最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2012年 9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
月別過去ログ
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2012年9月21日(金曜日)

ドイツ 3日目

カテゴリー: @|@17時19分35秒

朝は明るくなるのが日本よりも遅い。
前の日に早く寝た分、早く目が覚めた。
シュトゥットガルトまでのICEは9時を予約したので、時間もあるし、明るくなるのを待って昨日と同じ公園を走りに行った。
昨日よりも気温が低くなく、天気も良いのでオクトーバーフェストの準備中の会場の周りと、少し離れた公園を回ってホテルに帰ると丁度10キロ少々。
去年の今頃は5〜6キロ走るのが精々だったが、今は10キロ以上が当たり前になっている。

シャワーを浴びて食事を食べてホテルを出てミュンヘンの駅に向かう。


シュトゥットガルトまでは1時間半くらい。
シュトゥットガルトの駅のコインロッカーに荷物を預け、ネットで調べたレンタル自転車屋を探したが見つからず、時間が持ったいないので、電車でメルセデスベンツ博物館に向かった。
博物館についたのはお昼頃、博物館の周りはメルセデスベンツ スタジアムやスポーツ施設があったり、工場もある。
メルセデスベンツの街と言った感じ。

博物館では日本語で案内が聴けるラジオを借りて、順路に沿って見たが、ここでも車の構造の移り変わりや、ベンツの昔から変わらないコンセプトを改めて確認することが出来た。
昨日のBMWもそうだが、ドイツの自動車メーカーは古くから持った車作りのコンセプトがあり、勿論技術の進化はしているが、拘りは変わっていない。
それが魅力となっているのがドイツ車の良さだと思っている。

 やっぱりエンジンに見惚れる・・

 バイクのようなものもあったらしい!

 トラック! 駆動伝達がベルトだった!

 水平対向エンジンもあったのか?

 

 古いトラックの駆動系統 理にかなってる!

 上の車に付属された工具らしい!

 古くからバスとトラックを作っていたらしい。

 やはり飛行機のエンジンを作っていた! プロペラが綺麗!

 どうしても車より機械を見てる方が時間が長い (*^_^*)

 ウニモグの除雪機 (^O^)

 昔の販売カタログらしい・・・

昭和天皇が乗っていたベンツ! 博物館に飾るため、日本から買い戻したとのこと!

 歴代のレーシングカーが・・(^-^)

 F1 (^-^)

 F1のエンジンが積んだ状態で見れたのは始めて!

 ブレーキローターが小さくて(゚o゚;;

 こんなレーシングカーに・・

 こんなエンジンが使われていたらしい(゚д゚) 噴射ポンプに(゚o゚;;

 トラックレースのレーシングカーは初めて見たかな???

 外ではGクラスの登板の実演が行われていた。車の中からはキャーキャーと言った悲鳴が聞こえてきた (#^.^#)

 博物館の隣の建物に新車が展示してあった! このSL350の艶無しがなんともカッコ良かった (´Д` ) 欲しい (>_<)

日本を出る前に調べた博物館の情報では2時間くらいで見終えると書かれていたが、自分は4時間も掛かってしまった。

それくらいじっくり見て、前に進んでは頭の中に?が出ると引き返し・・・ なので普通の人の倍はかかった。

この時間からポルシェ博物館に向かってもユックリ見る事が出来ない残り時間なので今日は諦め、明日月曜日は博物館が休みだし、明日はホテルの部屋にこもってマイレへのオーダーをする日なので、火曜日の朝にポルシェ博物館を観てからフランクフルトに向かうことに決めた。

シュトゥットガルト中央駅に戻り、ロッカーから荷物を出そうと鍵でドアを開けると、何と、、、、、
カバンが無い!  え!(゚д゚lll)

鍵が掛かっていたし、ドアは空いていなかった?
慌てた!(°_°;)(; °_°)

でも盗まれたにしてはおかしい?
ロッカーの管理事務所があったので鍵を見せてカバンが無くなっていること説明したが、通じていないのか、相手にされない、、、、
駅員を見つけ、説明するとロッカーの前まで一緒に行って確認をしてくれたが、おかしいのがコインロッカーは鍵を開けたら鍵は抜けなくなるはず。
それに気づくことなく焦っていたが、説明をしながら変だと思った。

駅員は警察を呼んでくれ、警察が来るまで待ってくれた。
警官は直ぐに来て、状況確認すると、無線で話を始めた。
何度か無線でやりとりをしていると警官が笑顔でこちらを見た?
カバンがあると言うのだ!
警官に連れられいて行った場所は最初に行ったロッカーの管理事務所だった。
そこでカバンを預かってくれたらしい。
でも何故?

説明は簡単で、「ロッカーが壊れていた」と言う説明、、、内容がよく理解できない説明だったが、兎に角カバンは戻ってきた(^人^)
お礼を行って、ホテルの近くまで電車に乗り、ホテルにチェックインした。
チェクインしたホテルは広々とした静かな部屋だった。

先ずは朝走った時の汗まみれのウエアーをビニール袋から出して先ずは洗濯(^_^;)
干してから、昼食を食べていなかったし、ロッカー事件での緊張と無事チェックイン出来たので急にお腹が空き、外に食べに行こうとしたら、フロントのスタッフがレストランがある場所を地図に書いて渡してくれた。
一人旅は話すことがほとんど無いから話しかけられると嬉しいもので、それだけで感動しちゃう(^人^)

ホテルから近い街頭のレストランの席の一番すみに座り、ビールを頼んだ(^人^)勿論ヴァイスビールを!
食事は挽肉をチーズで巻いたロールキャベツ風のものに、マッシュルームを使ったクリームソースの料理。
英語メニューを貰って選んだが、これが最高に美味しかった(^ー^)ノ
ゆっくり食べながらビールを飲みながら、iPadでFBをチェックしたり書き込んだり、女房にメールしたり。(^人^)

4杯目のツマミにプレッツェルンを頼み食べた。 

全然塩っぱくない・・・???日本で食べると塩っぱいが・・・・

一人でもノンビリ食べて飲めるのがヨーロッパって感じがする。
日本だと「席の回転率」が大切だから今の自分は歓迎されない客。

行き交う車を見ては、ポルシェだ、アウディだ、ベンツだ、BMWだと、それだけでも楽しい(^人^)

ボールで遊んでいる男の子が可愛い(^-^)

結局またビールを2リットル飲んで、料理と共に17ユーロくらい払ってホテルに帰った。
17ユーロは今の為替だと1700円くらい。
安いな〜と思った。
そして、早々とシャワーを浴びてすぐに寝てしまった。


ドイツ2日目 後半

カテゴリー: @|@15時45分46秒

ミュンヘン  のBMW博物館から自転車で ドイツ博物館に移動。

建物内は順路の表示が分からず、手当り次第に見て歩いた。

電気発電の機械、火力エンジン、蒸気エンジン、ロータリーエンジン、飛行機のエンジン、など幼児の頃から大好きだったエンジンの歴史をじっくり見た。
そして飛行機の作られた歴史、車が作られた歴史を見る。

 蒸気エンジンだと思う。

 船のエンジンかな?それとも発電?

 戦闘機のエンジン!

 メッサーシュミット! 子供の頃から大好き!

 直列星型エンジンって言うのかな?

 多分ロータリーエンジン!

 ロケットのエンジン!

 小型のジェット機。横にあるのがエンジン。 小さい (゚д゚)

 大好きな飛行機がいっぱい (^^♪


3>色々な機械の誕生と移り変わりを見るのはとても面白い。
メカ好きにはタマラナイ博物館でした。

広い博物館を見終えるともう4時過ぎていた。
昼食を食べて居ないからお腹が空いた(^◇^;)

自転車を返し、ホテルに向かう途中でレストランに寄り、大好きなヴァイスビールを飲みながら、ハンバーガーを食べた。
ビールの種類によって使われるグラスの形がある。


大好きなヴァイスビールは長いグラスで、必ず500mlの所にラインが入っている。
このラインまで泡ではなくビールが入っていなくてはならないのが、本場の仕来たり。
歩道のレストランで1人、4杯のビールを飲んでホテルに戻った。

次の日はシュトゥットガルトに移動するので、荷作りを済ませ、時差ぼけもあるので早々と寝てしまった。


23 queries. 0.053 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔