や地域社会で起きているあらゆる問題について関心を持ち、何かしら関わっていく事がとても大切だと常々思っています。
  
そんな事を考えながら、仕事も遊びもライフワークも忙しく過ごす毎日です。

  


2017年6月14日(水曜日)

正社員 募集してます!

カテゴリー: @|@15時54分14秒

健全で健康な生活を送り、常に向上心を持ち、人生に生きがいを求める人 [クルマ大好き]な方を募集いたします。

1・我が社の雇用環境
残業は殆どありません! 月合計10時間程度です。
18時までが就業時間ですが、片付けなどをしていると30分くらい経ってしまうものですが、早い人間だと18時5分には退社します。
休日は日曜祝日 第2第4第5土曜日の他、夏季休暇、年末年始の休暇など、全てを含めて105日が会社の休みです。

  個人への業績ノルマはありません
  各業務部門で事業計画、数値計画を全員で作り、追求していきます。
個人としては銘々 成長目標を自分で持ってもらい、成長して行くことを励みにする会社風土です。

2・会社の状況
業務改善を行ってきた15年前から約10年間はリーマンショック、東日本大震災など外的な影響も受けながら、苦しい経営が続きましたが、その後は5年連続毎年業績が伸びています
  今期29期の締めは今月6月ですが、自己最高の売り上げと利益となる見込みです。

3・募集人員  

・ヨーロッパ車自動車部品 ネット販売員  (事務所内勤務)
部品の適合確認 、問い合わせをいただいたお客への部品紹介などが主な業務です。
電話での販売は行っておりませんので、電話がきてもメールかサイトの方からと全てお断りするシステムです。

・整備作業者
ヨーロッパ車専門の整備を行います。
一般的な整備工場では行わない様な重整備を得意とし、技術追求は業務の一環として行う風土です。
 技術の追求に対して妥協しません。

・リサイクル作業者
国産車 輸入車問わず、中古パーツの点検、車からの部品取り、車の分解と分別、外した部品の保管管理、売れた部品の梱包作業 などの作業を行います。

4・初任給   180000円
賞与  直近 一人一人の評価や事業ごとの成績により 0.85ヶ月から2ヶ月   年 2 回支給しました。
次期30期は今期利益が好調なので特別手当を正社員全員に毎月支給します。

募集人員の年齢は18歳から30歳までです。

応募されたい方は 履歴書を以下の住所まで送ってください。
書類選考の上で、後日此方から面接の日をお伝えします。
尚、ハローワークでも募集しております。

067-0022 北海道江別市江別太  305-15
株式会社 北翔    清水宛


2017年3月30日(木曜日)

世界から比べて維持メリットが少ない日本車

カテゴリー: @|@09時27分37秒

自動車業界の人でも意外に知らない事

画像のような部品には全てメーカーが「純正部品番号」と言うコードを付けて管理しています。

この純正部品番号の付け方ですが、日本とヨーロッパ、アメリカでは全く異なります。

それはどの様な事かと言いますと・・・

例えば、

ベンツのW211のフロントのブレーキローターの純正部品番号が

2214211812 だとします。

この番号がベンツの場合、日本でも、ヨーロッパでも、アメリカでも番号は同じです。

対する日本車の場合ですと、例えばカローラのある型のフロントブレーキローターの純正部品番号が

日本では    43512-12621 だとした場合、
ヨーロッパでは 43500-12600 
アメリカでは  43600-22600

この様に同じモノでも純正部品番号を販売国によって変えてしまいます。

これにより何が起きるのか・・・

世界には純正部品以外の部品を作るメーカーが沢山あります。
 その部品メーカーは海外ではアフターマーケット部品メーカーと言いますが、ベンツのように純正部品番号が世界共通だと、販売された台数分のチャンスがあるため、部品を製造し、世界中に出回ります。
 この部品が純正部品より大幅に安く、品質も部品業界での競争があるため良品質のものが大量にあります。
 
 しかし、日本車のように部品番号を変えられると、国ごとでの販売台数でしかターゲットとして見れないため、アフターマーケット部品メーカーは日本車の部品を製造しようとしません。
 ターゲットとして作られるのはアメリカ向け日本車用の部品であったり、
 日本向けであれば、長く乗る習慣が無いのも加担して、作られているモノは定期交換部品の範囲で作られている程度で、その種類はとても少ないです。

 安くて優良なアフターマーケット部品が豊富に手に入る、ヨーロッパ車アメリカ車は、純正部品を利用するより大幅に安く修理、メンテナンスが行えますが、
 
 日本車のようにアフターマーケット部品があまり作られていない場合、高額な純正部品しか選択が無いため、高額な修理費、メンテナンスになります。

以上のように、日本以外ではアフターマーケット部品が大量に出回り、それを使った修理が主流のため、結果ユーザーは安い維持費で車を乗り続けられます。

 日本のメーカーの純正部品番号の付け替えは日本国内でも行っていて、例えば
マツダのボンゴ
日産のバネット
は同じ車で販売しているメーカーが違うだけですが、純正部品番号が販売メーカー毎に違います。 
 すると、部品番号が違うため、共通性があるか分からなくなるのです。

 この様な環境下の日本は、世界から見て多くのメリットを逃しているのです。


2017年3月29日(水曜日)

ベトナム ホーチミン

カテゴリー: @|@09時52分56秒

今月、ホーチミンで行われた オートメカニカを視察に行ってまいりました。

ホーチミンでオートメカニカが行われるのは初めてで、神奈川の友人から誘われたこともあって、展示会を視察してきました。

展示会はとても小さな規模でしたが、開催初日のセレモニーから見ることができ、ベトナムのこれからの自動車アフターへの意気込みを感じられる雰囲気でした。

展示会はさておきまして、ホーチミンで必ず行ってきたいと思っていたところがありました。

それは 戦争証跡博物館 でした。

朝早いうちに起きて、ランニングをしながら場所を確認していたので、スムーズに行けました。

建物はそれほど大きくなく、1時間程度で終わるかと思ったら、展示品、展示写真に見入ってしまい、3時間ほど見学していました。


写真は日本人ジャーナリストが写したものが多く展示されていました。

戦争の風景、軍人が殺されている写真、多くの遺体、軍人だけではなく子供や女性、老人で犠牲になった人の写真

そして衝撃だったのが「枯葉剤散布」によって起きた、 いや 今でも起きて解決されていない 奇形胎児のホルマリン漬け


捕虜を拷問や殺害したギロチンや収容所

恐ろしいものを見てきました。
それも自分が生まれる前に始まり、小学高学年まで続いていた戦争です。

これほどまでに衝撃的な資料を見たことがありませんでしたし、人間の残忍さ、冷酷さ、そしてそのようになっていく圧力・・・

複雑さと恐ろしさを感じながら、見終えて帰ってきました。

ベトナム戦争はまだ何も解決していません。
薬品や原子力を使った戦争の怖さを胸に刻むことが出来たことは、ホーチミンに行ってよかったと思えた1つの大きな収穫でした。


2017年2月8日(水曜日)

トランプさん

カテゴリー: @|@14時52分07秒

テレビではアメリカ大統領 トランプ氏の 大統領令が話題になっていますね。

選挙の時から公約していたことで大統領令を出しています。

と言うことは、世界の多数がトランプ氏が当選するとは思っていなかった! ってことですね。

アメリカのマスコミも当選するとは全く思っていなかったのでしょう。

今後どの様な影響、どの様な未来があるのか想像できません。

ジャーナリストの人々の考えも 曖昧に聞こえる発言か、「こうなることはあり得ない!」と言う発言が多く、常識の範疇を超えているのでしょう。

今までの社会常識が通用しなくなる社会

まだまだ常識外の事が世界中で起きうる気がします。

アメリカではトランプ派と反トランプ派で粗半分に割れていますね。

今まで政治に関心が無かった人達も どちらか派に分かれて行っているようです。

イギリスのEU離脱国民投票の後もそうだったように、結果が出てから、関心を持ち出した人が多いようです。

日本の政治にも 今までの常識外の事が起きないか? と期待している一人です。
 


2017年1月21日(土曜日)

取引規約を読んでいただきたいです

カテゴリー: @|@11時40分25秒

我が社の輸入車用新品部品のアイテム、メーカーも昨年1年間で可也増えました。

電装部品関係で3メーカー 

フィルター関係で1メーカー

サスペンション関係で1メーカー

など 他にも増えていまして、在庫も大幅に増えております。

他の部品販売会社がどの様に運営されているかは分かりませんが、当社は当社の保有している在庫を販売することを理念に 取り扱いアイテムの在庫を次々増やしております。

そして日本の在庫があることで、スムーズにお届けできることが可能となっております。

当社はこれからもヨーロッパ車を大切にされている方のために 高品質の部品を幅広く在庫していく所存です。

その商品を上手に利用していただくためにも、当社の取引規約をご理解の上、ご注文をくださいますようよろしくお願いします。

 規約に無い、または規約から外れた要望については対応をしておりません。

 特に電話での注文、相談、クレーム報告なども受け付けておりません。

 履歴が残るメール、もしくはサイト内の質問や問い合わせのコーナーだけでの対応といたしておりますので、予めご了承ください。


2017年1月9日(月曜日)

政治に関心はあるけど 政治家に興味は無い

カテゴリー: @|@11時07分39秒

今年初のブログですね。
明けましておめでとうございます。
昨年中はパーツ販売、自動車整備、車買取 夫々大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いします。

さて、タイトルに書いた政治についてです。

自分の会社、仕事は政治がらみ、行政がらみでは全くないので、常に市民目線で政治や政治家を見ます。

でも、経済関連の集まりに行くと、良く居るのが 衆議院議員、参議院議員、道議会議員とかその奥さんとか

その方達に関心が無いし、お願いしたいことも何も無い、あるとしたら1国民としての声

経済関連の集まりで話すことでもないし、先方も沢山の人への挨拶に余念がないから、話なんてしてる暇ないだろうし・・

だから自分はその様な方達と同じ会で会っても、名刺交換はしない 
自分からは勿論行かないが、向こうから紹介者でもいなければ紹介されることは無いし、紹介しますか?と言われるとお断りする。

何故か? それは言いたいことが言えなくなりたくないから・・・
何党って思われたくないから・・・

自分の意見や考えを他人に押し付ける気は全くないが、自分の考えを政党や政治家で左右されたくないから!

政治や行政や政治家を見る時は、常に50年100年先を見据えた1国民の目線で居たいから。


2016年12月12日(月曜日)

先々週は上海 その前はロサンゼルス

カテゴリー: @|@17時56分49秒

11月下旬にロサンゼルスに行ってました。
勿論要件は仕事です。
夜着いて、早朝に帰る 現地に3泊だけは結構きついモノがありました。

上の写真は ロサンゼルスオートショーの会場です。
ロサンゼルスのダウンタウンにあるので、行ってみました。
でも、新車の展示会のビッグ版みたいで、殆どワクワクしませんでした(^^;


でもこんなものも見れました (^^)/

ロサンゼルスの州はカリフォルニア
カリフォルニアと言えば!


ワイン好きなら知っている カリフォルニアはワインの産地です。
とても美味しいワインが出来るのです。

メルセデスベンツ クラシックセンターにも行ってきました!
見たことないベンツがショールームにズラリと並んでるのと、工場の中にもレストア中のが沢山(^^)/
預かりだけで70億円ほどあるっていうのに驚き Σ(・□・;)

ロサンゼルスから帰ってきて翌週は上海でした。
この時期の中国は・・・・

pm2.5 が怖い時期

やはりありました。
滑走路の先がpm2.5で曇って見えません。
マスクを離さずに過ごしましたが、現地の中国人は全く気にしていない様子。

写真を忘れていました。

あまりバチバチ写していると、スパイ容疑で捕まる! と言う噂も聞いていたので・・・・(^^;

pm2.5は怖いですが、小籠包、中華料理は美味しかったです(^^)/


2016年11月2日(水曜日)

すっかり冬になってしまった・・・

カテゴリー: @|@12時03分01秒

先月末近くから すっかり冬になってしまった北海道です。

毎日寒い日が続き、寒がりの私は朝のランニングも外ではなく、家の中 ランニングマシーンの上になってしまっています。

外で気持ちよく走りたいのですが、冷たい風が強かったり、雨が降ったり、道路が濡れていたり・・・

なかなかチャンスがありません。

でも、家の中にランニングマシーンがあるだけでも幸せですよね。

実はエアロバイクもあって、テレビを見ながらのエアロバイクもなかなか良かったりして、益々外に出ていく根性が出てきません。

 休日の日中 少し気温が上がった時をめがけて 走りに行く決意はあるのですが・・・・(;^ω^)


2016年10月18日(火曜日)

目が回る(^^;

カテゴリー: @|@11時12分04秒

先週木曜から今週月曜日まで 国内出張でした。

13日は長年お付き合いいただいている「師」の奥様が経営者れているブティックの60周年記念パーティ

師が奥様とブティックとお祝いに来られた方々にプレゼントしていただいた「西本智実指揮」のコンサート

15日は僕の下手くそな蕎麦打ちを楽しみに集まって頂いたパーティ

16日は久しぶりに東京で昔一緒に仕事した 今は引退されている方との食事

17日は27年ほど前に出会い、共に業界作りを行い、早くも58歳で亡くなられた方のお別れ会

目まぐるしい5日間でした。




クルーズをご一緒した方々
仕事で知り合った方々

一昔前まで同業者として共に語らい共に色々な事に取組んだ方々

本当に沢山の方に会った5日間でした。

そんな機会を与えて下さるのも、全て人の縁ですね。


2016年10月6日(木曜日)

パーツのパルカyahoo店がエリア部門で第1位に!

カテゴリー: @|@08時57分55秒

先日、yahoo ショップのエリアアワードの表彰式と情報交換会が行われました。
その席に当社は初めて参加したのですが、なんと!
我が社は「自動車、オートバイ、自転車カテゴリー部門」でエリア第1位を受賞しました。

 自動車部品の中でも日本車は扱っていない、ヨーロッパ車専門ですし、扱っている部品も故障やメンテナンスで使用する部品で、「安いから買っておこうか〜」
とかいうようなモノではないですし、タイヤやホイールやオーディオやナビの様な汎用品でもないので、他のアパレルやインテリアや食の部門からすると、きっと売上額は何倍も違うのだとは思いますが、それでも嬉しいものです。

 また、yahoo スタッフの方々や出展者の方々から色々な情報を聞かせていただき、とても勉強になりました。

 某 〇天市場モールとは企業姿勢が全く違うのも共感でき、今後ともパートナーとして共に成長したいと考えさせられる体験でした。


2016年9月24日(土曜日)

フランクフルト オートメカニカ 2016

カテゴリー: @|@12時56分02秒

ドイツ フランクフルトで2年に1度行われるautomekanika に今年も行ってきました。
13日から17日まで行われた自動車のアフターマーケット展示会で、世界最大規模です。
出展者数 4600社 来場者 14万人 (海外から8万人)

私は16日と17日の2日間、朝の10時から17時頃まで、興味ある出展者への質問や、食事や休憩以外、ずっと歩き詰め……
2日間歩いた距離は多分フルマラソンを超えているでしょう。
それだけ歩いても全てのブース、全ての出展者を見切れません。
とんでもない規模なのです。
それでも社員から頼まれた モノを探し求めて歩き詰め、自分が興味ある部品や機器を探し求めて歩き詰め でした。

自動車アフターマーケット展示会に出展される会社は 全て自動車メーカーの傘下会社ではありません。
自動車メーカーにも部品を販売している会社もありますが、独自でアフターマーケットに出している会社が出展しています。
オリジナルの部品、整備工具、機器、技術 を出展し チャンスを広げています。

このautomekanikaに来たのは今回で5度目
初めて行った時は同業界の経営者数人で行きましたが、皆さん数時間も見たら、飽きた、疲れた、何処見ても同じだ、とホテルに帰って行き、翌日は展示会には行こうとせず、私以外は皆さん観光に行きました。
私は1人で自由に展示会を見て歩く事が出来、見る物全て日本では考えられない夢のアフターマーケットの世界でした。

日本のクルマは世界でも有名だけど、アフターマーケットの違いはこれ程大きいのか…と 感動して歩いたのを覚えています。
日本のアフターマーケットは 車検と言う 法に守られた制度の事業が主体か、保険制度で入ってくる修理費を目当てに事業をするか、この2つに頼る傾向が強いため アフターマーケットや技術が発展していない傾向があります。

それは2年に1度フランクフルトに来ると、強く感じます。
世界の動きはグローバルで研究されていて早いです。
日本だと お上が車検の点検項目でも変えない限り 持つ機器も変わりませんが、 世界ではどんどん新しいもの、進化したものが次々出てきています。

なのでこの展示会を見逃すことは出来ません。

でも、日本の自動車アフターマーケット業界の多くの人は 1度見たから もういいや! と言います。
世界は変化していない、自分達は進んでいると 錯覚している経営者すら居ます。
そうしている内に、日本は世界のアフターマーケット産業から見向きもされなくなってきました。
日本は変わらない、進化しようとしていない、と感じ取られているのでしょう。
それが日本で行われるアフターマーケット展示会の出展者 規模で見て一目瞭然です。
日本で行われていアフターマーケット展示会の出展者数は200社ほど、なんとフランクフルトの4%ほど…
海外からの出展も殆どありません。
全く相手にされていないのです…

この結果は自動車ユーザー、消費者まで現れます。
技術の向上、精度の向上、良質で安い部品の利用、などなど、進化を受けていないのです。

日本が変わるかはわかりませんが、私は1人の自動車アフターマーケット事業者として、世界を見つつ、理想を持ちつつ、夢を実現していきたいと改めて感じた automekanika フランクフルトでした。




23 queries. 0.073 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔